正論ってダメですか~?

 世に言う「くだらないワイドショー」を、ぼーっと見ておりました。
   (朝からテレビが付けっ放しの我が家です)

 三重県の某市の商店街を歩く「正論おじさん」のことを取り上げていました。

 ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、かいつまんで説明すれば、
商店街の歩道に飛び出した看板や、ちょっと停めてある自転車を勝手に片付けて歩くおじさんがいて、店の中まで入ってきてお説教をうだうだすることで、店側は迷惑を受けているという内容です。

 

 おじさんは、歩道にモノが置かれていると視覚障害者の歩行に危険があるという新聞一面の告知を見て、

 「世直し」を思いついたそうです。

 それ、間違っていません。むしろ素晴らしい善行だと思われます。

 ただ、やり方が強引で商店主には迷惑だということのようです。

 片側1車線の車道があり、縁石のある歩道を人々が通行します。店は歩道に面して間口を広げています。
置き看板が歩道に出ていますし、店の人の自転車が歩道にはみ出て停めてあり、車道との境あたりには幟旗が重しに突っ込んだ形ではためいています。

 それら全てが、視覚障害者のみならず高齢者にとってもバギーを押す人にとっても、つまるところ全ての歩行者には障害物になりうるわけです。

 歩道に店のモノとはいえ私物を置いてはいけないという条例があるようですが、習慣として見過ごしている商店街は、ここだけに限るものではありません。どの地方にも、歩道に幟旗やら看板やらウェルカムのメニュー黒板が出ている光景は当たり前のように見ています。

 実際には歩行者の妨げになり、事故でも起きた場合には、店側の責任が問われるのではないかと思います。

ただ、事故が起きてからでは遅いというのが、正論おじさんの理念です。


 安全性、見た目の問題もあって、条例は守りましょうよ、と私も思います。

問題は、このおじさんには店主を戒める権限がないということです。
勝手に看板を片付けたり、幟旗を折ったら、それは迷惑行為になってしまいます。
店に入って店主に再三の文句をつけている様子を店主が動画に撮って公開しています。
その結果、おじさんだけが一方的に悪い人、変な人ということになっています。


 そうなの?

ここは、おじさんの主張したいことと、おじさんのやり方は分けて考えましょうよ。

 
やり方は間違っているかもしれないけれど、このおじさんの考え方には賛同できます。

 モノの言い方を知らない。やり方がまずい。それは私も同じです。
私自身が、正論を言ってきた学生時代、どれだけ煙たい嫌なヤツだったか。
ソウル時代にも、地区での集まりで正論をぶったら、みんなに引かれた経験もしてきました。

 言い方を間違ったがゆえに、その正論の中身まで否定されるのは本意ではない! 
と、鼻息荒かったアラフォー時代の私でしたが、さすがに最近は損をする正論なら引っ込めようという狡猾さも学習してきました。
 その分、陰でブツブツ言うので、もっと陰湿で嫌な奴になっております。

 ただ、家人に対しては正論をストレートにぶつけるので、ああ、またか~という顔をされます。

 
 おじさんの話に戻しますと、商店側は迷惑行為により売り上げが減少し、中には閉店に追い込まれた店もあると報道されていましたが、それは本当なの?? と、私は疑っております。

 おじさんが看板撤去にやってきたり、店の中にまで入って来て大きな声で騒ぐのでお客様が減ったという言い分です。また、看板や幟を片付けられたから売り上げが減ったと言うのですが、そうなのでしょうか? 

 このあたりはレポートする側の偏り、報道の捻じ曲げを感じている私です。

 おじさんにかこつけて、人のせいにしていませんかね~。と、斜めから見ている私です。

 

正論結構だと私は今でも信じています。
法律や条例は何のためにあるのか?と考えた時、
自分のためではなく、他者のためにあるものだということです。
社会の秩序とは、自分が法律遵守することで他者の平和を乱さないということなのだと思っています。

 
 ただ、それを守っていない人に対して正論でぶつかっていくことは自分が損するんだな~。

 正しいことを言う人は、必要以上に気を使って静かに丁寧に相手の気持ちを慮りながら歩み寄りを求めなければならないのだと思います。

 だからね、そういうことに私は疲れちゃうので、黙ることにしちゃったんです。



 商店主たちとの話し合いが計画されているようです。
 正論派の私から言わせれば、
人々が偏った報道に惑わされることなく、感情的にならずに、あるべき姿を真摯に考えて欲しいと願います。

おじさんひとりを追い込むのではなく、おじさんの真意を汲み取って考え、商店街のあるべき姿を取り決めて欲しいと願います。
(って、私はなんの立場!?!?)

