テーマ:深センライフ

その日は。。。

 「あれから7年」 そういう文言がテレビから頻繁に聞こえてくる時期が今年も来た。  少し前から特集が組まれ、当日は、津波の映像もまた流れ、今もなお避難生活を強いられている方々の暮らしにスポットを当てる、、、というテレビの画面。  これも、形式化しないことを願いつつ、日常の私たちはついつい忘れがちなことを反省しなければならない…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

声変わり??

 「あと2時間・・・」で、何をするか? の記事の中で、  歌の練習をして体力を使ったら、後に支障が出るので やめとこ!  と、書きましたが、  時には歌っていることもあります。お腹がいっぱいだと歌えないので、お昼前に歌うことが多いのですが・・・。  最近は、まったく合唱団練習に顔を出していません。最後…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

あと2時間・・・

 主婦は自分でタイムスケジュールを立てて、朝から家事をこなしているものと思います。(思いますって、私も主婦なのですが、、、人ごと)  仕事をなさりながらの主婦の方々は、ご自分の出勤時刻から逆算して、起床時刻が決まり、出勤までの慌ただしい朝のルーティンをなさっているのでしょう、と思います。(私もそんな時代もあ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

流行りの作り置き!?

 この頃、日本では「作り置きのおかず」というのが 流行しているのでしょうか?  糖質制限おかずの作り置きによって、ダイエットができるなどというのもあるようです。  少し前の話になりますが、たまたま見たテレビで、カリスマ家政婦という方が出ていらっしゃいました。なんでも、3ヶ月先まで予約が詰まっている人気者だそうです。  …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

空振り また!?

 ここ中国におきましては、なかなかお約束が守られないことは多くあります。  ただ、私も相手が日本人ですと、かなり信頼します。 日本人であるならば、私と同じ感覚であろう!と、希望的推測において、信じてしまいます。  旧正月前にお若い方から、ご相談チャットが入りました。   「レンタルピアノを借りたいが、一緒に選んでほ…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

深センのスピード

 今年はカレンダーマジックで、4連休に恵まれた我が家です。(本来、2日間しか休みはありません)  夫は、そのほとんどを私のピアノ関係DVD編集に没頭し、その合間に、私の合唱団の団員募集チラシを作成するという過ごし方でした。なぜか、このところ、夫は合唱団のDVDのみならず、チラシ請負人にもなっております。  深夜3時半ごろまで…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

また深センで年越しです

 2017年も、まあ、色々ありました。  世の中のさまざまな話題もさることながら、、、  私個人としても、なんだかんだとありました。  落ち込むこと、凹むこと、悩むこと、苛立つこと、嘆くこと、悲しいこと、多くのヘタレ場面がありましたが、ブログに書くことで自分自身で整理がつき、コメントや気持玉で救われたり、応援をいただき…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

年末感まったくないのですが・・・

 日本は、すでに仕事納めやら忘年会やら、、、ピーク過ぎたでしょうか。こちら、年末という感じは、全くありません。  これって、気温が暖かいこととか、おせちの準備も不要だとか、周囲に迎春の感覚がないということが影響しているのでしょうか。ふだんの土日となんら変わりない気がしています。  とはいえ、私の活動納めは水曜日でした。 と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Merry Christmas♪

 あっという間に、師走も押せ押せですね。  とうとうクリスマスカードを作ることもなく、どなたにも出せずじまいです。  ここで、、、みまさまに、   Merry Christmas!!  広州 ガーデンホテルロビーのツリー (ここに日本領事館があり、12/4…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ちょっとした・・・

 今まで きちんと書けなかったのだが、私は自分のできることで誰かのお役に立てるなら・・・と、こちらで日本人のお子さん相手に趣味活動をしている。  遡ること1年半前のこと。若い友人から、  「yu_mamaさんに相談したいっていう人がいるけど、会ってほしい」 と、言われたことから始まった。  お会いした方もお若い30代…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

刃傷沙汰!?

