テーマ:雑記

週末

ご存知、我が家の同居人は飲酒にまつわるエトセトラでネタの宝庫なのだが、このところ酔っ払い捕獲ができない地域に住んでいる事情を鑑み、どうやら自粛している様子だ。  それはめでたしめでたしというところだけれど、この男、隙あらば昼間から飲みたくて仕方ないものだから、休日になると外出を促し、出先で飲むことだけを考えている節がある。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

正論ってダメですか~?

 世に言う「くだらないワイドショー」を、ぼーっと見ておりました。    (朝からテレビが付けっ放しの我が家です)  三重県の某市の商店街を歩く「正論おじさん」のことを取り上げていました。  ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、かいつまんで説明すれば、 商店街の歩道に飛び出した看板や、ちょっと停めてある自転車を勝手に…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

チューサイ って何!?

     中国在住の日本人妻たちの書いているブログを拝見すると、中でたびたび登場するのが  「駐妻」(チューサイ だったり、ちゅーさいとも書いてある)という表現だ。  この表現、私の長い海外経験の中で初めて知る言葉だ。  私は、その昔から、出向社員の妻をやっていた。今は、現地採用社員の妻だ。駐在員の妻になったこ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

脂肪肝を育ててます。( ´Д`)

 最近、NHKでも民放テレビでも 「脂肪肝」について取り上げていました。  何かあるの?  脂肪肝ウィークとか、何かあるんですか?  それはともかくも、隠れ脂肪肝という言葉もあるらしく、飲酒せず、健康に気を使い、運動もしているような不摂生とは無縁の人でも、生活習慣の中に引っかかるチェック項目があるようです。  ま…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

やりきれない

 今朝、号外として飛び込んできたニュースに、午前中一杯はテレビの前から動けずにいました。  登戸というところは、私にもなじみ深い地名です。  住まいは遠かったものの、通学で使っていた電車の乗換駅です。  被害に遭われたお子様達が通うカリタス学園は、私の友達が通っていた学校ですから、名前は小学生の頃から知っていました。今回の…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

パソコン復活です。

 何がどうなったんだかわからないのですが、夫があれこれと調べて、実験のようにトライをしてみているうちに、パソコンが元のように戻りました。お騒がせいたしました。  中国では、何かと制約がありますので、日本でのネット利用とは最初から大きく違います。検索しない方が良いワードもありますし、制約を受けているものに関してはVPNを繋がないと利…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

二転三転どこまで転ぶ?

 何年経っても慣れないことがあります。 中国の習慣というのでしょうか、きっちりした日本人には理解しにくい緩さが時には心地よいのですが、振り回されて迷惑なことも多くあります。  我が家の剥げ落ちた天井や、カビでぼろぼろと壊れ始めている壁について、オーナーが修理を言い出したのが急で、我々は振り回されている感がありますが、さら…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ブログってすごいね

 悩ましいブログ記事が続きましたので、趣向を変えます。 タイトルが、なんだかバカっぽいかもしれませんが、このところ感じている言葉のまんまです。  凹むような、悔しいような、腹立たしいような、そんなことに遭遇した時、自分のメンタルを正常に保つためには、どうします?  私は書くことが一番の薬です。  パソ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

気持ち どよ~んです

 私の中国居留許可申請については、「書類の不備により受け付けてもらえないまま」の状態が続いています。(今日も長文です)  何もやらなかったわけではなく、書類を全て作り上げ準備しました。(私がやったわけではないけど) 1、Basic Document 1)Passport 2)VISA Application fo…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

令和の最初には・・・。

 令和元年を迎えました。   平成最後の記事が、重苦しく冴えない内容でしたから、令和は楽しい話題から始めましょう。  我が家に来てくれる小さなお客様は、みんな可愛いです。  ミトちゃんが帰国して寂しくなりましたが、  ポストミトちゃん います。  …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ありがとうございます。13周年です。

