ポイズンドーターホーリーマザーから

私は、湊かなえさんの小説が好きです。ほとんどの作品を文庫本で持っています。
(単行本では買ったことなくて、、、すみません。誰に謝るやら)

前にも、このブログで取り上げたことがあるのですが、
「毒のある母親像を書かせたら湊かなえの右に出るものなし」
っていうのが私個人の感想です。

私自身が自分の父親のことを「毒親」と思っているために、この著者にも複雑な母娘関係があるのではないか?という想像も私個人の勝手な詮索です。

wowow premiumでドラマ化されたものを見ました。寺島しのぶと足立梨花の母娘。とくに寺島しのぶの演技力のおかげで、かなり迫力ある毒親が描かれています。でも、タイトルにある通り、poisonなのは娘であり、母はあくまでも聖母なのです。そのあたりの複雑さ、わかる人にしかわからないもどかしさ、
「私は、よくわかるよ」
と、思いながら見入ってしまいました。

ドラマの最後の方で、娘の友達が
 「あなたは、自分がうまくいかない時には、いつも母親のせいにして母親が悪いって言ってきたよね。」
ということを言う場面があります。(セリフは、この通りではないです。物覚え悪いので、大体の意味合いで書いています)

私の胸にも突き刺さる言葉でした。私も都合悪いことが起こると、すべて父のせいだと思ってきました。今でも、そのように思う気持ちは変わらないのだけど、それを周囲に伝えても本当のところは理解されず、そういうことを言う私自身が毒娘になってしまうのだろうな、と気付かされた思いです。

家庭内のことは、誰にもわからない。そして世間の多くの人は、
 親が子供のことを思わないはずがない。
 親が子供を可愛いと思わないはずがない。
 親は子供に無償の愛を与えるものだ。
そんなふうに思っているらしいので、言えば言うほど立場が逆転してしまうものだと気付かされました。
ドラマの中では、宮崎美子さんがそういう立場の女性を演じていました。

この著書の感想を書いたブログなどを見ていたら

 「毒親に育てられた人には、読むのが辛くなる危険性のある小説だ」
と書いていた人がいらっしゃいました。

私がいつも湊かなえさんに感じていた共感は、そこにありました。が、今回は立場を変えて、娘が毒娘であるという描き方をしているところが、読み手によっては嫌な思いをするかもしれないという理由なのでしょう。




今、現実の世界でも「毒親」という言葉が使われ、実際に中学受験を巡って親が息子を殺すという事件が起こり、テレビで色々な方がコメントを出しています。

あの事件は、私の体験とも重なり考えさせられました。
たぶん、私が男の子だったら、父を殺すか父に殺されるか、いずれかだったかもしれないと連想させる一件でした。極端に勉強のこと、成績のことしか人間の価値基準にない父でした。勉強以外のことは全て排除しなければ気が済まない父でしたから、私の生きる世界はとても狭かったと思っています。
某大学の付属小学校に合格した私に過度な期待をかけ、期待通りにならなければ容赦なく罵倒を繰り返していました。
期待とは、優秀な生徒の集まった学校での一番の成績だけだったのでしょう。

父と母と妹の三人は同じ和室に寝て、私だけは玄関脇の狭い書生部屋のようなところに追いやられたことは、きっと私のことを好きではなかったのだ、顔も見たくなかったに違いないと思っています。
私は父にとって、将来、先祖代々の墓を守る惣領であり、それにふさわしい教養がなければ先祖に対して恥ずかしい、それだけの存在意味だったと思います。

たぶん、そういうことを言っても誰も理解できないことでしょう。
そして、そういうことを言い続けている私の人間性は疑われることでしょう。

だから、なかなか誰にも言えないままに学生時代を明るく楽しいキャラの私で過ごしてきました。

子育てをする段階になって蘇るものがたくさんあり、苦しみました。子供の頃に無償の愛を感じてこなかった私が親になるのは、とっても難しいことでした。学校の勉強以外に、こんなにもやらねばならないことがあることも知りませんでした。それができない自分が無能でダメな親であることを痛感しました。
学校で教わった知識が何一つ子育てに役立たず、きっとテレビドラマや漫画でも読んでいた方が子育ては上手にできたかもしれない、、、と、思ったのも、子育てに悩んでいた時期です。

