テーマ:

92歳11ヶ月3週

 あと1週間ほどで 93歳になる「父のその後・・・」 は、どうなったかといえば、、、  結論から言えば、良いことは何もない。  むしろ、悪いことが積み重ねられ、その対応をひとりで担っている妹の負担が増すばかりという状況だ。  年末年始に妹が実家に泊まり込んだことで、父は多分ある計画を練ったに違いない。  3日まで…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

特殊な家庭事情

「父のことを書いた前記事」の続きになるが、妹も私も、普通の育ち方をしていたなら、進んで父の面倒を見ていることだろうと思う。  というか、父が普通のちょっと頑固で、ちょっと短気な程度の老人なら、私たちは、「ああ、まただわ」とかなんとか言いながら、きっと世話を進んでやっていると思う。  いや、妹は自分の気持ちを押し殺し、とてもよ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

これが介護の現実ですか?

 年末に重いテーマの記事で恐縮です。  父のその後は、「圧迫骨折」が急に良くなるはずもなく、厄介な状態が続いている。 妹のおかげで、民間の派遣ヘルパーを使って、ほぼ毎日、誰かが何時間かは家にいる形が整った。  介護認定は申請中ながら、父のような状態で「一人暮らし」であっても、介護度は期待できないらしい。以前にも書い…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

歳をとるということは・・・

「父が背骨の圧迫骨折」をしてから、記事を更新する間も無く、1週間が経ってしまった。  何もなかったわけではない。  それどころか、毎日、次々と事件が起こり、妹は父に振り回され続けた。今も進行形。  ざっと時系列で並べれば、 12日 腰が痛くてたまらないから、早く来てくれ。 で、圧迫骨折だったことは前記事の通り。 …
トラックバック:2
コメント:9

続きを読むread more

「父は元気です。」では、なかった!

先日から、何かとお騒がせの続く父 「父は元気です。」と、書いた時には、周囲が驚くほどの回復ぶりで、その後も順調に傷は治り、完全抜糸が終了した後は整形外科通院もなくなり、日常が戻ってきた。 と、思っていたのもつかの間! すっ転んだ時に打ったと思われる腰の痛みが、日に日に増してきて、もうどうにも動けん! という連絡が妹に…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

父は元気です。

その後、「父の怪我」が、どうなったか?と、ご心配くださっている方もいらっしゃいますので、ご報告させていただきますと、、、  私は見たわけではないので、すべて妹からの連絡によれば、すこぶる順調な回復ぶりだそうです。 耳たぶざっくり切れて、15針縫う手術をして頂き、その後は消毒のための通院をしていますが、経過良好で、本日半分ほどの抜…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

「父と娘」シリーズ続編

期せずしてシリーズ化してしまった感があるが、「父5秒 娘往復4時間」を投稿しようとしているリアルタイムで、妹からの連絡が入り、やりとりしながら内容を付け足してアップしたのが前記事だった。  実のところ、朝の6時半から電話をかけてきて、 「転んで耳を切った。血が流れている」 と、父からの報告を受けた時、妹はバタバタと用意をしなが…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

父5秒 娘往復4時間

 私には4歳年下の妹がいる。   長女である私は、持ち家を決める際の条件として、実家に簡単に行ける範囲の場所で探した。それは、父のためではなく、若い頃から病気持ちの母のためだった。妹は旦那様の仕事の関係で、結婚以来ずっと実家から遠く離れたところに居を構えている。それは仕方がない。私も若い頃には、海外生活で遠くに離れていたのだから、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

父92歳、娘63歳!

 たまに思考が後ろ向きになる私がいる。 とくに理由はないけれど、  「私は、何やってるんだろう」 と、思うことがある。  誰もが毎日を生き生きと暮らしているわけではないのは重々承知しているが、生きていくのは大変なものだな~などと、立ち止まることがある。  ずっと書こうと思いながら、書いてはまとまらずに放り出してあっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

私の子育て

前記事「家族の団欒って!?」に寄せてくださったコメントから、自分のことも書かねば片手落ちだな、と思い続編ともいうべきものを書くに至った。  実は、前々から、自分が親としてどうだったのかについても書こうと思い、何度か書きかけたが投稿できずにいた。 まあ、それには色々な理由があるのだが、、、ひとつには、当ブログの軽くオチのあるおちゃ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

家族の団欒って!?