一昨日、このようなメールが届きました。 ウェブリブログに登録してから、あと2日で13周年になります。 ウェブリブログ事務局のまーさです。 ご利用いただき、ありがとうございます! アンダンテに・・・ この13年間にあなたのブログで生み出された訪問回数は・・・ 10…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

・・・様への手紙

 あんぽんたん女子さま  深センは毎日のように雷雨が続き、湿度も高くなってまいりましたが、お変わりございませんでしょうか?  5年前に私が中国に来る時から、あんぽんたん女子様にはとてもお世話になりました。 あの時、あんぽんたん女子様が説明してくださった通りに、私どもは書類を準備し、在日中国大使館にも出向きました。そのおかげ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

騒動4 先がわからないけど、これからです。

 今回の騒動を整理してみます。  何が困っているかといえば、つまりは私の中華人民共和国外国人居留許可証の更新手続きが行えなかったことです。  更新ができないとどうなるか。この国に住んでいてはいけないということです。  解決策としては、 1、日本に帰る 2、更新を行う 私は個人的希望をいえば 1、で良い、、、1…
トラックバック:1
コメント:25

続きを読むread more

騒動3 とりあえず2週間はOKです。

同行者との約束は「 18時に決まったはずですが 」 18時が 19時に変更になり、 19時が20時に変更です。← ほらね、信用できないんだから・・・  じゃあ、夕食はどうするのよ!  ってことになります。  私は自分が空腹を感じていなくても、主婦の本能で常に食事のこと、その段取りが気になります。 なにしろ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

騒動2 「どうなるの私??」

 どうやら、騒動は長丁場になりそうなので、  ここから勝手にシリーズ化です。  毎年繰り返されてきた外国人居留許可の更新が、今年は申請すら受け付けてもらえず門前払いだった事情は 「騒動1」に書いた通りです。(が、日中は雷雨が激しく家から出られませんでした。)  案外、気の小さい私は気を揉んで、胃がキリキリしま…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

騒動1 「トラブっています」

 海外に住んでいて面倒な手続きのひとつが、中華人民共和国外国人居留許可の更新です。  国によって違いますが、中国は1年更新です。その手続きは、結構煩雑です。会社の女子に頼んで、日本の戸籍謄本の翻訳など いくつかの書類を用意して公安に出向かなければなりません。 書類には現在の写真が必要で、いつも同じところで写真を撮っていただいてい…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

春は別れの季節

 海外生活を長くしていると、多くの人と出会えるものの必ずついてくる「別れ」があります。  今まで、どれだけの人とお別れしてきたことか。  海外では近所に住んでいても日本に帰れば住む地域が遠かったり、そのまま海外に行く人もいて、そのうちに連絡をしなくなり連絡先も不明になることは、しばしばあります。    深センに5年も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

遊びまくりました。

3週間足らずの春休み一時帰国は、長いようでちっとも長くありませんでした。  過密ダイヤのようなスケジュールに、今回はお会いできない方々にはラインで「ごめんなさい」のご挨拶で終わりました。電話をかけなければならないところにも、バタバタしているうちにタイミングを逃し、、、ああ、ごめんなさいでした。 スケジュールは手帳にもスマ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

超リアルな夢にうなされます。

 春休み帰国を終え、4月3日に深センに戻りました。その翌日から、夫は4連休。4月5日が「清明節」で祝日になっていますので、その前後を加えての4連休ということです。  ご存知の通り彼は回遊魚ですから、出かけたくて出かけたくて仕方ないようです。私は日本での過密スケジュールと、早朝4時半に家を出発して香港空港に到着してからの深センへ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

事件です!?

