白血病との闘い(11)第3クール(6/24〜7/24)

3クール目になる妹の抗がん剤治療は、今までと同様に続けられた。

今回の抗がん剤投与でも、また高熱が出たり、喉の奥(頸部?)がパンパンに腫れ上がったり、副作用、反応は出たようだが、そのつど対処してくださっている。食事が摂れなくなることもあるが、そんな時でもゼリーなら食べられたと言い、なんとか口から栄養を取ろうとする積極的な姿勢は素晴らしいことだと私は感じていた。

一般病棟とは違い無菌病棟に入院しているとはいえ、絶対的な無菌状態など、なかなかできるものでもなく、患者は清潔を義務付けられている。高熱や貧血状態でふらつく時以外は、毎日シャワーを浴びる。手洗い、うがいを頻繁に行い、手がカサカサになるので保湿剤を塗っているという。

病院の食事というのは、だいたいが美味しくないというのが定番のようで、ここでも食事に不満を持つ方々は多いそうだ。妹は、美味しいか美味しくないかという判断ではなく、食事を口から摂ることが体力維持に繋がるし、病気に打ち克つ原動力でもあると思って食べているという。量に関しては若い男性と同じ盛り付けでは食べきれないので半量にしてもらっているようだが、出されたものは残さず食べることを自分の仕事くらいに思っており、そのことについても看護師の間では評価されていたようだった。
それにしても、この病院の献立を考えている方って、どのようなコンセプトで決めていらっしゃるのか・・・。
ソーメンとご飯、ラーメンとご飯、ナポリタンとやきそば。こういう組み合わせで食事が出てくることが、結構あるらしい。
「斬新な組み合わせよね、炭水化物×炭水化物って」と、妹から写真付きで報告があると、私も悩んでしまう。病人に炭水化物がそれほど必要なのか?ちょっと疑問だ。

入院中に好中球が減ったので無菌食にになった!という報告があった。抗がん剤が悪玉だけでなく善玉もやっつけてしまうことで、少しの菌でも悪さをしてしまうということなのだろう。


抗がん剤の影響で続いていた微熱が、7月11日には高めに上がった。38度を越えたら抗生剤を変えるように医者から指示が出ていたようだが、その日の夕方の検温で37.9度ということで、看護師は悩んでしまう。38度に近似値でありながら、38度ではないことで、抗生剤を変更すべきかどうか判断がつかず、患者である妹にその迷いを訴えかけてきた。看護記録に残すので、37.9度と記して抗生剤を変更しないと医師に何か言われるのではないか?しかし、38度になったら変更だと言われている指示があるのだから、それに従うべきか、、、、悩んだ挙句に、もう1度検温すると37.6度。ふたりで大笑いしたそうだ。

結局、次の日には38度になって抗生剤を変えたという。抗がん剤の効果と副作用と、熱が出れば採血検査、抗生剤の選択などなど、やはり病気をひとつ治すにも一面からでは解決できないということだ。医学の進歩に医者は勉強を続けなければならないし、新薬の開発も進んでいくので、それらの知識も常に更新しておく必要があり、大変な仕事だと思う。医者嫌いを公言している私はそろそろ医者を信じ崇めようかな、と思い始めている。

点滴用のカテーテルを入れるルートとは別に採血用のルートも必要で、それを使い続けて雑菌が入らないとも限らないし、入院中はあらゆる角度から患者を見ていかねばならないので、医者のみならず看護師の仕事も大変なものだと思う。

17日になると、白血球が上昇し、血液培養検査でも変な菌は発見されなかったということで、次の一時退院の話も出てきた。

長い入院生活になると、同病の方々との交流もでき情報交換をするようになる。血小板が少なかったために移植準備を見合わされた方がいらしたり、移植の年齢制限(移植される側)65歳を少々越えていても、体力があればできるという話など、妹は色々な立場の方のお話を伺っているようだった。

ここでも私は知らなかったことを知る。ドナーになるには55歳という年齢制限があり、される側には65歳という壁がある。私はすでに制限を越えていて、今から白血病になった場合には、移植をしてもらえないんだなぁと思いながら、妹が私より4歳年下で良かったと思った。

この直後に妹のスマホが突然に作動しなくなり、家族との連絡も取れず大変だったらしい。この時代、入院していても海外にいても、すぐそこにいるかのように繋がれるという利点がある反面、それがひとたびトラブルで繋がらなくなると驚くほど不自由を感じる。

そんなこんなのゴタゴタもあったものの、妹は無事に次の一時退院を迎え、7月24日に自宅に戻った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)