 
 
 あのおじさんを賞賛する人が出てくるかどうかわかりませんが、私は密かに応援しています。

やり方は違うかもしれないけれど、おじさんの言いたいこと、私はわかるよ! 

って、肩でもポンポンしてあげたい気分です。
 

この記事へのコメント

2019年06月18日 19:42
まさにそのとおりだと思います。
おじさんのやり方はよくありません。
でも道路にはみ出しているハタや看板、商品で歩道を狭くされて
通行する側はとっても迷惑しています。何とかしてと思っていました。
ですのでテレビを見ていてちょっと違うんじゃないかなって思っていました。
yu_mama
2019年06月19日 17:10
麦さま
やはり同じことを感じていらっしゃいましたか。
マス・メディアというのは、ミスリードをしてはいけない立場にあると思うのですよね。ところが公平ではない報道の仕方があることを感じる場合があり、私はそれってイジメに似ているな~と思うのです。その人の本質を見ずして、一部だけを切り取って、それがあたかも真実であるかのように言いふらすことで、周囲の人間は自分で確かめることもなく誤報を信じてしまって、それが広まっていく。。。

商店街で障害物になるようなものを道路に出すことは、本当に危険ですし、邪魔ですよね。物理的に邪魔だというだけでなく、美観的にもどうなのでしょうね。文化や習慣の違いかもしれませんが、ヨーロッパの街並みの美しさなんかに比べて、視覚的にも目障りな色の氾濫に、私はどうにかして欲しいな~と、いつも思います。
2019年06月20日 01:41
正論おじさんのせいで閉店に追い込まれたって報道には??と思いました。
そんな商売ってなんだろうと不思議に思ったものです。 
条例などあっても それを皆で守りましょうという気持ちがないと何にもならないですね。
2019年06月20日 09:35
もめごと嫌いな私なら、店内で店主と正論おじさんがもめだしたら、気分悪くて店を出ますね~
正論とは言え、やりすぎの行為を見たら、その商店街近くには行きたくないです。
私には行き過ぎた正義感での心の闇を抱えた高齢者に見えてしまいました。
yu_mama
2019年06月20日 11:06
リカステさま
私も、そこ、疑問に感じました。どれほどの頻度で正論おじさんが顔を出していたのかもわかりませんし、どれくらいの時間滞在して、どれほどのクレームをつけたのかも視聴者にはわかりませんが、閉店に追い込まれたというのは・・・他にも理由があるのではないかな?と、疑問に思いました。このような検証も何もなく報道するということにも大いなる疑問を抱きます。

条例には法的な拘束力はないのでしょうか。少なくとも行政の注意勧告はありそうに思いますが、それを正論おじさんが独自の判断でしたことは良くないと思うものの、このような形でメディアによって全国的に知られるのが果たして良いのかどうか・・。
そして商店街とひとくちに言っても、すべての商店ではなさそうなので、そのあたりのゴタゴタ感も感じます。
いずれにしても、未熟なレポートであり、お粗末な話だな~という・・・だったら、私がいちいち掘り下げるな!!って叱られそうだけど。(笑)
yu_mama
2019年06月20日 11:20
たぁくんママさま
なるほど、ママさんのようなお客様もいらっしゃるということですね。
揉め事を見ると逃げてしまうタイプと割って入ってしまうタイプなど、いろいろな方がいらっしゃるのでしょう。
私は、たぶん、割って入らないとは思いますが、結末が気になって野次馬になってしまうかもしれないです。

いずれにしても、商店はいろいろなお客様を相手にするわけですから、正論おじさんの介入は邪魔で迷惑だということには変わりないのでしょう。
1度、そういう体験をしてしまうと、その商店街には行きたくなくなるというママさんのような気持ちもわかります。そういうお客様が多かったら、店にとっては死活問題ということですね。