私が一時帰国した目的の一つに、留守番があります。 息子オダギリは旅行好きで、ひとりでフラ~~ッと、海外へ出かけて行きます。 オダギリの部屋を掃除していたら、見知らぬ国のお金が保管されており、それを見て 「え??南スーダン??え?」 みたいな驚きもあります。 カンボジア、ペルー、ボリビア、スペイン、カナダ、そし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマが投げかけたもの

 私は、テレビドラマが好きです。  今季、とくにハラハラしながら観ていたのが  「3年A組 みなさんは今から人質です」 とかいうドラマ。  最初は、なにごと!?  と、あまりの奇抜な出だしに、これは観るのをやめようかと思いながら、  永野芽郁ちゃんが出ているので、ついつい見入ってしまいました。  途中から、「…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

この5年で・・・(5)

 住居シリーズが続きましたが、住居は今のままという振り出しに戻って落ち着いたところで、  深センの街の様子を記録しておきたいと思います。  この5年ほどを見ているだけでも、深センは大きく変化し続けています。この勢いは、たぶん中国の中でも注目に値する発展だと思います。中国の大都市といえば、北京、上海が思い浮かびますが、今や深セ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この5年で・・・(4)

 中国暮らし6年目に向けて、今年こそは引っ越し実現か!?    とうとう冷蔵庫がキッチンに入る部屋に引っ越せるのか!?  と、壮大なスケールで(??) 立ち上がった  「yu_mama 冷蔵庫 in キッチン引っ越しプロジェクト」は、簡単にボツになった。  一応、やるだけのことはトライして、予算に見合う範囲内に 「…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

この5年で・・・(3)

 シリーズ化しております。 (笑)  近隣の物件を探すため、会社の女子(通訳代わり)に来てもらって、3人で不動産屋に行きました。  不動産屋のお兄さんに、今、我々が住んでいるアパート内で、他にもっと広い部屋がないものかを聞いてみると、意外にも  「今のあなたの住まいが一番広いタイプです」 という答えでした。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

この5年で・・・(2)

 5年も 同じアパートで暮らしていれば、壁や天井の一部が剥がれ落ちます。    (日本でこんなことあります?? )  天井にいくつかの穴  塗り壁が毎日ポロポロと粉になって落ち  壁にカビ  深センで、こんなのは当たり前ですから、我が家にいらっしゃるお客様たち どなたも驚きもしないどころか  「…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

この5年で・・・(1)

 夫が深センに住居探しを含めた出張に来たのが、2014年3月でした。  通勤には時間がかかりますが、環境を考え、居住区域を絞って探したようです。 私は同行していませんでしたので、スマホに映し出された画像を見たものの、様子がわかりませんから口を挟むこともなく、夫が決めました。直感で良いと思った物件が、返事に手間取っている間に他の人…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

相談窓口!?

  ひょんなことから、自分の子供くらいの年齢の男子からの「お悩み相談」を受けています。  ずばり恋愛相談です。  彼とは日本在住中に文化的活動を通して知り合ったのですが、半年ほど前から、日本と中国の間で文字によるやりとりが続いております。 週1程度のやりとりながら、彼の「一目惚れ」女性に関するあれこれを相談されております…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ブーメラン

 ブーメランという言葉を耳にします。  自分が誰かのことを批判すると、そっくり自分に返ってくるという意味です。  長いこと生きてきた私には、そろそろグサグサとブーメランがいっぱい戻ってくる時期かと思いまして、 ヒヤヒヤしながら日々を過ごしております。  どんだけ悪態をついてきたか!?  …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日常は戻ってきました

 春節の休みで、1週間、2週間と間が抜けて、久々にお会いするお子様たちが先週から戻ってきました。  こういう休みの時、目先を変えた宿題を出すのが常です。  いつものテキストとは違う楽曲をそれぞれの子たちのレベルに合わせてチョイスし、プリントして渡しています。  深センに無事に戻った翌日から、私の日常は再スタートしました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何回、、、曲がったのやら

   「お肌の曲がり角」という言葉が、まだ生きているのかどうか存じませんが、私が生きてきた昭和の時代には、25歳がお肌の曲がり角などと言われていたものです。  25年に1度曲がるのか、それとも25歳を過ぎたら加速度的に5年に1度は曲がるのか、そのあたりの詳細はわかりかねますが、私なりに我が身を持って何度曲がったのか計算いたします…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more