親愛なる佐和子様

私が尊敬してやまない阿川佐和子さまが、ご結婚とな!

おめでとうございます

私と同い年で、何かと共通項があると勝手に思い込んでいる私は、彼女の大ファンであり、実は前世では大親友だったのではないだろうか?と、思っている。

彼女の著書やテレビでの姿を拝見し、勝手に私は共通項を見つけているのだが、彼女は才色兼備の立派な社会人であるのに対し、私はゴミみたいなものだから、どの口が言ってるのか!!と、自分にダメ出ししておく。勝手な妄想なので、そこんとこお許しくださいまし。

阿川佐和子さまとゴミを並べて、何を図々しく言っちゃってるの?と、あちこちからお叱りが来て、生卵ぶつけられかねないが、お父上のことを書いたものを読むたびに、共通点を見出してしまう。

作家様のお宅と、サラリーマン家庭では、その父親の存在感は大いに違うだろう。そこは、我が家よりも大変に違いないと思いながらも、どうも阿川弘之氏と我が父がダブって仕方ないし、ついでに、佐和子様と自分を重ねたりして、親しい友であるかのような妄想が膨らんで止まない。


彼女の著書は、面白く拝読している。あのような文章が書けるというのは、家庭環境にあるのかもしれないし、そもそもが利発でお勉強ができる方だからだろうが、あの厄介なお父上のことを愛情を持って書いておられるあたり、私より百倍も大人なのだな~~と感心する。
同じような父を表現するにも、余裕を持って書いておられる佐和子様の文章を読む限り、立派で可愛らしいお父上のキャラが立ち、家族の大変さはオブラートに包まれ、読者を決して嫌な気持ちにさせないが、私が父のことを書けば、容赦なくコケ下ろすので、どこか収集つかない散文で終わってしまう。後味も悪くなってしまう。(だから、なんで比較するの!? 図々しい!!!って話だけど)

彼女の作品には、ご自身の結婚観やら、たくさんのお見合い経験の失敗やら、挙句には「誰も嫁にしてくれぬ」という自虐的な文章が多く、そういう自虐ネタ披露も、私は勝手に親近感を持って密かに「共通点」だと思っている。


あのご年齢(って、何度も言うが私とタメ)で、ご入籍というのは、なんとも素敵ではないか。本物のオンナの魅力があってこそのことで、大人の質の良い愛をお互いに持っておられるのだろう。お相手の方の見る目の確かさ、素晴らしい伴侶を見つけたぞ!と、友として(だから、勝手に思い込みの友なんだから、紛らわしいんだよって話だけど)嬉しくてたまらない。

しかし、

「佐和子様、これで、イキオクレのネタは書けなくなりますねえ。

大人のゆったりした幸せ時間をお過ごしくださいませ。」 あなたの友より (って、だからさー)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

パック
2017年05月25日 13:36
ユーママさんのブログで佐和子さんの結婚を知りました。
どうしてこのような方がご結婚されないのか不思議でした。
これからは、結婚できないといった自虐ネタはなくなるでしょうね。
あきさん
2017年05月25日 14:40
阿川佐和子さんの結婚には些か驚きましたね。私の勘違いでなければお相手が72歳とかの大学教授だとか・・・。多分お付き合いが長く続いた上での結婚でしょうね。
このご年齢のお二人が、若い人たちのようにいきなり燃え上がって・・・・なんてあるはずがありませんからね。
ところで阿川佐和子さんといえば、私は瞬間的に檀ふみさんのことを思い出します。お二人はほぼ同年齢で、それに何よりもお父上が共に高名な作家でいらっしゃるということで・・・。
それに、恥ずかしながらこのあきさん、檀フミさんの隠れ大ファンなのですよ(年甲斐もなくすみません)・・・・二人は何かにつけてマスコミにセットで取り上げられてきましたね。 
さあ、置いてけぼりを食らう形(?)になった檀ふみさん、これからどうなさるのか、そっちのほうが気になる近頃のあきさんです(お粗末でした)。
yu_mama
2017年05月25日 23:41
パックさま
佐和子様の情報は見逃さない私です。(笑)
性格もよろしそうだし、お料理もお上手で、可愛らしく頭もよろしくて、誰からも愛される方ですよね。
これから、どんなネタを披露してくださるのか、そのあたりも楽しみです。
yu_mama
2017年05月25日 23:50
あきさん
年齢までは存じませんでしたが、少し年上ですわね。大学教授様というのも、いかにもお似合いだな~~と思います。そのくらいの教養のある方でないと、佐和子様の会話についていけないと思いますから。
はいはい。檀ふみさん、あの丁々発止のやりとり、往復書簡なるもの、あの2人の面白さは他に類を見ないですね。
あきさんは、ふみさんファンでしたか。案外、ふみさんも追っかけで婚約発表なさったりして・・・・(笑)そうなると、またまた面白い展開になりそうですが、それは、なさそうかしら。
どりばる
2017年05月31日 12:03
はーい 私も 佐和子さんのファンですから ビックニュースでした~
佐和子さんらしい、大人の恋愛は 素敵です
私も yumamaさんと佐和子さんとは 強父(恐父)のイメージがほんとダブります
だから お二人は 親友そのものです(文章力もyumama負けてないし)
個人的感想ですが 私は 阿川佐和子さんも 今だから書けるというところがあったのだろうなと思います 
・・兄弟平等なら まだしも 兄弟であからさまに態度が違う父親には なにか「こらしめ」があればいいのにと思いましたもの(笑


yu_mama
2017年06月01日 00:27
どりばるさま
ホントに私たちには、なんとなく近い存在の方ですよね。
素敵な人生を歩まれているな~~佐和子様。
いつの年齢でも、彼女は輝き、、、この年齢で愛され、人を愛おしく思えて、、、闇がないように思えます

共通点を感じているのは、私の独りよがりではないですかね。(笑)

そう、おっしゃる通り、今だから書けるのだし、今だから結婚なのだと思います。
我が家に兄がいなくて幸いでした。男子がいたら、もっともっと激しい差があったことでしょう。佐和子さんの本を読んでいて、そう思います。
って、勝手に混同しておりますわ。(笑)
「こらしめ」面白そうです。
2017年06月04日 00:47
ホント、快挙ですよね。心から祝福したいです
そんで、この発表を聞いたとき、私も壇ふみさんのことを思いだしました。
阿川さんとは親友で、ふたりとも独身で。なので、祝福しつつも、ちょっとショックだったりするのかもしれないですね(笑)
yu_mama
2017年06月05日 11:43
キーブーさま
なかなかやりますよね~、佐和子様。
やはり壇ふみさんを思い出されたのですか。私は、そこは切り離しておりましてね(笑)彼女たちは良き友達同士でありましょうが、案外、プライベートについてのお話などはなさっていなかったのではないかと推測しております。ナンチャッテ、勝手な私の想像です。
いずれにしても、佐和子様、カッコいい生き方を、いつも見せつけてくれますね~。

この記事へのトラックバック