 私は、今朝、キズモノになりました。  頬に斜めのキズができました。  美しい顔に、キズができました。(この際、どさくさ紛れに言ってみました。 笑)  子供の頃から、顔だけはキズを作ったことなかったのに、今朝、キズができました。  それは、明け方4時ごろのことでした。  ぐっすり眠っている私の右頬に、突…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国でもニトラー(^^)

 ニトラーという言葉があるのかどうか知りませんが、、、。(笑)  日本でニトリが有名になる前から、私はニトリを知っており、密かなニトリファン=ニトラーでございました。 全国展開する前のニトリは、倉庫のようなだだっ広いところに、ごちゃごちゃと家具が置かれていて、中には壊れているものもあるようなおかしな店でした。東京では知る人が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

父は元気です。

その後、「父の怪我」が、どうなったか?と、ご心配くださっている方もいらっしゃいますので、ご報告させていただきますと、、、  私は見たわけではないので、すべて妹からの連絡によれば、すこぶる順調な回復ぶりだそうです。 耳たぶざっくり切れて、15針縫う手術をして頂き、その後は消毒のための通院をしていますが、経過良好で、本日半分ほどの抜…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

霜月終わります

時間の経過の速さを、ひしひしと感じるお年頃です。 はい、イイニク 私はまたひとつ歳をとりました。この年齢になりますと、「おめでとう」の意味合いが重さを持って感じられます。一昔前でしたら、とっくに寿命の終わる年齢でありますから、おお!今年もひとつ無事に歳をとれたんだ!という「おめでとう」になるわけでございます。 何かにつけて…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

医者嫌いの「健康診断」

 できれば日本で受診したかった健康診断だが、一時帰国中に予約が取れずに深センに戻って来てしまった。  まあ、1年くらい健康診断しなくてもいいか! と思っていたところに、あちらからやってきた。  ご親切なことに、今年の健康診断を受けていない人に個別連絡をくれちゃうウェルビー様。  (年に2度ほど、一定期間だけ日本人医師が深セ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

流行

 私は流行に乗るのが苦手です。若い頃から、流行に敏感ではありませんでした。  高校時代の私。私服登校の学校でしたが、私は中学の制服を着用して通学していました。まあ、それは経済的理由もあり、まだ着られるのだから、それを着なさい!という母からの指令も飛んでいたわけで、あまり何も考えずに中学の延長で高校に通っておりました。  ファ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

My Happy Friday!!

 日本では、Premium Friday なるものができたらしいが、これはごく一部の企業でしか反映されていないようで、多くは相変わらずの残業あり、Premiumの実感がないに違いないと思います。 すべて想像で言ってますが・・・少なくとも、我が子たちの勤務先には、その制度の導入はなさそうです。 ベトナム勤務中の息子は土曜日も仕事だし、…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

まだまだ学習が足りないらしい

 前記事にて「夫がどういう人であるか学習しよう」 と、書いたばかりだが、またも私の学習不足を認識させられる事件が起きた。  いや、事件の未遂なのか。。。  月曜日の夜、夫は「夕食不要」というスケジュールだった。 こういうことはよくあるので、誰とどこで飲食するのか、どのくらい遅くなるのかなど、私は把握していない。急に決まるケー…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

ピアノ無事搬入か!?

国慶節の連休を利用しての一時帰国が終わった。土曜日、13時間かけて深センに戻ってきた。 何かとブログに書きたいことはあるものの、それはさておき、本日約束通りに例のどデカイブツが届いた。 狭い家に入るかどうか心配だった アレ「コレだ 」 本物のピアノだ。 玄関は通るだろうと思っていた楽器だが、なんと、玄関で苦戦した…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ピアノ!? 