ドレンディードラマが流行していた時に、すでに私は子持ちの主婦でしたが、こういうドラマをもっと多感な若い頃に見ていたら、私の世界は広がっていたかもしれない、、、と、思いました。こんなにも女性の生き方に選択肢がたくさんあるなんて、こんな生き様の女性がいるなんて、仕事をする女性のなんと輝いて素敵なことか! などなど。

就職もさせてくれなかった親のせいにするつもりもありませんが、自分で自分の生きる道を決めてこなかったことを後悔しています。

そして、今でも自分の生きにくさ、人間関係の築き方の下手さなど今の自分があるのを親のせいにしてしまう情けなさ、こういう考え方しかできない自分の脳の構造も腹立たしく思います。


 65歳にもなった私が94歳の父への恨み言を重ねていることに辟易しつつも、私がギリギリでも生きてきたエネルギーの根源は、父への恨みなのかもしれないと思ってますます落ち込みます。

 

 たぶん、こういうことになるから、この小説を読む人には気をつけて!と、忠告を書いている人がいるのでしょう。

 すっかり、その刃が私に突き刺さりました。

 そういう話でした。




 どうも、リニューアルしてからというもの、ブログの最後のオチすら思い浮かびません。
 
 この前に書いた記事は消えたし、次に書きかけていたものが「保存する」にしたら投稿されちゃって、慌てて削除したり・・・
 
 このリニューアルに納得できていない私は、新システムに慣れようという気持ちより未練の方が大きくてダメです。

 私の旅行記のアルバムは、どこに消えたのでしょう? 

 記事ごとにデザインを選んで、ひとつの記事をひとつの作品と考えて投稿していた私には、個性のなくなったこのシステムに気持ちがついていけません。

 今、過去記事の保存作業を進めていますが、すべてデザインが同じになってしまっていてガッカリ感強いです。

 こういうこだわり、先へ進めない性格。

 他の方々が、サクサクと新しいシステムを受け入れて新記事投稿をされているのを見ると、自分の性格の悪さが浮き彫りになるようで、余計に落ち込んでおります。

だから、最後のオチなんて浮かびマセーーーン😞

 

この記事へのコメント

キーブー
2019年07月15日 00:36
ブログ、慣れませんよね^^;
っていうか、使い方は いじっているうちにわかってはきたものの・・心理的な面で馴染めないというか。
でもまあ、元に戻してもらえるわけでもなさそうだし、仕方なしに使っております。過去記事も、あえて見てはおりません。消えてなきゃそれでいいか、ってかまあメンドクサイだけかな(笑)

毒親、毒娘。イヤな言葉だけど・・私もたぶん毒娘だったかと(~_~;)
母がまだ存命なら、お互い思いのたけを言い合ったりもできたんでしょうけど。
私にとっては、母はなんだか掴みどころのないイメージが大きいかな。
ちゃんと愛情はかけてもらった実感はあるけれど、母の心は子育てでは埋められない部分が大きかったような気がします。すごく孤独だったんだろうなと。

yu_mama
2019年07月15日 11:24
キーブーさま

心情的に慣れない、そういうことです。
過去記事を振り返ると、写真が消えているのがあったりして驚きましたが、ほぼ復旧はされたような気がします。まだ、すべてを確認したわけではありませんけどね。
急なリニューアルで、事務局もてんてこ舞いなのでしょうってことは理解できますが、利用者にしてみたら裏切られたような気がしてしまって、やはり心情的なものが大きいのです。
自分で、もう少し見やすいデザインを考え直そうかな、というやや前向きな気持ちには、なってきましたけど、、、こういうところで、高齢者の融通の利かなさを私が持ち合わせていることを認識してしまって、それはそれで落ち込むなぁ(笑)

