白血病との闘い(16)移植について

4月から始まった抗がん剤治療は、全行程の4クールを終え、8/26に寛解状態で退院の運びとなった。

次に行う治療は移植になる。これは少し先の話になる。

それまでの時間は、ある程度の制限がかかりながらも普通に日常生活を送ることができる。

退院を前に移植の説明があり、妹からメールで報告があった。

これがなかなか私には理解できないような難しい内容なので、ここで記して間違いがあってはいけないので詳細を書くことは控える。

が、大雑把にまとめれば、一般的によく聞く「骨髄移植」というものをフル移植とすれば、妹が受けるのは「造血幹細胞移植」というものでミニ移植と呼ばれるものになるそうだ。ドナーの骨髄の中の造血幹細胞だけを利用し、点滴のような形で移植をするということのようだ。
ドナーの造血幹細胞内のリンパ球が、患者の持っている癌細胞を縮小する効果があることがわかっており、骨髄を大きく破壊しなくて良いミニ移植は、高齢者などに施される一般的な方法らしい。移植前の処置も、フル移植に比べれば少し楽らしい。

移植8日前から化学療法および放射線照射が実施され、白血球を減少させていく。そこに移植された造血幹細胞が入り、患者の血球とドナーの血球が混合状態になり、徐々にドナーのリンパ球が患者の造血細胞をやっつけていき、ドナーの血球に入れ替わっていく。
これを同種による「移植片対腫瘍効果(=GVL効果)」という。

移植後に気をつけねばならないのは、
① 免疫力がなくなるので、細菌、真菌、ウィルスに感染しやすくなる。
② ドナー由来のリンパ球が患者の正常細胞も攻撃し、腎臓、肝臓、皮膚などに異常をもたらす場合がある。
 これを「移植片対宿主病(=GVHD)」という。(予防の点滴はしていく。)

また、移植が生着しないケースもあることは覚悟しなければならないことや、再発の可能性もゼロではないことは承知しなければならない。

そのようなことから、移植後は、どれほどの入院期間になるかは個人差が大きいとのことで、何事もなければ3ヶ月程度で長くなれば1年以上というケースもあるそうだ。そして退院後に普通の生活を送れるようになるまでには、時間がかかることも覚悟するように言われたらしい。

今まで自分の持っていた免疫がリセットされるので、水疱瘡や麻疹などの予防接種も順次受けなければならないらしい。


妹は4月の発病当初は、自分が白血病患者であるという実感があまりない様子だったが、さすがに何度も入退院を繰り返して抗がん剤治療を行ったり、移植の話が現実的になってきたら様々な覚悟がしっかりしてきたように思われる。

移植後の半年間ほどは、今までのような普通の生活に戻れないかもしれないと思うと、今回の自宅にいられる期間にあれもこれもしておきたいという欲が出ているようだった。

まずは、旦那さんが会社を休める時期とSちゃんの仕事との関係など調整をし、家族での旅行計画を立てるようだった。日々の暮らしの中では、Sちゃんと近隣へのお買い物に出たり、カフェでスイーツを楽しんだり、生まれてくる初孫のために産着を作ったり、編み物をして過ごしているようだった。

常に自分の意思をしっかり持ち、先を見据えて今やるべきは何かを考え、できないことを数えるのではなく、できることをやっていくという姿勢は素晴らしいと思う。

8/26の退院前に「クリーンルーム体験宿泊」というのがあった。これは、移植の前処置から移植後しばらくを過ごす特別な部屋だ。ガラス張りの部屋の中央にベッドがあり、その横には便器が設置されている。いちいち入室しなくても看護師から様子が見える環境にあり、患者を見舞う家族はガラス越しに電話でしか会話できないという厳重な無菌室ということだ。パジャマなど差し入れも看護師の手を通して渡される。
妹は、そのクリーンルームの使い方を体験してから退院した。

トイレにドアもなくベッド横にむき出しで設置されている様子に
「まるで刑務所ね。入ったことはないけど」
と、妹は明るく笑って言っていた。用足しをするときには、スクリーンをリモコンで降ろすらしいが、ふだんはスクリーンは開けておくことや、移植後に免疫力低下により下痢を起こす場合があり、トイレがベッド脇にある有り難さを感じるようになるらしいことなど、平然と説明してくれた。

治るため、日常を取り戻すため、病気を忘れるくらい元気になるため、移植をして少しの時間はその行動が制限されても耐えることを妹は自分の中で決めているのだろう。くよくよせず、現実を受け止め毅然とした態度でいられる妹を私は尊敬する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)