テーマ:合唱

やはり、そうしよう!

私は所属合唱団の中国支部団員という扱いで、帰国するたびに顔を出して一緒に歌わせて頂いています。 幽霊部員みたいなものなのですが、皆さん、とても温かく迎え入れてくださり、心地よく歌わせてもらっています。 深センでは、日本人会の合唱もありませんし、日本人会なるものも設立されていませんので、日本での活動が唯一の歌の場であり、とてもあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

声変わり??

 「あと2時間・・・」で、何をするか? の記事の中で、  歌の練習をして体力を使ったら、後に支障が出るので やめとこ!  と、書きましたが、  時には歌っていることもあります。お腹がいっぱいだと歌えないので、お昼前に歌うことが多いのですが・・・。  最近は、まったく合唱団練習に顔を出していません。最後…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

歌った♪

 今夏の帰国目的は 娘夫婦の旅行に伴う留守番だったはずだ。 だが、すっかりその本来の目的が霞んでしまうほど、滞在期間は充実の日々で大満足だった。  本来の目的の次くらいに当たるのが、ピアノ連弾曲を決めることだった。毎年テーマを決めてピアノに精進し、その結果をお互いに聴き合う「勉強会」に参加しているが、今年のテーマが「連弾」(…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

私の薬

 2年前の5月、深センでの暮らしが始まった時、多少なりとも期待していたのが 「合唱団があるかな」ということだった。  過去の香港赴任時もソウル在住時も、私は日本人会のコーラスに入っていた。香港では女声合唱団のピアニストをし、たまに混声でも歌っていた。ソウルでは、女声合唱団を引っ張っていく役割を担っていた。  本格的に合唱に目…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

えっ!?

 合唱祭が終わると、ちょっとインターバルを置きたくなるらしく、合唱練習をお休みされる方が増える。  私には、日本にいる間の合唱練習は貴重なので休まない。本番に出られるはずもないが、歌うチャンスは1回たりとも逃したくない。深センでは、また合唱とは無縁の生活になるのだから、何が何でも日本にいる間は歌っていたい。  そんな金曜日の…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

花を咲かそうよ♪

 合唱祭は終わった。無事というべきか。。。 午前から始まり、35団体が歌う合唱祭の トリが私たちの団だった。集合は16時頃。本当は他団の合唱を聴くべきだが、いつも出番の遅い私たちの団は、三々五々集まり、会場で聴く人もいればホールに入らない人もいる。 私は良い子なので、(というか、以前は合唱祭の係りをやっていたのに人に託したも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ワタクシ歌います♪ 飛びます♪♪

   私の合唱歴は、高校時代のクラス対抗合唱コンクールに始まる。あの3年間で、コーラスの楽しさを教わった  大学時代には、合唱というより「活動」「運動」の意味合いの濃いサークルに所属して、歌っていた。  海外に出た時に、香港でもソウルでも合唱団に所属した。日本人会の女声コーラスだ。  本格的にやり始めたのは、42歳頃…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ステージの魔物

 本番では何が起こるかわからないというのは、ピアノの発表会でも、高校の合唱コンクールでも、いつでも経験してきた。  今回のステージでも・・・  いや、今更だけど、去年の11月の「カルミナ・ブラーナ」でも、実はあったのだ。  指揮者にとって、十八番ともいえる曲なのに、あろうことか指揮者が2小節抜かすってね。。。  …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

終わった

 ブログに書きたいことは山ほどありながら、ドタバタしていて時間だけがどんどん過ぎてしまった。  とり急ぎ、演奏会の感動消えぬうちに記事にしておこうと思う。  2月11日  多摩地区では最大のホールで、私たちの合唱団の定期演奏会は行われた。  1400席で立ち見が出るほどの大盛況で、(実際は1260人ほどのご来場)ま…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

その日

 とうとう カルミナブラーナ演奏会当日を迎えた。  前日の夜 10時まで 池袋の東京芸術劇場でリハーサルは行われた。  家に帰った時にはすでに日付が変わろうという頃だった。  それからリハのビデオをチェックし、翌日の荷物を準備していたら、寝るのは2時を過ぎた。  当日  朝8時前に家を出発し、池袋に向かった…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