行き過ぎた正義感は、心の闇を抱えた結果という推測もできますね。

もう少し、この正論おじさんについてのリサーチがあれば良かったな~と、私は思います。どこかのテレビ局では、このおじさんのことを良く知る近隣の人のインタビューを紹介していましたが、ふだんは温和な普通の人らしく、大きな声を出すような人ではないと言っていました。が、それもたった1人のインタビューですから。。。
おじさん自身は、商店街に障害物が置いてあることは視覚障害者のみならず高齢者にも危険なことである、と新聞告知を見て思い立ったと言っています。
その時、このおじさんに仲間がいれば相談もできたし、組織として正しい解決方法が見つかったのかもしれないですね。そのあたりが高齢者の孤独とか、心の闇とか、そういう言葉で言われてしまうのかもしれないですね~。

私が取り上げるには、わからないことが多過ぎて、私自身にも偏見があるかもしれず、ママさんには不快な記事になってしまったかもしれませんね。
どりばる
2019年06月21日 09:45
テレビのワイドショーで、正論おじさん 見ました~それで一番に思ったのは
「うまいネーミングだな!」そこでした。
これ 人間が社会生活をおくるうえでの永遠の課題ですよね
私も どちらかというと正論派ですかしら~でも路上のトラブルは怖いので、
正義感はひっこめるタイプです(笑
まぁすこし ハンドルの遊びのような折り合いも必要なのかもしれませんね。
神戸元町 三ノ宮商店街では 看板などのはみだし禁止の割りに厳しい規制があります・・・やはり商店街の自主規制が一番いいのかもしれないですね
お客さまに迷惑かけてはいけないでしょうね

G20 いよいよ来週です
大阪はすごい警備体制ですが それでも
大丈夫かしらん~と無事終わってほしいと願います
地下鉄や新幹線で持ち物チェックーーー日本も そろそろ必要でしょうね
yu_mama
2019年06月21日 16:52
どりばるさま
ご覧になりましたか。
正論おじさんは、喋り方が下手なんじゃないかな~と想像します。これって私もそうなのですが、自分の言っていることの正しさに酔っちゃうところがあり、そうなるとますます高飛車な言い方になって、相手にはいや~な気持ちしか与えないのだと思います。
で、このおじさんは、自分にゆるいところはあるようですから、ハンドルの遊び部分は持っているんだと思います。が、引っ込みがつかなくなったというのか、エスカレートしたような気がします。

商店街によっては、その街のイメージを大事にするために厳しい条例を作り、看板のはみ出し禁止を守っているのでしょう。神戸元町、三ノ宮といえば、関東でいうところの横浜元町とか、東京の麻布十番的なおしゃれな街ですよね。国内外からの観光客も来るところですから、気を使っているのでしょうね。

G20 例の騒動の容疑者が捕まって良かったですが、厳戒態勢でしょうね。
深センの地下鉄での手荷物検査は、機械を通すのですが、モニターを見る人が2名、機械の前で買い物袋などをチェックする人が1名います。(買い物袋は機械を通さず、金属探知機で探られます)すべての駅に、出入り口が2箇所以上ありますから、それだけの人数を配置しています。
さすが人口の多い国だからかしら・・・。

香港もまだ続きますし、、、。どちらもこちらも、巻き込まれないようにしませんとね。
どりばるさまも、不要不急の外出はお控えなさいませ。
2019年06月23日 06:50
ものは 言いようって気がするけどなー
yu_mama
2019年06月24日 01:15
seizi05さま
そうですね。
いくら正しいことを言っても、言い方次第では真意が伝わらないっていうことでしょうね。
2019年06月26日 22:11
マスコミの酷さにこの頃は新聞もTVもすっかり見なくなりました^^;(てか深センで日本のTV見れるのか) こういううるさいお節介オヤジが少なくなりました。迷惑かけてる方が居直っているのは好きになれないですね。まあこのおやじも言い方が相当なんでしょうが でもこのオヤジのせいでお店が潰れたは言いがかりでしょうね。人様への迷惑に気付かないような能天気さが倒産の原因でしょう。
yu_mama
2019年06月27日 16:56
サヤ侍さま
確かに、見たいと思うような情報番組はなくなりましたね。
深センでは、インターネットで契約して見ています。だから、1ヶ月前くらいまで遡って、いつでも見られる状態です。日本にいる時以上に、テレビつけっぱなしでアホへの道一直線です。
近所のお節介おじさんとか、おばちゃんっていう存在は、昭和の良き風物詩っていうところでしょうか。できるだけ周囲と関わらないように過ごすことが大事みたいな世の中も考えものではあります。(と私は思います)
捻じ曲げた報道により、何が真実か?は、自分判断っていうところだと思うのですが、案外、振り回されることも多いのかもしれないな~と思います。

この記事へのトラックバック