「ヤマハU5を発見」の感動を、facebookに投稿したら、例の50歳の花嫁の貰い手である、日本でも屈指の優秀なる調律師の旦那様からの  「yu_mama、このピアノ買っちゃって、日本に持ってこい」  という反応があった。  彼女経由でメッセージが送られて来たのは、私が契約を済ませた翌日の朝のことだった。 …
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

お若い方と

 深センにいる日本人、誰とお会いしても私よりお若いわけでありまして・・・トホホ  50代でも、私から見りゃ「お若い方」であり、だったら、このタイトルの「お若い」って、どの程度よ?という話ですが、  はい。彼女のお母様と私が、まるっきり同い年という年齢です。つまり若い中でも、最上級に分類される若さなのであります。娘とほとんど変…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

中国語が話せる日本人

 タイトルが示すような方は、深センに多く住んでいらっしゃる。  私のお付き合いの範囲は、ごくごく限られた狭いものだから、存じ上げている人の人数なんてたかが知れている。  皆さん、中国語をしっかりと勉強されていて、日常生活にはあまり不自由がない様子だ。  とくにお若い方々とランチをすれば、私は黙ったままで事足りるわけで、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

食の衛生について

「思うこと」の記事を書いたとき、夫から  「なんか、ものすごい潔癖症の人みたいになってる」 と、笑われた。 確かに、いつものズボラで、いい加減な私からは想像できないほど、細かなところで神経質な面が出ていて、私らしからぬというところかもしれない。 実際、コメントでも、いつもの私の印象とは少し違うという内容の記述があった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

血圧

 深センに来てからというもの、私は血圧が高い人に分類されている。    毎年、深センに上海から日本人医師がやってきて行われる健康診断で、2年前も去年も 140に近い数値を叩き出した私の血圧。  日本で格別に血圧に注目したことはなかったが、50代前半は 上が 100にも届かない低血圧だった。  年齢とともに、(とく…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

思うこと

 今日は真面目な話です。  朝から、O-157の話をテレビでやっていて、なんだか辛くて悲しい気持ちになりました。 感染ルートが解明されないまま、死者まで出てしまいました。今回、亡くなった子は、火の通ったものしか食べていなかったというのですから、どういうこと?と、不安が増します。    それと関連するかどうかは別として、私は…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

しんせんな驚き

 深センに住んで3年半ほどになる。  どんな外国でも同じだと思うが、そこに住み始めた当初は、様々なカルチャーショックの洗礼を受け、その都度びっくりしたり、嘆いたり、興味を抱いたり、、、とまあ、ひっくるめて「驚き」があるものだ。  が、それも2年目くらいからは、すっかり当たり前の光景になってしまい、自分がその習慣に順応している…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

酒好きの面白い人

 ブログ「某所」で紹介された 北大路公子著の 日記仕立てに書かれたエッセイを読んだ。  推薦者であるブログ友が 「とにかく面白い」 と、紹介してくれたものだが、本当にとにかく面白い。 3冊ほど、日本から持ってきたのだが、一気に読むのがもったいなくて、大事に大事に読んでいる。(笑) この著者は無類の酒好きで、飲み…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

月日が飛んでいく

 うかうかしているうちに、9月ですもの。今年も残すところ・・・という季節に片足突っ込んでいますもの。  薬のケースを眺めながら、あらら、連続でお昼の分を飲み忘れているな~なんて、まごまごしているうち、すぐに次の週の薬をケースに並べなければならない週末が来てしまいます。  時間の経つのが早すぎます。  深センに来てか…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

トイプチー

 中国に来てすぐ、夫から  「トイプチーは、覚えなくてもいいよ」 と、言われた。  トイプチーとは、ごめんなさいの意味だ。  日本人は、とかく簡単に「すみません」だの「ごめんなさい」だの言ってしまうが、この国では謝ることは滅多にない国民がほとんどだそうだ。  不用意に謝ることは、この国ではマイナスになりかね…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

はと台風

 中国南部を猛烈な勢いで襲った台風「はと」(日本では13号)が、多くの被害をもたらしたことは、日本のニュース映像でも流れた。心配してメールをくださる方もいたが、私からは台風の様子をfacebookに逐一報告を続けていたため、facebookを利用している友人たちは私の安否をリアルタイムに確認してくれていた。  こういう時、face…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more