 私の子供時代のことは、当ブログで何度も何度も書いたことがあるので、だいたいの様子はご存知の方も多いと思う。それはそれは厳しい暗黒の時代だった。  「厳しい父」 という存在は、昭和のあの頃には普通に多かったかもしれない。 だが、我が家の場合は、少し違った。 父自身が、自分の口で  「俺は子供が嫌いだ」 と、子供を前に言うよう…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

父、92歳

父は92歳にして、一人暮らしを12年している。(正確には、母の入院中から数えて14年になる) 洗濯も掃除も料理も、ひとりでやっている正真正銘の一人暮らしだ。 その父が、「92歳独居老人の一日」というエッセイもどきを書いたらしい。 「自筆書きを、今、事務所の女の子にワープロで打ってもらっている」 と言っていた。 (たぶん…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

論文を書く父

 例年、お正月の2日は実家に妹家族と私の家族とで集まり、父の話を聞くのが習わしだ。  当然ながら、今年も我々は不参加だ。娘夫婦と息子が行ってくれた。  夜になって、家族のグループチャットに  「今日は、お疲れ様」 と送ると、娘からの返事が長々ときた。  それによると、妹家族と、娘夫婦、息子が実家に集まると、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東京に雪

 豪雪地帯の方々には笑われることながら、東京というところは、ちょっとの雪でも大混乱が起きる。  週の初めから、交通網が大幅に乱れ、電車の本数が間引かれたことで駅への入場制限があったり、途中駅で下車できずに押し戻されるほどのラッシュだったり・・・。  我が家の娘夫婦も、それぞれに会社まで行くのに大変だったようだ。  婿さ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

快気祝いと誕生日と 落ち込みと

 父の快気祝いand誕生祝いをした。(1月25日に)  24日に89歳になったことと、三角巾が取れたことがタイミングとして一致したので、急遽、そういうことになった。去年は米寿のお祝いをホテルで開いた。今年は、プレゼントを用意してあっただけで特別なことをするつもりもなく、いつもの誕生日と同じように、私が届けにいくだけで終わる…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

終わった

 12月16日に転んだ父は、本日めでたく「治った」  全治1か月と言われ、本当にほぼ1ヶ月で治った。  本日(21日)、整形外科に連れて行き、すぐレントゲンを撮って頂いた。  結果  「ああ、骨くっつきましたねえ。」  ただし年齢的なものもあり、肩や周辺の骨が細く弱くなっているので、ぶつけたり再び転ぶような…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

怒られること

 父の介護は続いている。  朝の着替えには、身体拭き、足洗い、朝食、洗濯までついてくる。夜は寝間着への着替え。  父も自分でできないもどかしさを感じているのだろう。もうそろそろ1ヶ月になろうとしているので、この生活がいつまで続くのか、苛立もあるだろう。  今朝は、少し遅れてしまった。昨日の夜、夫が飲み会で帰宅が遅か…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

あの時代の父

 前記事のコメントを寄せてくださった方から  「この本を読んでごらんなさい」 と、ページ指定までされたので、ちょっと面白いと思い、早速ネットで取り寄せてみた。  立ち読みで良いから・・・と書いてあったが、立ち読みのために、目の前の本屋に行くのさえ寒くて億劫で(笑)  いやいや、その数ページだけでなく、全体に面白そうだ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

肩すかし

「今日は・・・」 覚悟を決めて実家に行った。  ひとりで行く時には、実家に到着するまでに10回以上はため息をつくが、夫に同行してもらったこともあり、1度のため息で済んだ。  平日なのに夫が顔を出したことで、父は驚き、そこに全神経がいったらしく、昨日のお弁当未配達事件のことなどすっ飛んだのだろう。そのことには触れず  「…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

明日もまた・・・

 年末年始の休みが終わり、今日6日から父の着替えのためにヘルパーさんが来てくれるので、やや安堵。  月曜と金曜の朝だけでも、私が行かなくて済むのは本当に助かる。 年末年始を挟んで仕事が入っていたので、今日は一日中机に向かって赤ペンを握りしめていた。私の添削仕事が忙しいことを理解している妹が、夜の着替えを買って出てくれたおかげだ。…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

