思うこと

 今日は真面目な話です。

 朝から、O-157の話をテレビでやっていて、なんだか辛くて悲しい気持ちになりました。 感染ルートが解明されないまま、死者まで出てしまいました。今回、亡くなった子は、火の通ったものしか食べていなかったというのですから、どういうこと?と、不安が増します。

 
 それと関連するかどうかは別として、私は以前から気になっていることがあります。日本の家の近隣スーパーで、時々催される「物産展」のやり方です。

 このスーパーの建物は、もともとデパートだったのですが、集客率の悪さからデパートが撤退し、そのまま居抜きの形で大手スーパーのチェーンが入りました。1階のフロア中央は、5階まで吹き抜けで、真ん中が広場のようになっています。その両サイドにエスカレーターが上下しています。広場を見下ろすような形で2階以上のフロアが吹き抜け部分を囲んでおり、1階の広場から上を見上げれば2階以上のフロアにいる客の動く姿が見えます。

 この説明でご理解いただけたかどうかわかりませんが、最近話題になった銀座の松坂屋跡地にできたGINZA SIX に似た形状をしています。吹き抜けのある建物は海外では多いのですが、日本ではあまりないことで話題になりましたね。あれと似たようなものが、地味に私の地元にあったということです。(って、もっとわかりにくかったでしょうか)

 その中央広場で開かれる「地方物産展」は、食べるものを扱う店が多く出ます。例えば、「北海道展」の場合ですと、イカ飯、ホタテの煮たもの、昆布を使ったお惣菜などなど、美味しそうなものがいっぱい出店します。それらを、その場で調理しているケースもありますし、運んで来たものを大きなバッドに広げて量り売りしているコーナーもあります。

 吹き抜け効果で、イカ飯の魅惑的な香りは店内のどこにいても漂ってきます。空腹時などは、お腹は鳴るし鼻がピクピクして、ついふらふらと近寄りたくなります。私はイカ飯大好きですから、かなりの誘惑に心動きます。が、買ったことはないのです。残念ながら、あの現場では買う気持ちになれないのです。

 エスカレーターを利用する人がひっきりなしにいるところから、わずか数メートルのところで調理されているあの大きな寸胴鍋にエスカレーターの埃は飛び込んでいないかしら? 人が上から眺めたときに、髪の毛1本でもハラリと落ちて鍋にたまたま飛び込むことはないのかしら? 
何よりも、広場を多くの人が通って、その奥にある食品売り場に向かうわけでして、通る人の中には喋りながらの人もいます。その美味しそうな香りに惹き寄せられるようにイカ飯を覗く人も多くいます。要するに、多くの人が通る通り道に出来上がったイカ飯が並べられていて、それって色々なものが付着しないのかしら? と、気になって買えません。


 O-157の話に戻すと、お惣菜は客自身が欲しいものをトングで欲しいだけ取る方法で売られていたといいます。
その段階で、私は無理、買えないな~と思ったのですが、これって私が神経質だからでしょうか。

 たとえば、これを中国で実践したとしたら・・・・想像するだけで怖いので、ここはやめておきましょう。中国のスーパーにもお惣菜はあります。むしろ、日本より家庭で料理をしない人が多いお国柄、惣菜コーナーの充実ぶりは日本以上です。でも、私の知る限り、お惣菜はショーケースの中にあり、店員にすべてやってもらう買い方です。お客様が直接自分で選ぶタイプではないです。いわゆる対面式というスタイルです。

 パン屋だけは、自分でトングとトレイを持って取る方法で、日本と同じですが、パンごとに蓋つきのケースに入れられています。もちろん、この国のことですから、その蓋が開きっぱなしということは当然ありますが、店員がフロアで見回っていて、見つけるとすぐに蓋をきちんと閉めています。
(私は、日本でも中国でも、このスタイルで売られてるパンを買っていますが、食べるときには必ずオーブントースターで火を入れています)

 O-157に限らず、衛生的な対処はスーパー側に、もっと慎重に考えてほしいな~と願うばかりです。
 (私は、その手のスタイルのお惣菜を買ったことありませんし、これからも買うことはないと思いますけど。)

コロッケや天ぷらがバットにそのまま積まれていて、しかも3段くらいのひな壇に並んでいる横を通るたびに、衛生面が気になって仕方ありません。
実際に、トングを持って3段目(最上段)のお惣菜を取ろうと手を伸ばしたときに、その人のマフラーの先っちょが下段の海苔巻きにヒラヒラと当たっている現場を目撃したことがあります。 その人、結構な年齢の方で(私くらいだった)不器用なのか、肩や腕が自由に動かないのか、トングを落としてしまいました。そのことを店員に告げるため、店員呼び出しボタンを押そうと手を伸ばすのですが、そのときには、マフラーどころか、その人のお召し物が海苔巻きにドーンとくっつきましたがな!!