本番迫る

   9月29日に成田に着いてから 怒涛のような日々を過ごしている。  田舎での三回忌を済ませた後、夫が中国に戻ってからというもの、私は友達とのランチが9回、夜の飲み会が14回  その隙間を縫うように、歯医者に通い、健康診断も受け、オーダーの靴も作り、運転免許の更新もして  もちろん土日の歌の練習は、1度も休んでいな…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

音楽的充実

 漢字ばかりのタイトルにすると、なんだか中国語のようだが、中国にいる夫には申し訳ないものの、ちっとも中国を懐かしく思えずにいる。  それだけ日本での生活が充実しているということになる。 とくに「カルミナ・ブラーナ」の演奏会への出演が、張りを与えてくれていると思う。  平日の昼間は友達とのランチを楽しみ、夜は友達との飲み…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

合宿

 合唱団の合宿に行ってきた。  今回は、演奏会が近い訳でもないので「懇親合宿」というタイトルで、ゆる~い練習かと思っていたら、とんでもない。午後1時に河口湖の宿舎に集合し、練習がすぐに始まる。午後6時半まで歌った後、夕食に1時間。その後また午後9時まで練習というスケジュールだもの、演奏会前の強化合宿と同じじゃないの。違うのは先生が…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ラテン語とドイツ語

 合唱団では、来年の11月に向けて「カルミナ・ブラーナ」の練習をしている。  先生の指揮者生活40周年記念の演奏会だ。  40年前、先生が指揮者として初めて振った曲が「カルミナ・ブラーナ」だったそうだ。  この曲をご存知の方、歌ったことのある方には、よーくわかると思うが、なかなか忙しい曲だ。ラテン語を早口で言わねばなら…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

芸術の秋堪能

 今日は、従姉妹会があった。なんと2年ぶり。私の いとこ は、男性が多いのだが、恒例の女子だけの集まりで、「スイーツ食べ放題」  有楽町で待ち合わせ。冷たい雨にも負けず、時間制限にも負けず、食べる食べる。  実のところ、あまり甘いものを多く食べられないスイーツ苦手な私なのだが、無類のスイーツ好きの従姉妹に合わせての店選び。相…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

大苦!?

   「第九」の演奏会 (10月16日 文京シビック大ホール)  について書いていますが、音楽に興味のない方には退屈でつまらないと思われますので、どうぞスルーなさってくださいませ。(相変わらず長文です)     田舎のホコリとカビにも負けず、私のスケジュールは粛々と進み、昨日は「第九演奏会」を無事に終えること…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

楽しくない合唱もあるもんだ

 今、我が合唱団では、第九の練習しかやっていない。  6月の演奏会が終わってからというもの、10月に向けて第九の練習が続いている。  第九は、学生時代(18歳)の頃に歌って以来、40年以上ぶりだ。  それ以来 歌っていないというのは、女声合唱団にいた時の先生が  「第九は 喉を傷めるので歌ってはいけない」 とお…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

音楽の力

 少し真面目な話。  6月の演奏会があり、その一ヶ月後の7月14日には、市の合唱祭があった。この合唱祭は、市内の合唱団体40団ほどが集まって、年に1度、お互いの合唱を披露するイベントだ。  今年は、40周年ということで、例年通りの各団による発表の他に、団の枠をはずした「合同演奏」が企画され準備を進めてきた。もちろん練習もして…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

みんな疲れてる

 大きなイベントが終わると、達成感とともに、終わってしまったという放心状態が襲って来る。  今回の演奏会を成功に導くまでの道のりは、想定外の事態もあったために、結構な山坂があった。  定演委員長が 急に途中降板してしまったからだ。  委員長不在の穴を埋めるため、団長を中心に、音楽・企画面を担当する人と、受付や会場関係を…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

演奏会後半

 私たちの合唱団の特徴として、荘厳なミサ曲や、レクイエムを演奏する第1ステージと、180度変身するポピュラーステージ の二面性を出すのが習わしだ。  その間の第2部には、いわゆる有名な合唱曲を選ぶことが多い。  今回は、武満徹の アカペラを5曲   ご存知の方が多いと思うが、これほど難しいものがあるか!? というほど、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第1部 レクイエム 

