私も怖い女でした。

 ブログになんでもかんでも書くことは、ルール違反ですね。  ということを反省し、某記事を削除いたしました。  コメント、気持玉をくださった方々には、申し訳なく思います。  ありがとうございました。  お読み頂いていない方には、なんのこっちゃ、かと思いますが、  その記事にいただいたコメントのご紹介と、お…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

人との関わり方。。。

 集団の中に、やや緊張の面持ちで写っている「入学式の写真」などを見た時、知らない人ばかりだとしても、ふっと目につく人がいる。  動かない写真ですら、人目をひく人、印象に残る人 残らない人がいるのだから、合唱をしているステージを見ていて、どうしても視線が向いてしまう人というのはいるものだ。    私が、日本で所属している合唱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと忙しかった・・・。

 こちらで、お子様方に何やらをしておる私でございますが、保護者の方からのご質問を受けることもあります。  で、音楽の基本的なところ、その昔に学校で習ったのかもしれないけど、忘れてしまい、何を我が子がやっているのか、家での練習で教えようと思ってもわからないのだと言われまして・・・。  どうしたもんじゃろうのう?  と、考…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

消えたものへの思い

 義実家や実家の片付けに加え、自分の家の断捨離作業を進めています (正しくは、「日本にいる間だけ、していました」)が、私もなんでもかんでも捨てるわけではありません。  っていうか、あっちもこっちも、そっちもどっちも まだまだ片付いていない状態で、モノがいっぱいの生活は続き、片付けも永遠に続くと思われるのですが、大切にしたいも…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

健康番組

 昔から(って、いつなんだか・・・)テレビの健康番組は、そこそこに視聴率を稼ぎ、それを信じている人たちも多いものと思われます。(個人の勝手な憶測です)  健康番組と申しましても、そこはバラエティー番組でもあるので、怪しげな「やらせ」もあったりして、眉唾が多いと私は感じております。(個人の感想です)  健康の定義も曖昧で、ダイ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

思い出は心の中に

 ちょっと恋愛映画のようなタイトルにしたもので、自分で編集画面を見て  「はて? なんだっけ?」 中身は断捨離やらゴミの話なのに、タイトル見て「遠い昔の恋バナ書いたんだっけ~?」と、思っちゃった大バカものです。   「空き家問題」を書いた時、いただいたコメントにお返事しているうちに、ふわっと浮かんできたテーマで書…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

かわいい語録

 我が家に通ってくるお子様達の中で、1番の年下ちゃんが、とにかくかわいくてたまりません。  年齢以上に小さく華奢な見た目もかわいいのですが、その発言がなんてったってかわいいのです。  彼女のお顔の表情も添えられると、もっともっとかわいさが伝わるところですが、、、、  幼稚園の年長さんです。 エピソード1 …
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

物忘れ合戦

 60有余年生きておりますと、そりゃーもう体のあちこちにガタが出ますし、脳も働きが悪くなるものでございます。  長い一時帰国の間、深センで使う財布などが日本のものと混ざってはいけないと思い、適当な箱に保管しておりました。それは、みかん箱ほどは大きくないものの、菓子箱よりは深さのある入れものでした。たぶん、カラーボックスの棚にちょう…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

空き家問題

 日本全国、あちこちに空き家があり問題になっていますね。  はい。私も2つの空き家に関わっております。  ついでに妹も同様です。  妹は、旦那様の実家と自分の実家両方に通い、家の片付け、荷物整理、庭の草刈りなどに追われています。  私は・・・深センにおりますゆえ。  と、他人事な無責任発言をしながら、妹に実…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

だから~目立ちたくないんだってば

 私がこの世の片隅で、あまり多くの人に気づかれることもなく、目立たぬようひっそりと生きたいと思いましても、なんだか目立つように仕組まれている運命をときどき感じます。  合唱団演奏会のポピュラーステージにおいて、「「シェシェ」というところで目立ったことはすでにお伝えしましたが、その同じステージで私はもっと目立つ役割を与えられておりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

64歳の夏 (3)

