テーマ:エッセイ

生活不活発病

 テレビの朝ドラを観た後の番組を、そのまま「ながら見」をしていたら、タイトルの「生活不活発病」という言葉がやたら耳に飛び込んできた。  なんなの?  生活習慣病には耳慣れたけど、生活不活発病って、何なのさ。  70代後半にしては、とても若々しくおしゃれな女性が映し出される。その女性の息子という男性が、いろいろと最近の母…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

花の色は うつりにけりな・・・

 同世代と呼ぶべきか、近世代とでも言うべきか、このあたり微妙な線引きが必要かと迷いながら、おつきあいをさせて頂いている50代の方々がいる。彼女たちは、私に遠慮と敬意(?)をもって  「同世代よ~。変わらない変わらない。50過ぎれば一緒」 と、おっしゃるが、私はそのあたり、自分が経過してきた年齢を思えば  「50代と60代は…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ふたつめ

 前記事で、ひとつ、ふたつ と書いたので、ふたつ目を書かねばと思い、続けることにする。もうしばらくお付き合い願いたい。  facebookで友人がシェアし、コメントを書いていたものから、 某ブログ炎上のニュースを知った。  早速、元をたどってブログに行き着く。  うん?この人、知ってる。見たことある。どこで見たのだっけ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ネットサーフィン(笑)

昨日書いた 「食べるの、食べないの!?の記事の中で」 私が使った『ネットサーフィン』という言葉は、すでに死語らしい。  いいの、いいの。どうせ ばばぁなんだから、死語だってなんだって使ったるわ!  一応、自虐的に カッコ笑いをタイトルにつけているあたり、ばばぁになりきれていない往生際の悪さは感じるけど。  さて、そ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

身体に良いらしい

「この記事で書いた開脚」が、どうして身体に良いのか!? 股関節を開き、上体がベターっと床につくポーズをすると、何の効果があるのか? その本の著者曰く、 リンパの流れが良くなることで、冷え、むくみの解消が期待出来る 骨盤の歪みが改善される ということらしい。 私は むくみが激しい。 もともとぽっちゃりして…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

私とピアノ (3)

 5歳終わり頃に始めたピアノを10歳半ばでやめ、12歳で再開したものの13歳でやめてから2年。高校受験を控えていた私は、将来の進路の話を友達とする機会が増えてきていた。  同じ中学から音大付属高校を受験する友達が何人かいた。内心、うらやましい気持ちも感じていた。が、すでにピアノから遠ざかっていたので、私には関係ない世界でもあった。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

私とピアノ (2)

 この世に音楽大学というものがあることを私は知らなかった。その音大に付属中学があることなど、もちろん知る由もない。私が目指さねばならない中学は父が決めていた。  ピアノが習えなくなり、私が勉強に集中したかといえば、それはない。小学校にはバス通学をしていたおかげで、ひとりで繁華街に出かけるのは朝飯前のことだった。大型書店に行き、ピア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私とピアノ (1)

 昭和33年頃の話だ。幼稚園児だった私は、ピアノが習いたくて習いたくて仕方がなかった。家にピアノがあるワケでもなし、ピアノを弾ける人なんてもちろん家族にいない。音楽を聴く環境も整っていなかった我が家で、なぜ、私がピアノの存在を知ったかといえば、それは幼稚園でのことだった。  教育大(現、筑波)御茶ノ水、学芸大など国立大学付属の小学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グータラ主婦の気付き

 このブログで深セン情報を流す予定がなかったのだが、立て続けに2本も深セン関連記事を書いてしまったので、軌道修正(笑)  日本から戻り、生活を深センモードに切り替えなきゃ!切り替えなきゃ!と、思いつつ、深センモードってなんだ?  引きこもりのグータラ主婦が深センモードであるなら、とっくにそうなっている。  引きこも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

お得意様サロン

 デパートに「お得意様サロン」というのがあることを、私は知らなかった。  日本に滞在中、ゲキ忙しい高校時代の友かおるこさんと会う約束を取り付けたのだが、その待ち合わせ場所をどこにするか困った。  かおるこさんは車で来るので、どこかで私を拾うと言ってくれたが、都心に住むかおるこさんの車を私がどこで待てば良いのか思いつかない。も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドレッドヘア

 ドレッドヘアをご存知だろうか。  髪の毛が細い縄のようになっているヘアスタイルだ。レゲエのカリスマがやっていた髪型で、ドレッドとは「恐ろしく」という意味があるらしい。恐ろしく固まったヘアとでも言おうか。  今日は、そのドレッドヘアの若者の話だ。  日本から深センに戻る日。前日の夜までかかって荷物の重量と闘って、よ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

楽チン中国

なんだかんだと日本のようなわけにはいかない中国生活だが、もちろん慣れてくれば良いこともたくさんある。 中でも、人の目が気にならないというのは、私のイチオシ。楽チンなのだ。 友達と銀座でランチとなれば、おしゃれに無関心な私でも、さすがにTシャツとジーンズでは行かない。電車に1時間くらいは乗るわけで、新宿やら銀座という大都会を歩…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

見留める

 若い子育てママたちのサークルというのか勉強会が全国的に展開されているそうだ。その手の集まりは、いくつもあるのだろうが、その中のひとつに所属している 「若い友」が発信していたFacebookの記事に、私は心奪われた。  まあ、私には全く関係ない会で  「お呼びでない?、お呼びでない?これまた失礼いたしました!」  っていう古め…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

話しかけられる

 行きつけのスーパーに、週2、3回は行っている。2年も通っていれば、私のことを覚えている店員も多い。 だからというわけでもないだろうが、よく声をかけられる。  野菜の置いてある辺りを、歩き回っていると、 「これにしろ!」 「こっちがいい!!」 と、売り場のおばちゃんたちが、野菜を勧めてくる。私が中国語を話せないのも知って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いよいよ危ない兆候

 以前、ブログにも書いたことがあるが、とんでもない物忘れをしてショックを受けたことがある。自分の大事なパスワードを忘れたということにも驚愕するが、その忘れ方の異常さに慄いた。  たったの2秒ほど前に正しく入力したパスワードを、もう1度入れようとしたらすっ飛んだという怖い怖い経験だ。 さすがに、あの時には脳神経外科にすっ飛んでいっ…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

やればできる!?

   子供の頃から  「あなたは、やればできる子だから」 と母や先生から言われ続けてきた。    私は、今でも 「やればできる」の呪縛から放たれることはない。それは悪い意味ではなく、むしろ超絶ポジティブに私の中で「信仰」として存在している。私は何もやらないくせして「やればきっとできるはず」という思い込みだけを強く信じている…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

柿の種

 私の「柿の種」デビューは、高校2年生の時だった。  柿の種という あられの類が存在していることを知ったのが、その時だった。  高校2年になったばかりの春、クラス替えで知り合ったミーちゃんと仲良くなり、彼女に誘われて遊びに行ったお宅で柿の種と初めて対面した。  そのお宅は都心の一等地に建つこじんまりしたアパート1階の角…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more