テーマ:50代以上のblog

家族ってなんだろう(最終章)ー答えが出ないー

いつも私の駄文長文をお読みくださっている皆様、ありがとうございます。 気持玉に励まされております。 自分の中でテーマの答えを見つけたくて、このシリーズを書いてきましたが、答えは見つかりませんでした。 いつまでも過去のことを振り返って、うだうだ言ってるんじゃないよ!と、自分で自分にツッコミを入れたくなります。 お読みくださ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

家族ってなんだろう(17)ー母が亡くなってからー

2005年、母の最期の日(5/30)は、父と私たち姉妹と香港から帰国してきた夫とで看取った。 4日ほど前から危篤状態が続き、私たちは病院に泊まり込んだ。 母は2人部屋を一人で使っていたので、空いているベッドを父が使い、妹と私たちはエレベーター近くのベンチで寝た。 4日目の朝、息を引き取った。 その後、子供達や親戚の方々が病院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族ってなんだろう(16)ー母の長い入院ー

母の最後の入院は2003年11月初めだった。 入院から2週間もしないうちに植物状態になり、そのまま意識は戻らずに1年7ヶ月ほどを病院で過ごし、2005年5月30日に亡くなった。 入院当初から、私が車で父を迎えに行き都心の病院まで一緒に通っていた。 毎日、慌ただしく最低限の家事をすると家を出た。 20分ほどで実家に着き、父…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族ってなんだろう(15)ー同居の破綻ー

北朝鮮の金日成が逝去したのでないかという噂がたち、韓国ソウルでは夜も軍事練習が行われるようになった時、 帯同家族への帰国勧告が出て、私たちは母子3人だけで帰国した。(1994年だったかと思う) 子供の学校編入の区切りとしてもちょうど良い3月に帰国すると、同居が始まった。 私は子供の転入手続きや通学準備を終えてから、仕事を探…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族ってなんだろう(14)ー母の病気と父

母は46歳の時(私が23歳)、山梨に父と二人で赴任し、そこで呼吸器の病気を発症した。 富士山5合目に行った時、酸素が少し薄いところでの息苦しさがいつまでも抜けないという自覚症状が最初だった。 東京の大きな病院で検査した結果、結核に似ている病気だが、結核とは違って人に移すことはない非定型抗酸菌症だということがわかった。 非定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族ってなんだろう(13)ー24歳の誕生日から、結婚へー

私の若い頃、大学卒業後2年経った頃の24歳が適齢期という時代だった。 友人の半分ほどが24歳で結婚し、私は、その年だけで11回ほど結婚式に参列した。 私は独身で24歳の誕生日を迎えた。 その日、母がささやかながら祝いの手料理を用意してくれていた。 普段よりは、ちょっと豪華な食卓についた途端、 父が怖い顔して座るや否や、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族ってなんだろう(12)ー23歳ー

私の大学卒業の頃、父は山梨に転勤になった。 両親が揃って山梨に行き、私は妹との二人暮らしになった。 あの時、家を出ていれば良かったと、今なら思う。 ピアノ教師とアルバイトだけでは、とてもひとりでアパートを借りて自立などできなかった。 それでもボンビーガールのように逞しく、ひとりで親の家から離れるべきだったと、今なら思う。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族ってなんだろうー番外編ーコロナに思う。

緊急事態宣言が出され、さらに延長することが決まった今、様々な問題があるが、私がとくに気になるのはDVだ。 子供たちからの助けて欲しいという切実な声は、相談窓口に電話やメールで数多く寄せられているそうだ。 日本人のほとんどが経験したことのない逼迫した状況の中、慣れない在宅勤務に疲弊し、子供に暴力を振るう親が増えている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族ってなんだろう(11)大学時代から卒業後

私が大学1年の時、うたごえ運動をするサークルに入り、週3回は活動で帰宅が8時を過ぎた。 当然、父は激怒した。門限を8時にされ、サークルを辞めるように言われた。 家が遠いのだから、7時までの活動に参加すれば、門限までに帰れない。 私はサークルを途中で抜けてダッシュで帰る努力をしながら、辞めることは選択肢になかった。 幸いな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族ってなんだろう(10)ー祖母のことと、今の父のことー

