テーマ:一時帰国

ご無沙汰しております

 ブログリニューアルから、一気にテンション下がったまま、  記事の更新もブログ訪問もすっかりストップしているうちに  9月半ばになってしまいました。  気持ち的に、このブログに向き合うモチベーションが限りなくゼロに近い  ということもありますが、実際には多忙な日々を過ごしております。  演奏会の準備などで深夜遅くま…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

遊びまくりました。

3週間足らずの春休み一時帰国は、長いようでちっとも長くありませんでした。  過密ダイヤのようなスケジュールに、今回はお会いできない方々にはラインで「ごめんなさい」のご挨拶で終わりました。電話をかけなければならないところにも、バタバタしているうちにタイミングを逃し、、、ああ、ごめんなさいでした。 スケジュールは手帳にもスマ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

事件です!?

私が一時帰国した目的の一つに、留守番があります。 息子オダギリは旅行好きで、ひとりでフラ~~ッと、海外へ出かけて行きます。 オダギリの部屋を掃除していたら、見知らぬ国のお金が保管されており、それを見て 「え??南スーダン??え?」 みたいな驚きもあります。 カンボジア、ペルー、ボリビア、スペイン、カナダ、そし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一時帰国と大掃除

このところブログ放置のまま、ドタバタしております。 実は、3月15日に一時帰国してまいりました。14日、いつものように19時過ぎまで深センの家での小さな訪問者たち4人と向き合った後、荷物まとめて20時ごろに家を出発。 香港へのイミグレを通過後、タクシーで空港まで行くことにしました。ひとりでタクシーで行くのは、ちょっと贅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地元で暮らす

今回の一時帰国は期間が短いことと、夫も一緒だということもあり、なかなか友達とのランチ予定を組みにくい。 ただ、地元で親しくしている人たちとは夫も知り合いなので、一緒に会おう!ということになった。 合唱団仲間であり、次の演奏会の楽譜を用意して立て替えてくれていたから、その受け渡しという大義名分もあっての再会だ。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

滅多にない連休

前々からブログでちょいちょい申し上げているが、中国ってホント休みが少ない。 大型の連休は、国慶節期間と旧正月だけ。普通の祝日も日本に比べたら、とってもとっても少ない。 ンなわけで、とても貴重な国慶節の連休を迎え、日本で法事があるものだから一時帰国をしている。これが短い期間にあれもこれもやって、あれもこれも食べて飲まなき…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

シンメトリー

赤ちゃんの顔が、なぜ可愛くて誰からも愛されるのか! それは左右対称だから。 美人は左右対称の顔に近い。 吉永小百合が、左右対称に近い。 ってなことを聞いたことがある。 しかし、人間は成長とともに左右非対称になっていく。それは生活習慣から右手を使う作業、利き手の問題もあるし、どうしても行動のクセというものがあり、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ランチから色々と

大学時代の友、世田子とランチをした。 帰国するたびに、1度ならず2度くらいは会うことが多い大事な友達だ。 彼女が偶然ネットで見つけたという「ステーキ屋」が、なかなか良さそうなので行こう!ということになった。 人知れずひっそりと目立たぬところに佇むステーキハウスで、この地域は私のテリトリーでもあるのに、このような店があ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

真夏の帰国物語

暑中お見舞い申し上げます うだるような暑さの日本に帰っています。 この子も暑さを感じている・・・? と、思います。 今回もピアノ関連、合唱関連の諸々がありまして、長期滞在です。 すでに帰国してしばらく経っていまして、いくつかのスケジュールを…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

Mくんとのお別れ

 今回の一時帰国には、演奏会や母の十三回忌の他に もうひとつ目的があった。  私の大事な友達が、4月にご主人を亡くした。 そのご主人というのは、私の大学時代の友人Mくんだ。私がMくんと彼女と引き合わせたという経緯があるので、私にとっても大事な人を亡くしたことになる。 悲報を受けた時、すぐにも飛んでいけない距離にいること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

格安航空フライト

  17日 深センに戻った。  今までに使ったことのない格安航空会社を利用したため、いつもとは違い、家を出る時間は遅めの朝8時半で楽だった(いつもは、4時半だもん。眠いさ)  ところが、その時間帯に都合良いリムジンがなかった。こうなると、成田は遠い。重い荷物を転がして電車で乗り換え乗り換え行かねばならないのは、非常に辛い。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

癒されましょう

我が家の癒し君 おかーしゃんのお膝で寝るんニャ 「もしもし、首、辛くないですか?」 いいんニャ 何が何でも、おかーしゃんの膝で寝るんニャ 「あの~~、足が落ちてますけど」
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

空の旅~~法事

羽田ー佐賀を飛行機で往復したのは、何度目かだが、国内線というのは、こんなにも低い高度で飛ぶんだな~~と、機内から物珍しい景色に見とれているうちに、あっという間に着いてしまった。 北アルプスが、こんなにもハッキリ見えるとは知らなかった。 佐賀って、平野だなぁ。麦畑の中に空港があり、他にはなーーんに…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

空港セキュリティチェック

国内線を利用で、日帰りで羽田ー佐賀 往復した。 92歳の父は、ホテルに宿泊すると室温、枕の変化などで体調を崩すと思い込んでいるので、強行スケジュールでも日帰りを所望し、仕方なく私と妹も同行した。 母の十三回忌法要のため、父の故郷である佐賀に行った次第だ。 そのことは、後々書く(かもしれない)として、帰りの佐賀空港でのこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