家庭の中のことは、なかなか見えないから、DVだのネグレクトだの後を絶たないわけです。アダルトチルドレンであることを認識する私は、いわゆる機能不全家庭に育ったゆえに、人間関係の構築に苦慮する場面が多くあります。そして連鎖することの恐ろしさも知り、それは自分が親になってみて初めて気がつくものだから、手遅れ感がハンパないです。
ただ、それだけの理由にしても前へは進めないし、子供を持った以上は育てなければならず、なんだか矛盾だらけ、方向性もなく迷走しながら子供を育てた記憶しかありません。
キーブーさんにも振り返れば色々とおありだったのでしょう。シンママとしてお嬢様2人を育てていらした日々は、フルタイムの仕事と日常を回すことで精一杯だったのかもしれませんが、結果として立派な良いお嬢様たちに成長されましたものね。
結果が全てなのかな〜。。。
と、コメントも支離滅裂ですみません。
なかなか思考がまとまりません。(-_-;)
2019年07月16日 17:04
私なんて何が何だかさっぱりわかりませんよ。
ただ投稿しているだけ。
大事なメッセージはなくされて
どうしてくれるんだと思っています。
しかもどなたもメッセージのことは
苦情のコメントしていなくて
これは無くなっても誰もなんとも思ってないんでしょうかね
yu_mamaさんに愚痴ってもしょうがないですね。
ごめんなさい。
yu_mama
2019年07月16日 20:57
麦さま
私もメッセージ機能がなくなったこと、とっても残念に思っています。
あれで、個人的なやりとりをして、ブログコメントでは伺えないようなことをお聞きしたりしていましたから・・・。
なんとなく投稿しながら、自分のブログに書き込んでいる実感がないというのが正直なところです。
でも、こういう心情的なこと、心理のヒダみたいなところは、なかなか汲み取ってはもらえないのでしょうね。若いって、そういうことなのかな、なんてね。事務局の方々はお若いのでしょうね。と、思って諦めモードです。
2019年07月17日 07:15
この小説私は読んだことなかったし、ドラマの方も見ていません。
ユーママさんのブログを読んでネットであらすじに目を通しました。
湊かなえさんの後味の悪い小説ですね。・・・まさに

ユーママさんの少女時代は辛いものだったとお察しします。
お父様も職業柄追い詰め方が半端じゃなかっただろうし。。。
私も長女に生まれたから両親の期待は弟よりあったと思います。
弟は許されることも私には厳しい両親でした。

結婚も親の言いなりにしました。
今になってそうしなければ・・・と、この一年考えないことはありませんでした。
先日、仲人さんとお会いすることがありました。
「仲人さんと何を話したの?」
「何も?」
「三十年前、お話を断っていたらもっと違う人生があったのじゃないかと思うのよね。」
すると母が
「そうかもしれないけどね。私たちはこの一年の貴女を誇りに思っているのよ。一人で自分の親でもないのに介護をやり通して見送って、、、誰でも出来ることじゃないよ。」
「今年の新盆に私たちが提灯買ってやるからね。」

ユーママさんは育った環境が厳しかったかもしれませんが、決して曲がることなく結婚してご主人を支え二人のお子さんを立派に育て上げています。
何も恥ずかしい事もないし、立派です。
少なくとも私はそう思っていますよ。
yu_mama
2019年07月17日 10:31
パックさま
コメントにうれし涙です。ありがとうございます。
お互い、長女ということで厳しく育てられ、理不尽な思いもしてきたという共通点を感じます。

家庭内で何が起こっていたか、その中で何を思って生きてきたか、それはどういう育てられ方をしていたかに関係なく、誰にもわからないところは多いと思っています。外からは幸せそうに見えても、家庭の中のことってわからないものです。
だから、DVもなくならなし、悲劇は続いているのですよね。

湊かなえさんの小説は、おっしゃる通り「後味の悪い」ものです。とくに、この短編集は、読者に想像させて考えさせる書き方をしているので、え?って考えてしまうことしばしばでした。

パックさんは、婚家に嫁ぎ辛抱しながら日常をこなし、そして、この1年に次々と起こることに対して、冷静に対処しながらたくさんの愛情を持ってなさってきたと思います。今も色々な思いはあるのだろうな〜と思いますが、前へと進む力強さを感じます。
お母様が、そういうパックさんの姿を見ていらして認めてくださったこと、良かったですね。
人は必ず誰かに見られている、見てくれている人がいるのだと思います。そして認めて欲しい、認めてもらえると嬉しいものなのだと思います。