 そんな事件(私には大事件です)を目の当たりにしたら、余計に怖くて買う気にはなれませんし(って、もともと買う気ないんですけど)、買わない部外者だとしても、この売り方は即刻やめていただきたいと願うばかりなのでございます。

 本当のことを言うと、パック詰めされた肉なども買いたくない気持ちを持っています。売り場で、何を迷っているかわからないのですが、何度も肉パックを持ち上げては戻すことを繰り返す人を見ると、嫌気がさします。肉売り場には部位、形状、重さで、だいたいがひとまとめになって整頓されて展示されていますから、たとえば自分が豚肉の生姜焼き用を買い求めたいと思えば、そのコーナーに行き、自分の欲しい重量の積まれているところから肉パックを取ってカゴに入れれば良いだけのことでしょう。あれこれと比べて品定めをするなら、目視でお願いします。私としては、その人の手が何を触ったかわからないことを想像してしまいますし、人が何度も手に取って戻したのかもしれない肉パックを購入しているのだろうな~と思ってしまいます。それをそのまま家の冷蔵庫に入れる気にはなれませんし、パックから出すときにも、パックを触った自分の手を何度も洗い直さないと気持ちが悪いです。だからできれば対面式の肉屋があって欲しいです。(新興住宅地には、そういう個人店がないのが悩みの種です)


 神経質な人は生きていきにくいです。つり革を持ちたくないとか、エスカレーターの手すりを持ちたくないとか、エレベーターの行き先ボタンを押したくないとか・・・とか・・・とか・・・・。

 私は、常に携帯用アルコールをバッグに入れてあり、外食前には(気休めでも)手を消毒しています。
自己防衛していても勝手に侵入してきてしまう菌の怖さ、感染ルートの解明の難しさを思いますと、何が良い方法かはわからないものの、お店は売り方を見直してみる時かもしれないと考えます。生活が多様化し、お惣菜を利用したいというニーズは、今後も増えていくことを思いますと、一考の余地あり!ではないですか~?

 って、私は誰に言ってるのでしょう? 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2017年09月14日 18:32
そうですね。まさしく、そうでございます。
昨日、病院の帰りに県庁前で地域の物産祭が開催されてまして、普段は焼きそばやお好み焼きのような、その場で作って売っているものは買わないのですが、つい、韓国風の焼き物を買ってしまいました。温かい物なので、バッグに入れても匂いがしまして、困りましたが、食べたかったのです。
帰宅して家族と共に食べていましたら、TVニュースで食中毒のことを取り上げていまして、食欲が無くなり、皆で半分残してしまいました。(口に合わなかったこともあって)
私もスーパーなどで総菜や精肉、鮮魚を買うことが多いので、今後、気を付けようと思います。(反省も含めて)
たぁくんママ
2017年09月16日 17:20
大型スーパーなどの物産展はまさに客が上から見下ろせる場所でしてますね~
さぞかし埃が舞ってる事でしょう。
私はお惣菜をトングでとる量り売りは、嫌いですが、揚げ物だけはたまに利用してました。
子供が自分で取りたがって、手元が不安定で落としてしまい、母親は叱りつけ、子供は焦って、床に落とした揚げ物を手でつかんで、戻してるのを見た事があります。
必ず店の監視者がたちあっておくべきだと思いました。
パックされた肉は、大概2、3パック積み重なってるので、私、結構触りますね~
分量や消費期限、脂身の割合など、細かくチェックして買います。
もちろん、持ち方には注意してますが~
気にしだしたら、キリがありませんが、食中毒まで発生するとは、恐いですね~
yu_mama
2017年09月17日 20:37
カラスさま
物産展は、ふだんは食べることのないような地方のものを食すことができて、とても魅惑的なのですが、デパートでしっぱりした管理のもとに売られているもの以外、なかなか買えない私です。韓国のチヂミでもお買い求めになりましたか?お口に合わなかったのは残念です。

食品を扱うには、神経質過ぎるくらいの配慮が必要だろうな~と思います。とくに、このような食中毒のニュースが流れますと、その後も、同じスタイルでお惣菜を販売していたことの方に驚きます。早急に対策すべきことでしょう。感染ルートがわからないなら、なおのこと、ポテサラだけを引っ込めれば良いという話ではないと、私は思います。