 フォーレのレクイエムには、天使のような声のボーイソプラノ・ソロが1曲入る。  1週間ほど前の オケ合わせの日に、その少年たちは来てくれた。 「少年」ではなく「少年たち」2名だった。  本番で何が起こるかわからないので、いつでも2名、3名で参加するのが、少年たちの所属する合唱団の習慣だそうだ。  当日、調子の良い方の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

演奏会終わった~♪

 準備に翻弄され、暗譜に苦しめられ  「こんなこと2度とやらないっ」 と思った演奏会が終わってみると  なんか  さびすい~~~  そりゃ、色々あったけど・・・  そりゃ、もう あれもこれも言いたいこといっぱいあるけど・・・    好きで歌っているんだし、その演奏会の準備で忙しいのくらい・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日本番

 いよいよ 明日は演奏会  ここまで練習、自習、暗譜も忙しかったけれども、  もっと大変なのが、準備だ。  オーケストラ担当という仕事以外にも、何かと雑務が押し寄せ、毎晩遅くまでメールでのやりとりが続いた。昨日の夜も、駐車場関連のことで二転三転、色々と面倒な対処が続いた。  担当の仕事は、楽譜送付だけにあらず。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

演奏会目前のあがき

 15日に、合唱団の定期演奏会が開かれる。  1400名の大ホールを満席にした去年に負けないよう、今年も団員40名は、それぞれの宣伝活動を幅広く行い、すでに1600枚以上のチケットを配り終えた。私は個人的に60枚ほどを友人知人に配った。  毎年、楽しみにして来てくれる友人たちは、  「本格的なミサやレクイエムをオケ伴奏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泣いても・・笑っても

 ほんとのところ、泣いても泣いても・・・の心境だ。  今日、アンサンブルの最終練習が行われた。本番は30日の土曜日!という今になって、  「ここが合わない」  「あそこが揃わない」  「テンポ感がずれている」 などなどの問題がてんこ盛りなんだもの。  6人の女声アカペラ・アンサンブルという時点で、最初から…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

合唱の力

 3・11 夜  そのコンサートは、東京オペラシティのコンサートホールで開かれた。とある先生がご指導なさっている合唱団がいくつも集まって開いたコンサートだ。今をときめく有名な9人の作曲家が、指揮者の先生から依頼されて作った合唱曲を並べた演奏会だった。なんという贅沢なことか。  学生から年配の方々まで、それぞれ日頃は別の団で活…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

合唱って楽しい♪

 ご存知、私は合唱をこよなく愛している。 一時は、2つの合唱団と少人数アンサンブルに所属していたが、去年の秋に ひとつを辞めた。  混声合唱は、地元で一番上手な混声合唱団と定評のある団ひとつに絞った。少人数女声アカペラアンサンブルは、夏の終わりから練習を始めたが、3月の本番で解散する。  ところが、10月の葬儀が続いた時から…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

歌合宿

    地元合唱団の合宿があった。私は初めて参加する。  河口湖までの交通手段は、マイカー乗り合わせや、電車、高速バスなど、各自が選ぶようになっていた。私は、ギリギリまで決めずにいたが、最寄駅から高速バスが出ているので、それに乗って行くか、自分で運転して行くつもりだった。ところが、いよいよ合宿間近になってバスの時刻を調べてみたら…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

コンサート

 ミドちゃんに  「演奏会 来てね、来てね」 と言われていたコンサートが 金曜日の夜に開かれた。   トリトンスクエアにある第一生命ホール で 夜7時開演。    ミドちゃんは、音大の声楽科を出た人で、とっても上手な女声合唱団を長年引っ張ってきた人だ。そして、私は彼女のリードで アンサンブルをやらせてもらって…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

歌っちゃったクイーン^^♪

 うろうろしているうちに4月も半ば。  リアルフレンドから電話で、 「ブログとまってるけど、どうしたの~?」 と、心配された。  そろそろ本当のことを書かねばならないと思って、パソコンに向かった次第だ。  「ドタキャン・クイーン 復活!」の記事を書き、相当みなさまに励ましをいただき、同情もいただいた。私の気持ちを理…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more