親に否定され続けてきた私は、すでに親からの誉め言葉など期待はしていませんが、ブログを通して見てくださっている方の言葉がありがたいです。

それだけに、、、、気持玉 返してくれ〜〜〜って思います。
ああ〜最後は、やはりウェブリへの恨み節になってしまいました。(笑)
2019年07月25日 13:33
湊かなえさん興味がありますが、たぶん読みません(^^;;  106歳の父と70歳の倅ですから。さすがに心の中のわだかまりは9割以上解けています。深層心理の中にはまだ許せない思いがあります。これはもうどう理解しようと思っても無理です。体で覚えた恐怖感でしょうから。私の場合私以上に虐められた?姉が一生懸命オヤジに尽くすのを見て自分を多少恥じたことが救いになったのかも知れません。
あなたの場合はそういうバッファが無いうえに、この爺さん弱みを見せない頑固者というところが辛いところです。我が親父は70歳頃から好々爺の方が得だと思ったのでしょうか、男というものはこうだっという矜持を簡単に捨ててしまいました
狡いといえばずるい、ネアカといえばネアカな男なんでしょう あなたは立派なお子さんを育てているし、とても素敵なお人柄ですよ。うらやましいくらいです。人間いろいろ心の中にはありますが、中村天風先生の言うように悩んで変わるなら悩む、悩んでもどうにもならぬものは悩んでも仕方がないで行きたいものです。そうは言いながらも、このブログ元に戻すわけにはいかんのかねえ
ユーママ
2019年07月25日 15:48
コメント書き込めません。( ; ; )
ユーママ
2019年07月25日 15:51
サヤ侍さま
くすぐったいほどの褒め言葉をありがとうございます。
機能不全家庭で育った人間は、なかなか人間関係をうまく作れないンです。距離感の取り方がヘタだなぁ、と自分でも思います。
サヤ侍さんのお父様のことを最初にお聞きした時、104歳になられる頃でした。もうあれから2年なのですね。(^^)
お若い頃と、ご自分を変えられるというのが、そりゃスゴイです。
なかなか人間変わらないものですし、とくに歳をとればとるほど、頑なになるものと思っておりましたが、お父様は天晴れです。
我が父は、ご存知の通りの人ですから、ますますおかしな方向に進みこそすれ、我が身を振り返って反省など、彼の辞書にはないです。私は、一時帰国しても会うつもりないです。不愉快になるだけなのでね。不愉快なんて生易しいものでなく、刃傷沙汰になりかねませんから。(笑)

ブログ、本当に元に戻らないかしらね。ガッカリ感強いです。過去記事の保存をしていますが、写真がたくさん消えていてショックです。
すでに、記事削除300件ほど完了しました。
まだ1500くらいありますけど。( ; ; )
コメント、iPhoneで書いています。今度は、スマホから投稿することを試みようかな。
yu_mama
2019年07月25日 15:53
4回ほどエラーの後、やっとコメント書き込めました。( ; ; )
たまえ
2019年08月19日 12:17
Yu-mamaさま
十数年ぶりにお邪魔します。
私は長いこと休眠状態でしたので
もう覚えていらっしゃらないかもと思いながら
たまたまこの記事を目にして、ノコノコと出てまいりました。

私は長い間子供の問題で苦しんだものです。
それは今になってみると、
子の問題は氷山の一角で、その下には親の育った環境、
そのまた親世代の育った環境。。と果てしもなく原因があって
一時は途方にくれたものでした。

長い長い道のりの中で、私が一番つらかったときはね
何と。。こうなってしまった自分を責めている時でした。
気がつくと涙が滲んでいます。
それは子に対する心配、不安、恐怖ではなくて
私があの頃。。。だったからとか、私が別の人格だったら。。
そういう風に、自責の念に駆られている時が一番辛かったのです。

それに気付いた時、出来るだけ思考を変えようと努力しました。
私のせいじゃない。夫のせいでもない。
祖父母も含めて皆が辛い面を持って生きてきて
今の状態に繋がったのだと。

ましてや子に何の罪があろうか。
幸せになりたくて生まれてきた子に
「生きていてよかったな」
「人生って捨てたものじゃあないな」
そう思ってもらいたくて爪の先ほどの努力を続けました。