ここで、少し時間が戻るが、祖母の話をしようと思う。 祖母は私が小学3年生になるときに、(我々が狭い団地に引っ越したため)母の兄の家に引き取られた。 伯父家族には、私でもビビる怖いオバと私の従兄弟にあたる男子がひとりいた。 3人家族には十分な広さの一軒家に住んでいた。 祖父の残した遺産のお陰なのだから、祖母は堂々と同居すれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族ってなんだろう?(9)ー私の変貌ー高校から大学へ

高校受験のための勉強をしていた頃、ラジオの深夜放送が流行していた。 中学が遠いので、朝は6時前に起きなければならないというのに、深夜1時からの放送を聞きながら勉強していた。 当時の私は睡眠時間も少なく、通学にも体力を奪われ、勉強をやってもやっても父から怒られ、学校にいる時だけが息抜きの場だった。 父が望む東大一直線の高校への受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族ってなんだろう(8)ー中学時代ー

子供時代、私と妹の通う学校は違った。私は大学の付属小学校にバス通学していた。妹は近所の公立小学校に友達と集団で徒歩通学だった。 学校から帰れば勉強が待っている私と、友達と遊びに出て行く妹とでは、生活のリズムが全く合わないので姉妹共通の思い出はない。 それどころか、家の中で会うことも少なかったような気がする。 両親と妹が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族ってなんだろう(7)スカーレットに思う

朝ドラ「スカーレット」を観ていて、時々涙が出る。 はちゃめちゃ破天荒なおとーちゃんはドラマの中では既に亡くなってしまったが、自分の思ったように家族を振り回す生き方を貫いた。 とくに長女の喜美子への風当たりは強かった。 長女は賢いのに進学させてもらえず、借金を抱えた呑んだくれの父のため、父が見つけてきた女中の仕事をしに大阪に出さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンデミックは想定内です。

とうとうと言うべきか、やっとというべきかパンデミック宣言が出て、今や欧米を中心に世界全体がアタフタしています。 でも、これもっと前からわかっていた想定内のことです。 早い時期に強硬な姿勢でウィルス対策をしなかったのですから、どっちもこっちもあっちもそっちもウィルスだらけになってしまいました。 ヨーロッパではマスクをする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皆さん同じことを思っていることでしょうが

ここにきて、やっとの水際対策ですか。 「中国、韓国からの入国者に対して、然るべき施設にて2週間の待機を要請」 って。 全国の皆さんが「遅いわ」と、言ってる声が聞こえます。 私が深センでの感染をかなり身近に感じて、逃げるように帰国したのが2月3日です。 ザルのような成田で肩透かしを喰らいながら、簡単に入国しま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本も感染拡大

「家族シリーズ」を書いている状況ではなくなりました。 日本の新型肺炎感染拡大に心を傷めています。 中国からの帰国者たちは、不自由な生活をすでに1ヶ月以上している人たちも多いです。 春節休みが1月24日からでした(日本人学校は23日から休みでした) 一時帰国をした方々は、ご主人だけが深センに戻りました。 残された家族は、自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型肺炎と深センと日本と私。

ご無沙汰しております。 新型コロナウィルスのニュースで持ちきりになり、日本は中国に続く感染者の多い国として世界から敬遠されるようになってしまいました。 なかなかご報告できずにおりましたが、まずは、夫も私も元気でいることをご挨拶がわりにお伝えします。 きっと、「どうしているか?」と、ご心配くださっている方が、ひとりかふたり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年快楽! <新型肺炎について>

シリーズの途中ですが、日本の友達からの心配メールなどが相次いでいます。 ここで新型肺炎と現在の深センのこと、私自身のことを書かせていただきます。 今日は旧正月の元日です。 みなさま、新年快楽! 新年好! 今年もよろしくお願いいたします。 ご心配をいただいている新型肺炎ですが、広東省の保健局から数日前より、たびたびメッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族ってなんだろう(6)役割分担

父の敷いたレールに乗っかり、私が父の望む小学校に合格したことで、私を自分の思う通りの人間に仕立て上げようと決めたのだと思う。 たぶん、それは自分が厳格な父親からされてきたことの受け売りだったのかもしれない。 母から聞いた話では、その頃、父は「自分が長女教育をする」宣言をしたそうだ。 妹については母に任せることとし、家の中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族ってなんだろう(5)両親の長女への思い