 「シンコさ~~ん。ご無沙汰しております」  「どうしてた~?yu_mamaさん、元気なの?」  シンコさんの電話の声は、昔と全然変わっていません。 音大出身の彼女は、ピアノだけでなく歌もやっていたと思われる響きのあるツヤツヤした声をしています。私より、3、4歳は上だと思いますが、声だけ聞けば、30代!言い過ぎか?40代?…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

64歳の夏 (2)

 今から12年前だったか・・・  先生がピアノ発表会50周年を迎えた時、私とモコちゃんは昔の生徒ということで演奏しました。  その発表会の帰りに、先輩の門下生の方達から  「先生のお祝いをサプライズでしましょう」 という提案がされ、モコちゃんも私も幹事の仲間に入れられました。  先輩たち3名と私たち合わせて5名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

64歳の夏 (1)

   最大級の台風21号が大きな被害をもたらしながら、北へと抜けて行ったと思ったら、  今度は北海道で大きな地震。  どうしちゃったのでしょう、日本! 地球!!  被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。  こんな時に、呑気なブログアップでもないのですが、中国で心配していてもなんですので、いつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目立つ

 私はひとりで演奏するピアノより、大勢で歌う合唱が好きだ。  ピアノをひとりで練習している段階は好きなのだけど、人前で演奏するというのは遠慮したい。  合唱団の中で目立たぬように歌うのは好きだけど、目立って個人プレイをするのも遠慮したい。  子供の頃から、とくに目立ったことをしたいとも思わぬおとなしい子だった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

終わった

 私の夏休みは終わった。  長い夏休みだったけれども、終わるときは短く感じる。  ああ、もう終わり。  日本滞在は2ヶ月にも及んだというのに、ドタバタしっぱなしだった。  友人とのランチ回数は過去の帰国時と比較して、最低数を記録した。  お約束していたのにキャンセルさせて頂いたのが 3件もあった。  残念…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

追い込みかけます。

 この土日は、合唱三昧でした。  昼も夜も練習があり、とくに、夜は初のオケ合わせの日でした。   古楽器と合わせたのは人生初ですが、その重厚な音に魅せられ、ついつい歌うのを忘れるほど聴き入りました。 (いや、忘れちゃダメでしょ。)  いつもはピアノやキーボードで練習しており、本番の古楽器に合わせて半音…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

気がつけば10時間!

 私の長い一時帰国は、そのほとんどの時間、合唱団に関連したモロモロで塗りつぶされています。  加えて、私のスケジュールに合わせた「ピアノ勉強会」が開かれるため、練習に時間をとられています。  合唱団員が「営業」と呼んでいる集客活動   略したら 集活(シュウカツ)になるのかしら?  ま、ネーミングはどうでも良いの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

すてきな友達

 私は、たぶん友達はそこそこ多い方だと思います。  帰国して、すぐに大学時代の友達に会いました。 彼女の都合で、なるべく早い時期に会いたいということで、私は夜の会合が新宿であるという日の午後に、彼女とお茶をしました。 世田子とのつきあいは、大学1年の頃からです。 すでに46年ですか!!マジ!?  そのあと会ったのが…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

あの時の気持ちを捨てたい

 「私の断捨離」は、その後も続いております。  書棚の本を減らしたいという願望が強いものの、なんとなく本が並んでいる姿が好きなもので、はかどりません。  本棚の片隅にたまっている手帳や家計簿、いただいた年賀状の束は、処分することにしました。    手帳は中身を見ているとキリがないので、思い切ってザクザクに刻んで捨てました…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

もうひとり、素敵なお姉さま

 私の年齢だと 「お姉さま」と呼ばれることはあっても、なかなか私が「お姉さま」とお呼びする方は少ない。  合唱団の中では、私より年上の男性団員たちからも  「ママ」呼ばわりされている私だから、実年齢だけの問題でもなく、「お姉さま感」があるのもいけない。  「前記事で素敵な85歳の、正真正銘20歳も年上のお姉さま!」をご…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more