スーパーでパック詰めされたお刺身や、お寿司をあれこれと手に取ってはもとに戻す人を見ていると、私なんぞは、イラっとしてしまいます。いや、買わなきゃいいだけなんですけど。。。自分のことだけでなく、他のお客様のことを考えないとな~って、これは反省を込めて思います。
yu_mama
2017年09月17日 20:44
たぁくんママさま
子供がお惣菜を落として、そのまま元に戻した!!!なんて、聞いたら、ますます私は近寄れません。 高齢者や子供には、トングで品物を取るというのは結構なハードル高いことです。カートで押して入ればまだしも、カゴを手にして、自分の荷物も肩からかけているような姿では、トングを持って正常にものを運べるとは思えません。人件費の節約だとは思うのですが、やはり、私は対面式で量り売りにして欲しいな~と思います。
だから、私はお惣菜を買うならデパ地下です。
パック肉の何を確認するのかな~?と、思っていたら、なるほど、脂身の量などなんですね。私は、基本はスーパーを信じているので、どのパックをとっても大差ないと思って迷わずに取ります。まあ、香港や中国で買い物するときには、下の方から取ることはありますけどね。
パック肉の包装に、もしも人の手から菌がついたとしたら、どうなるんだろうな~と、ぼんやり心配しています。キリはないです。確かにキリはないのですけど、自己防衛できることはしようかな~って。。。自分のためにも人のためにも。
2017年09月18日 08:56
会社の近くの お弁当屋さん あのトング取りやってます 前から なんだかなーと見てました やっぱりなーと思いました 怖い
yu_mama
2017年09月18日 10:11
seizi05さま
そうですか~。お弁当屋さんにも、確かにありますね。
人によって、衛生的なトング扱いの考え方が違う以上、店側で対策を考えるべきだと思います。怖いです、ホント!
2017年09月18日 19:41
yu mamaさん結構バイタリティがあるから、今回はおや?っと思ってしまいましたよ
私も結構神経質で海外旅行などに行く時は必ず消毒アルコールパックをいくつか持参します。でも国内に関しては考え方を変えつつあります。
いつでしたかインドネシアの方で日本人が食中毒になったニュースがありましたね。ところが中国人や欧米人は同じものを食べているのに全く問題無しでした。
日本人が余りに潔癖症過ぎて、何かというと消毒消毒、勿論薬大好きもあるでしょうが「腸内細菌叢」が少なくなって免疫力が少なく無くなっているとのこと。
極端な清潔志向は考え物かも知れませんね
そこまで清潔好きなのにトングの使い回しは気にならない(笑)日本人のエー加減な所ですね
yu_mama
2017年09月19日 00:06
サヤ侍さま
ふだんの私とイメージが違いましたかね。だいたいが、大雑把な人間で、細かいこと気にしない気にしない、という性格ですが、「食」に関してだけは、子供の頃からの母の教えが厳しかったもので、衛生には神経質になってしまいました。

この記事を夫が読んだときに、「いかにも潔癖症みたいに書いてるね」って、笑われました。ズボラなところはズボラで、潔癖でもなんでもない私なのですが、食中毒には敏感で神経質になってしまいます。
確かに、おっしゃる通りかもしれないですね。私、年々、腸が弱くなっているのを感じています。それって衛生ということに神経質になる度合いと比例しているように思います。
文房具に抗菌グッズがで始めた頃、過剰に消毒、抗菌しすぎるのは良くないという話題が出たことありますよね。
そういうことなのですね。
(このテーマは、また記事にしてみたいと思います
2017年09月21日 23:56
私は あんまり その手のことは気にならない質なのだけど、それでもやっぱりyu-mamaさんと同じことを考えておりました。
これがまた、ごく小さな町だったりすると、ああいう売り方でも なんら問題ないのでしょうけど・・・昨今は、いろんなところから いろんな人が やってきますもんね。
スーパーなどで、台に並べられている揚げ物や総菜など、通りすがりに 小さな子が触っていても、お母さんは 気づいてないのか 知らんぷりだったりするし。

以前に読んだ本にあったのですが、O157などの怖い細菌であっても無敵ではなくて、常在菌と闘って せめぎあっているのだそうで・・・だからサヤ侍さんのおっしゃるとおり、半端な除菌などして無害な常在菌を減らしてしまっていることが一因なのだそう。
そんで私も、この話を記事にしようと思っていたんですよ(^O^)
またまた、先を越されちゃったなあ(笑)
yu_mama
2017年09月22日 00:18
キーブーさま
確かに、抗菌グッズ、抗菌文房具などが、逆によくない現象を招いていること、私も気になっていました。良い菌まで除菌してしまうという話も聞きますね。

私自身のことですが、若い頃には平気で無頓着なところもありましたが、(ダメなものはダメでしたけど・・・それは母からの教えだと思います)年齢とともに、とくに中国に来てからは、過剰反応しているかもしれません。ひとつには、高齢者ほど弱いということ、自分も高齢者の自覚ありっていうわけでして。もうひとつは、中国で病気になりたくないという気持ちも強いです。
一時帰国中は、ここで体調崩すと飛行機に乗れないな!というのもありますし・・。

食を扱う店には、慎重な管理をして頂きたいと思います。色々な客がいますから。

ぜひ、キーブーサンの視点で書いてくださいませ。

この記事へのトラックバック

  • 食の衛生について

    Excerpt: 「思うこと」の記事を書いたとき、夫から Weblog: アンダンテに・・・ racked: 2017-09-19 01:39