私にはおもちゃも絵本もなかった。(車と車の絵本は、引っ越しの時に消えていた) 生まれる前に用意されていた 岩波の「世界少年少女文学全集」50巻だけが本棚に並んでいた。 母は私にお菓子を与えなかった。 煮干しと、鰹節の削り終わりの小さいかけらと、バターの包み紙が私のおやつだった。 鰹節が小さくなって、もうすぐ私の手元に来るとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族ってなんだろう(4)祖母の家

母は私を身ごもると、父より一足先に実家に帰った。 母の実家は、その頃は文京区にあった。 渋谷の松濤の家は、祖父亡き後、相続税が払えずに売却したそうで、ほんの50坪ほど残った土地は母の兄の所有に移っていた。 祖母と母の妹は文京区のこじんまりした一軒家に住んでいた。 私が生まれた当初は、祖母、母、母の妹の女3人と私の平和な日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族ってなんだろう(3)父の結婚観

名古屋赴任に同行した母は、友達がいない寂しい生活を送っていた。 今のようにネットで世界と簡単につながる時代とは程遠い時代だ。 電話もないので東京と名古屋といえども、家族とも友達とも離れ離れで、お互いの様子すらわからない毎日だった。 もちろんテレビもない。 たった21歳のお嬢様育ちの世間知らずだった母は、いったいどうやって過ごして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族ってなんだろう(2)父と母の出会い

2003年頃だったろうか、母の病状が深刻になり、ほとんどベッド上で生活していた時期、世話をしに通っていた私に 「お父さんは、なんであんなにすぐに怒るのかしら。いきなり目を三角にして怒るの。」 と、母がぼそっと言ったことがあった。 私は、 「お父さんの脳には傷があるのよ。だから怒りのコントロールができないのね」 と、その場の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族ってなんだろう(1)父の生いたち

大正14年、父は九州に生まれた。 上に5人の姉がいる末っ子長男として生まれた。 父の母は女系家族の長女で、その姓を絶やさぬため婿養子をとって結婚したので、何が何でも男児を生まねばならなかったのだと思う。 6人目にしてやっと生まれた男児に、それはそれは喜んだに違いない。 父の前の直系男子は60年前だったとのことだった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族ってなんだろう ー書く理由ー

私は、普通に会話のできる父が欲しかったです。 にこにこして孫の成長を見守るような祖父だったら、お正月を施設で迎えさせるようなことはなかったでしょう。 父も 「ひとりで寂しい」 と、従兄弟を介して私に伝えるようなことは、なかったはずです。 私は、妹が白血病になり移植が行われることになった頃、父に手紙を出しました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族ってなんだろうーはじめにー

最近、 NHKスペシャルで、「認知症研究の第一人者の医者が認知症になった」という内容の番組をやっていました。 医者として認知症研究を続けていた方自身が認知症を発症し、自分をドキュメンタリーの題材にすることで自分のやってきたことが完結すると考え、この番組ができたようです。 それまで「痴呆症」などと言われていた症状を「認知症」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白血病との闘い ーその後ー

しばらくご無沙汰してしまいました。 中国深センは、これから新年を迎えます。今、歳末セールの真っ最中といったところです。 白血病のシリーズを閉じてから、しばらく経ちましたが、今の妹の状態を少しだけご報告させていただきます。 定期的に通院し、血液検査などをしていただいております。 服薬は続いていますが、合併症として心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白血病との闘いー後記ー

白血病になってしまったことは不幸なことでした。 病名を聞いた時、言葉を失いました。 今後の展開がわからないこともあり、重い病気のイメージしかなかったからです。 しかし私が知らなかっただけで、医学の進歩は素晴らしいです。 思った以上に患者数が多いことと、治療法は星の数ほどあることも知りました。 医学の力に加えて、妹の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白血病との闘い(最終回)退院

発熱の有無、血圧、採血検査などを続け、数値の変化を見れば、急性GVHDの心配はほぼなくなったという嬉しい結果を得た。 今後も感染症の不安や、まだ遅れてやってくるGVHDの心配がないわけではないが、それを病院で待っていても仕方ないということになった。 飲み薬で対応できることであれば、入院している必要もない。 ということで、一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白血病との闘い(22)退院に向けて

移植から最短で2週間で生着すると言われていた通り、妹は2週間で生着を確認でき、クリーンルームからの脱出が実現した。 やはり優等生だからだろうと、私はこの結果を予測していたようにも思う。 たぶん、自分の身に起こったことを素直に受け入れ、自分ができることは積極的に行い、自分で治癒力を高めていたのだと思う。 それを意図して意識的に行った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more