堅苦しいお正月

   毎年 1月2日は、実家に集まることになっている。  妹家族と私たち家族で、簡単なお昼やお菓子を持ち寄って集まる。  妹が飲み物、お菓子類を持って来て、私は、おせち、ローストビーフなどを持って行った。  娘は、初めて作ったという「黒豆」を持参してきてくれた。  よその家でのお正月の集まりに何…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

介護認定調査

 88歳11ヶ月になって転んで骨折した父は、初めての介護認定申請をした。    高齢であり、近所付き合いの薄い男性であり、一人暮らしであることを考えると、私たち姉妹は常々から  「いざと言うときのために、今のうちに介護認定の申請だけでもしておいた方がいいわよ」 と、言っていたのだが、本人は頑に拒否し続けていた。  「娘…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

壊れては いられない

 前記事で 色々とご心配を頂いてしまいました。ありがとうございます。私は、子供のころから、父の暴言に育てられ、悲しい気持ち理不尽な思いを文章にすることで整理し「過去のこと」として閉じ込める習慣があり、今回もついついブログで代用してしまいました。  さて、こんなことで壊れてはいられないと思います。  が、身体が壊れました。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

私 壊れているかも

 何があろうとも 私は父の着替えに出かけている。  フィギアスケートの臨場感を味わっている途中でも、寒くて凍り付くような夜でも、冷たい雨に降られても、喉が痛くても、咳が出ても、、、父の着替えは当たり前のように行われる。  それは、続けていくうちに慣れてくるものだ。フィギアスケートが見られなくても、寒くて震えても、冷たい雨に髪…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

怒鳴る

 骨折から10日が経った。私には長い10日間だった。そして、これからもまだまだ続く身体介護  25日は、初診以来の整形外科外来の日だった。  今年はクリスマスイブもクリスマスも ない。  いつものように実家に行き、朝の着替えをさせ、朝食を作り、食べさせたら片付けをして。仏壇のお茶とお供えもして。その間に洗濯をして干して…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

冴えないXmas

 再び Merry christmas!  24日  朝は、いつものように父の着替え。 いつもと少し違うのは、父が仕事関係者と会わなければならず、その都合に合わせて 朝8時半までに行ったこと。着替える洋服が外出用のものであったこと。  8時半に絶対遅刻できない。緊張の朝だった。  朝食を作り食べさせ、片付けま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

モヤモヤっと。

   Merry Christmas!  (24日の長野県和田峠)  父の骨折から1週間。私の生活は激変した。ほぼ毎日、朝と夜の2往復、実家に通っている。  毎朝、自分の朝食を食べずに、家のこともそこそこに実家に行く。着替えさせ、朝食を作り、ご仏壇のお茶とお供えを取り替え、父の食後の食…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

依存症か!?

 またまた父の話題で申し訳ないが。。。  凝り性というのか、父は「これ」というものを見つけると、誰がなんと言おうとも信じて疑わないところがあり、「それ」に すがる習慣がある。  例えば、私が高校生のころコンフリーという葉っぱがもてはやされた時期があった。非常に生育の速い大きな葉は、表面に産毛がちくちく生えていて決しておいしい…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

よれよれ老老介護

 ご存知の通り、私はつい最近60歳になった。 テレビのニュースで 「60歳以上の高齢者が・・」 なんていうのを耳にすると、ああ、88歳の父と私は同じ分類をされているのだな~と感じる。  その60歳の私が、88歳の父の着替えなどを手伝うために、朝と夜に実家に通っている。  ご存知かどうか、父は80歳の時に連れ合いを亡くした…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

「やっちまったなー」第2弾

「前記事でご紹介した通り 右上腕部骨折をした父」は、幸いなことにズレていない軽い骨折だったため、三角巾と腰痛ベルトのようなマジックテープで留めるバンド状のもので固定するだけで処置は終わった。  そのまま家に連れ帰ってから、私は手早く社会福祉協議会へ連絡したり、地域包括支援センターに連絡して、介護認定の申請手続きを急いだ。  …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more