親愛なる佐和子様

私が尊敬してやまない阿川佐和子さまが、ご結婚とな! おめでとうございます 私と同い年で、何かと共通項があると勝手に思い込んでいる私は、彼女の大ファンであり、実は前世では大親友だったのではないだろうか?と、思っている。 彼女の著書やテレビでの姿を拝見し、勝手に私は共通項を見つけているのだが、彼女は才色兼備の立派な社会…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

すったもんだの帰国

金曜日に帰国してきた。今回は、母の十三回忌、合唱演奏会、ピアノ連弾の会というスケジュールなので、深センの活動をお休みさせてもらって、ほぼ1ヶ月の滞在になる。 木曜日、深センでの用事を済ませて、夕方に家を出発。 いつもキャセイを利用しているのだが、初めて香港エクスプレスというのを使うことにした。小さめの飛行機で、食事も飲み物…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

中学と高校と大学の友

私は、一時帰国すると、ほぼ毎日のようにランチ予定が入り、手帳がグチャグチャになるのが常だ。 今回は、主目的が合唱団合宿と整形外科受診だから、ランチ約束は控えめにしなければと思い、実際に控えめにしていた。他に、ピアノ連弾合わせ練習もあったり、歯医者にもずーっと行っていないから、歯石を取ってもらわねば、、、などなど。。。あ、実家の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

初MRI検査

火曜日、MRI検査があった。私は初めてのことで、色々な人から 「狭いところでジッとしなければならなくて、大きな音がガンガン鳴るし、嫌な検査よー」 と、聞かされていたので覚悟を決めて臨んだ。 私の場合、首だけなので、さほどの閉塞感もなく、音もさほどのモノでもないな~というのが感想。 ただ、頭を乗せる場所にしっかりと乗…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ジャパーーーン(笑)

日本での生活を満喫中 夫には申し訳ないが、英気と栄養を 友と話すことで元気になり この子が私にしがみついていることが、何よりも幸せで こんな新顔がお掃除してくれて 息子が来た時には、こんな和風な食事を用意して母親っ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

日本滞在 写真編

 24日に深センに戻った。その日の東京は、54年ぶりで11月に初雪というありがたくない記録を更新した日だった。  いつものように早朝4時半に家を出発する時、まだ雨だったが、途中から雪になり、成田に着いた時には「ヤバい」状態だった。案の定フライトは遅れた。相当な揺れを覚悟していたが、それほどでもなく、香港に無事に到着した。  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

じゃぱーーーん

香港や深センよりかなり気温の低い日本に帰っている。 前記事の「強父論」を急いで読んで、バタバタとブログ記事をアップするや否や、スーツケースを転がして外に出た。薄暗くなりかけた深センの街角でタクシーを拾い、香港空港に向かったのだ。 夜8時近くに着いた香港空港で買い物をし、スーツケースにお土産をぶち込みチェックイン。ひとりで…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

電車の中で

 日本に滞在中のこと、、、  始発駅から電車に乗ったら、私の隣にかわいい親子が座ってきた。小柄で、まだ少女に見えるような若いママは、座った息子の靴を脱がせていて、私はそれだけでも感動した。中国では靴を脱がすことはないので、隣に座った子供に汚い靴で蹴飛ばされることが多い。日本人のマナーが、この若いママにも浸透していることに安堵を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

深センに戻った

スペイン料理や(『トレンデ・ノーチェ』) 神楽坂の鳥茶屋や 大戸屋でのひとり飯やら 娘婿が用意してくれた朝食や 友達の手料理や 友達オススメのお鮨屋さんの厚焼き卵だったり 飲み放題には、足繁く通い 新宿の『カフェ・ランブータン』で美味しいメカジキや パンの食べ放題に小躍りしたり …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

歌った♪

 今夏の帰国目的は 娘夫婦の旅行に伴う留守番だったはずだ。 だが、すっかりその本来の目的が霞んでしまうほど、滞在期間は充実の日々で大満足だった。  本来の目的の次くらいに当たるのが、ピアノ連弾曲を決めることだった。毎年テーマを決めてピアノに精進し、その結果をお互いに聴き合う「勉強会」に参加しているが、今年のテーマが「連弾」(…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハードスケジュールをこなす

早くも8月に突入してしまった。 ブログ更新も、訪問もできないまま、とにかく毎日が忙しすぎてアイドル並みだ。 手帳を見てみれば、15日に帰国してから予定のない日は17日の日曜日だけだった。 毎日、ランチ予定やら夜の飲み会ありで、ダブルヘッダーの日もある。 もちろん土曜日には合唱練習に参加して、アフターレッスンもありとい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

居場所

私には、居場所がない! と、追い詰められた気持ちになり、落ち込んでいたここ1、2ヶ月だった。 深センでも日本でも、私には居場所がない!と、夫に言っていた。 居る場所とは、私が生き生きしていられて、私を迎えてくれて、必要とされるということなのか。自分がなんのためにここで生きているのかわからなくなり、見失いそうになってしま…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ジャパーン

それは、全く急な話だった。 14日の昼ごろ、会社にいる夫から 「Eチケット取れたから、今夜空港へ」 と、メールがきた。 当初予定は16日帰国のはずだった。ところが、早まってしまった。さて、それから慌ててパソコン開いて、チケットをプリントアウトし、スーツケースに着替えなどを詰め込んだ。日本の友人に頼まれていたも…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ドタバタ一週間

 中国の端午節に絡めて会社が4連休になるというので、有給休暇を足して1週間の休みを作ってどこかに旅行しよう!と夫が提案した。私はあまり乗り気でもなく・・・なかなか予定を決めずにズルズルしているところに、日本での用事がいくつかできたので  「日本ならいいけど」 と、返事をし、だったら国内旅行も含めて日本に帰ろうということになった。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more