令和の最初には・・・。

 令和元年を迎えました。 

 平成最後の記事が、重苦しく冴えない内容でしたから、令和は楽しい話題から始めましょう。




 我が家に来てくれる小さなお客様は、みんな可愛いです。

 ミトちゃんが帰国して寂しくなりましたが、

 ポストミトちゃん います。

 2年生のピカくんです。

 本日、レッスン終わりにピアノ室で

 「はい、よくがんばりました」
と、私が言うと、

 「しーっ! 終わったのがバレないように、静かな声で言って。」

 「あ、そうなの?
と小さな声で言うと

ピカくんも小さな声で

 「ありがとうございました

ピカくんは、幼稚園のころから来ていますが、いつもきちんとご挨拶ができて立派です。

 テキストをまとめて持つと、ソーっと廊下を歩いて見つからないようにリビングに向かいます。

 その怪しげな様子、バッチリ、ママに見られていますけど~~

 どうやら終わったことが見つからないようにして、レゴで遊びたかったようです。

 残念だね~。
ママの待つリビングから廊下は丸見えだし、レゴのある出窓はママのまん前を通らないとたどり着かないもんね。

 可愛いです。


 「もう帰るわよ」
と、言われても、なかなか帰りません。

 レゴなんて家にいっぱいあるのに、私のところのほんのちょっとだけのレゴで遊ぶのが楽しいようです。

いつもカッコいい未来型乗り物を作って見せてくれます。今日のは水陸空両用(三用)でした。

 ひとしきり遊んだら、玄関ドアを開けます。
玄関からエレベーターホールに行く廊下はセンサーでライトがつきます。

 ピカくんは、自分で自分のことをピカくんと呼んでいます。

 「ピカくん、見つからないように行くから、ママもお姉ちゃんもまだ来ないでね」
と、壁伝いにそーっと忍者のように歩きますが、途中でピカッと電気がつきます。

 「あーあ、見つかっちゃった」


 ってね、これ、毎週やっています。そして毎週必ず見つかります。(笑)

 今日は戦法を変えたようです。

 「ピカくん、今日は駆け抜けていくから」
と言って、ダッシュで駆け抜けましたが、途中でピカッとライトが点きました。

 ざんねーん。

 来週は、どんな作戦を練ってくるやら。(笑)
 




 もうひとり、今日のレオくん(2年生)は、私の顔をみるやいなや

 「あ~あ、平成が今日で終わっちゃう」
と、伏し目がちに言ってガッカリ感いっぱいでした。

「そうか~。で、明日から何になるの?」

「令和だよ。」

「そう、よく知ってるのね~。平成終わったら残念なの?」

「ボクは 平成生まれの平成育ちだからね」

「あ、そうか~~。そうだね~。」

 「そうだよ。平成生まれの平成育ちは30歳くらいまでいるんだよ。」

 「なるほど~。」
と言うと

 「先生、何歳?」



 直球かい!!

 「平成じゃないけど、、、」

 「32歳くらい?」

 「そ、そ、そんな感じかな~」

 って、33歳ほどサバ読みしちゃいました~。

  
 さ、令和も楽しく参りましょう。

この記事へのコメント

2019年05月01日 14:43
う~~ん♪可愛い~ぃ♪
ギュッと抱きしめたい位です。
yu_mamaさんじゃありませんよ。
誤解されちゃうと・・・(;^_^A
ぴかくんです。可愛いですね。
私も先日友達と体重の話になった時
1KGサバ読みました。
かわいい乙女心です。
一緒ですね。^^
yu_mama
2019年05月01日 21:31
麦さま
大丈夫ですってば~。麦さんに抱きしめられたいと思いませんから~~~
ピカくん、可愛いんですよ~。女の子とは、また違う可愛さがあって、発想が面白いです。
体重1kgのサバ読みと年齢33歳のサバ読みとでは、乙女心の量が違うかも~。
どりばる
2019年05月13日 11:00
このブログ日記 大好きです

子どもの発想が かわいすぎて、思わず頬が緩んで 顔が た(だ)れてしまいます
yu_mama
2019年05月13日 11:32
どりばるさま
こういう何気ない会話の中で、私は癒されています。
我が子も、こういう時期があったと思うのですが、なんだか子育てに追いまくられていて、ちっとも覚えていないのが残念です。

今、こうしてここで小さい子たちと関われることに感謝しています。

この記事へのトラックバック