大学に入ってから17年の引きこもりを経て
子は羽ばたいて親の元を飛び去りました。

貴女は何にも悪くない。
努力をして子を育て
音楽という世界にも繋がって
ちゃんとご自分を持って生きていらっしゃる。

お父様にはその育った環境があって、そうなられた。
ある意味では、お気の毒な面もお有りだった。

Yu-mama さんは
ご自分の環境の中でできる事をして
一生懸命に生きていらっしゃる
それで良いのではないかしら?
私がそうであったように。。

長くなってごめんなさいね。
お節介なおばさんのひとり言でした。


yu_mama
2019年08月19日 21:31
たまえさま
覚えていますとも。なんとお懐かしいことでしょう。そして、よくぞブログにコメントくださいました。ありがとうございます。嬉しいです。

大変だったのですね。たまえさん、ご自身を責めて辛い思いをしていらしたのですね。17年間引きこもっていたお子様が、無事に飛び立ってくれたこと、本当に喜ばしいことです。その間、どんなにかたまえさんが苦しみ悩み、努力をなさったか、想像するだけで体に力が入ってしまうような感覚で、重たいものが胸の中を占めます。
今、中高年の引きこもりが社会問題になっています。お子様は、まだお若いうちに自立されたこと、本当に良かったです。

家庭の中で生きていきにくいことを自覚しながら、外に出れば私は自分を偽って体裁を作りながら子供時代をやり過ごした気がします。
「不登校」という言葉が使われ始めた頃、母が
「あなたは、よく不登校にならなかったと思う」
と、言ったことがありますが、私は家庭が一番嫌いで安らがない場所なのですから、学校に行くしかありませんでした。家庭に問題がある子が不登校になるとは言われても、その家庭があまりにも壮絶すぎて私の居場所がないようなところだったのですから、自分を偽り、良い家庭環境の子を演じて学校に行っていました。
そんな私からすれば、家に引きこもれるというのは、家が安心できる場所なんだろうな〜なんて思い、そういう自分を丸ごと受け止めてくださる親がいることは、ある意味、羨ましいです。

世間知らずで、父の価値観の中だけで物事を考えてきたので、私、ヘラヘラしています。自分の考えなんて、なかった。そんな頼りない私が親になったのですから、我が子たちはたまったもんじゃなかっただろうな〜と、今さらですね。

私には夫の存在が大きかったと思っています。私の思いを聞き続け、支えてくれていましたね。私がやりたいことは、全面的に応援してくれているので、今も歌ったりピアノを続けていられること感謝しています。子供の頃には、私の味方は家庭内にいなかったけど、結婚して味方ができたという思いは大きいかも。。。

まとまりませんが、たまえさんの言葉は、とても嬉しく胸に響きます。
パック
2019年08月20日 07:58
おはようございます。
ユーママさん、お加減いかがでしょうか。
ブログ本当にやりづらいですね。
メールアドレス入れ直してみました。
良かったら、メッセージいただければと思います。
yu_mama
2019年08月20日 12:11
パックさま
ご無沙汰しております。ブログへの気持ちは、すっかり萎えたまま8月。お盆も過ぎましたね。
パックさんには、お忙しい時期だったと思います。

ところで、アドレスの入れ直しって??なんですか??
よくわからず、biglobeのあれこれを調べてみたものの、さっぱり・・・。
コメント送信の時のメルアドは、私からは見えないのだと思います。
(だったら、なんでその欄があるのか?それも意味わかりません。。。)
yu_mama
2019年08月20日 12:14
「ERROR

  投稿に失敗しました。」


このような表示がピンク色の枠で出てきましたが、コメント投稿はできていました。なんだか、自分のブログへのコメ返すらエラーになるって・・・。

やはり、私は立ち直れません。(泣)
2019年08月20日 21:45
こんばんわ
最新の投稿が削除されているようですね。
皆さんのコメント読ませていただいていましたら
それぞれいろいろなことを抱えて生きていらっしゃったようです。
実は私も子供の頃に辛い思いをしました。
ですから子供の頃の話をしようとしただけで
涙があふれて言葉になりません。
よく夢で母に置いていかれる夢をみました。
子供の頃は感じなかった感情が大人になって
あふれるようになりました。
たぶん子供心に感じないようにしていたのだと思います。
でもみなさんの苦しみからみたらわたしなんて
どうってことない程度でした。
yu_mama
2019年08月21日 20:42
麦さま
ブログを放置したまま、何かといろいろありまして。
最新記事もちょっとまずいかな〜と思って削除してしまいました。
しばらくは、本当に休眠状態になりそうです。どうしても、このブログに書く気が起きません。(泣)

みなさん、辛い経験をして大人になっているのですね。それは人と比較して自分の方がどうこういうことでもないですね。それぞれに辛いと思って生きてきたのですから。
ただ、こうやって他の人の話を聞けば、自分だけではないという励みというのか、慰めになります。
65歳になった今も、父や父方の親戚が怖くてたまらない私です。いったい、いつになったら解放されるのかな〜と思いますが、きっと一生、開放されることはないのだろうな、とも思います。
今や、空き家になった実家にも行けなくなってしまった・・。根深いものがあるものですね。
2019年08月22日 08:23
ゆうママ様

再挑戦してようやくアドレスが貼れました。
先回はエラ-が出てできなかったのでした。
まるでヨチヨチ歩きの 🐥 です。

長いブランクを経て、
最近何か書きたいなって思うようになったのですが
前のブログが使いこなせなくなって、悩んだ末
私は 「はてなブログ」に引っ越しました。

ただ書きたくなった時に一方通行で書いているだけですが
精神衛生にとても良いみたい。
ぜひ一度遊びにおいで下さい。

ゆうママさんが第一番目のお友達ですよ。
2019年08月22日 11:32
こんにちわ

メッセージ機能は作らないのですか?
yu_mama
2019年08月22日 16:00
たまえさま
ブログを再開なさっていたのですね。
そして、Yさまって・・・(笑)ありがとうございます。今、コメントを書いたのですが、送信できなかったみたいで、すごすごと帰ってまいりました。
ブログの不思議さを感じます。お会いしたこともないのに、文字でのやりとりだけで、信頼とか安心とか感じるものがありますね。

今の私はブログに関しては休眠状態ですが、発信大好き人間なので、そのうち怒涛の再開ブログがあるかもかも。。

たまえさんの当時のブログの印象は、落ち着いた方が淡々と丁寧な暮らしをなさっていて、お花の写真を中心に優しい印象を与える記事を書く方だな〜というものでした。
その裏に、様々な葛藤や辛いお気持ちを抱えていらしたのですね。
直接的に攻撃する私とは真逆。ブログから教わることは多いです。
yu_mama
2019年08月22日 16:09
麦さま
メッセージ機能を作る????

私、リニューアル以降、すっかり落ち込んでしまって、新しくなった機能などを全然わかっていません。

放置状態。ほったらかし。。。再開するとなったら、真剣に検討します。
ありがとうございます。
たまえ
2019年08月23日 08:07
おはようございます
ご足労をおかけしたのに、すみませんでした。
自分のブログなのに思うように運営できないのはなぜ??

コメント欄もう一度設定し直してみました。
今度こそとねがっています。🙏

これでダメなら次に師匠が帰ってくる時までおあずけですね。
こういう作業ってすこしはボケ防止になっているのかしら?
そうだと良いなと願いながら。。
こうして時間は過ぎてゆくのですねー。

yu_mama
2019年08月24日 00:53
たまえさま
今度は、コメント投稿できました〜。成功ですね。

新しいことをするのが億劫になってきた年齢ですが、それでも新しい土地で暮らし、何かと新しいことを習得しなければならないところに追いやられています。
ただ、このブログに関しては新しいことを習得しようという気にならず、放置しっぱなしになっています。

2019年09月08日 19:22
ご無沙汰しています。
4年目に突入した今の職場ですが、主人不在の我が家の家計に無理があり今回転職となりました。
ダブルワークをして続けることを試みもしましたが、無理がたたりました。人間関係もギクシャクして決心することになりました。
通勤時間は30分ですが、この年でフルタイムで事務職として雇用してくれるところはそうそうないと思います。
早くなれるよう頑張っていきたいと思います。