やってはいけない体操

 みなさん ご存知と思うが、私は「引きこもり主婦」をしている。

堂々と宣言することでもないが、要するにグータラを極めている。

 このままでは、筋肉はゼロに限りなく近づき、寝たきり老人になる日も近いと思われる。
ささやかな抵抗として「開脚宣言」をして、ストレッチを続けていたが、、、
これを3週目くらいまで続けると「ぎっくり腰」になるという方程式を発見した。

 今回は、酷いことになる前の段階で安静を保ち、事なきを得たのだが、ほんの数時間はまったく動けなかった。
幸い、夕方には復活できたので、私の活動には支障なかったものの、怖い怖い。

 これで3度目だ。


 さすがに、こんなぎっくりを短期間に3度も繰り返すのは、何か原因があるはず。おかしい!いったいなんなんだ?

 思い当たるのは、「開脚ストレッチ」だ。
私は、体が柔らかいことを自慢にしていた。そこしか自慢できるところがない(しかも、自慢するほどでもない)。
体の硬い夫に対して 「どーだ!」と、見せつけるように真面目にストレッチをしていたが、あれがいけないのではないか?と、考えるに至った。

 ちょうどそんな折に、テレビでただごとならぬことを言うのを観た。

 「65歳以上の人は、ラジオ体操をやってはいけない」

というのだ。なに? なになに?

 ラジオ体操の起源は昭和3年らしい。「国民健康体操」として始まった。

 90年ほど前に始まったものが現在に至るまで同じスタイルで続き、老若男女、たぶん誰もがやったことがあるだろうと思う。そういう意味では、ほど良い運動で誰にも受け入れやすく万人向けということだと思うのだが、、、

 実は、当時の平均寿命を考えると、現在の65歳以上の人がやるにはふさわしくない運動だということらしい。つまり、高齢者向けに考えられた体操ではないため、平均寿命が延びた今、高齢者が行うことでかえって体にダメージを与えることになりかねないということだ。

 とくに、体操の後半にある、体を前屈させたり、腰を中心に大きく回転させるような体操は、高齢者はやらない方が良いとされている。

 うん??

 、、、、私は、65歳上ではないものの、限りなくその域に近いところにいるわけで、、、ということは、やってはいけないポーズを、開脚ストレッチで積極的にやっていたことになる。

 立っている姿にしろ、床に座った姿にしろ、腰から上半身を思いっきり前に倒すストレッチは、脊椎、腰椎にかなりの負担をかけるらしい。若い頃なら問題ないが、高齢者になってからやれば、ダメージを与えるだけだということらしい。


 私の体験から導き出した方程式と一致した。

 つまり、体の柔軟を見せつけるように前屈をしている姿こそ、ぎっくり腰の原因にもなり、「やってはいけない」ことなのだ。

 合点がいく。


 やっぱり、ソファでゴロゴロして微動だにせずグータラしているのが一番ってことだ

 うん?

 違うか?

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

ゆみすぎ
2017年02月16日 23:17
まったく同感です 同じ目に遭いました⤵
整形外科の先生に「あのー腰痛体操とか...したほうが」とお聞きすると、かぶせるように「痛い時には安静第一!痛くなると皆思い出した様に腰痛体操などといわれますがね」と、ごろごろの引きこもり状態になっていましたが、最近 整体に行き始めました 痛気持ち良くて癖になりそうな今日この頃です ✊‼
2017年02月16日 23:25
ホントにもう、早く言ってよ!って感じですね^^;
ウォーキングも、やらない方がいいって言う医師もいるけど、ラジオ体操もですか。
以前聞いたことがあるのだけど、わざわざ 「運動」 と称して不必要に体を動かすのは人間だけだ、って・・・まあ 言われてみればそのとおりですね(笑)
家事に いそしみ、こまめに風呂掃除や窓ふきなどしてれば それで充分なのかもしれないですね。
そう思うと、家事を ほっぽって お金をつかってジム通いなどは 愚の骨頂なのかなあ。そのうえに、運動してお腹が空いたなんて言って お昼を外食してきたりしたら、消費カロリーをたちまち上回るでしょうし。
・・・なんかホント、何やってんだろジブン、って思っちゃいますね(自爆)
yu_mama
2017年02月17日 11:32
ゆみすぎさま
コメントありがとうございます
あら~~~同じことになっちゃっていましたか。
ぎっくり腰を繰り返すようなら、椎間板の手術ですよ!って、医者から脅されました。開脚ストレッチをすると決まってぎっくり腰になるというパターンを見つけてからは、堂々とグータラ主婦をやっています。(もともと堂々としてますが
整体は、気持ち良いでしょうね。
結局、ふだんからの姿勢にもその人の癖があり、歪んだ格好になっているので、整体でほぐしてもらうのは理にかなっているのだと思います。
yu_mama
2017年02月17日 11:51
キーブーさま
ホント、早く言ってよ~~~でした。
ウォーキングを1万歩もやるのは、かえって身体を悪くするとも言われますし、毎日するなんて愚の骨頂という説もありますね。
確かに、わざわざ身体を酷使して、どっかしら不具合を抱えるのって本末転倒な気もします。
家事労働って、結構な運動量らしいですが、それすらサボる私は、本当のグータラ唐変木です。
はい。そして、これから友達とランチという私。カロリー摂取が消費を数倍上回っていることに、いい加減気づけよ!!と、自分にツッコミいれておきます。(笑)
2017年02月17日 11:54
ラジオ体操って、NHKの番組で、夏場には全国の会場を回って、大勢の人が集まってやってますよね~
その皆さんは殆どが高齢者ですよね~
私は体操やストレッチは嫌いなので、適当にやってるからあまり問題ないと思いますが、熱心にやってる人はたまったもんじゃないですね~
やはり歩くのが一番かなぁ~って、自分が散歩してるから
あきさん
2017年02月17日 17:35
> 「65歳以上の人は、ラジオ体操をやってはいけない」
・・・・・エーッ!!本当ですかあ??? 開脚体操は分かりませんが、65歳以上の人がラジオ体操をやってはいけないなんて・・・・信じられません。
なぜなら・・・・卑近な例で甚だ恐縮ですが、拙宅の奥様(事実上は婆さん・・・おん年74歳)は毎朝NHKTVで体操をするようになってから、体の柔軟性がよくなり、皮膚のつやも(それなりに・・・)よくなりましたよ。
もうかれこれ3年ほど続けていますが、益々快調であることが、寝起きを共にしている(隣で寝ているというだけです)私が一番よく分かります。
それに東京では、公園や広場など、いたるところで毎朝ラジオ体操を続けている大勢のお年寄りグループがワンサといらっしゃるようですよ。皆さんすこぶる元気です。
私の友人(私と同じで80歳)は自然発生的に集まった40人ほどのグループのリーダーに祭り上げられて世話役を勤めているそうです。
皆さんが老いて益々盛んなようですが、肝心のあきさんは偏屈者ゆえ、寝て起きて食うばかりの非生産的な日々を過ごしておりますけどね(苦笑)。
・・・・ということで冒頭の「65歳以上の人は、ラジオ体操をやってはいけない」・・・・は何か前置きが抜けてしまった言葉のような気がします。
それを言った人は、もしかすると日本中のラジオ体操ファンの数を見誤っているのでは・・・・それともラジオ体操に恨みでもある人か、・・・・つまらないコメントでごめんなさい。
yu_mama
2017年02月17日 21:33
たぁくんママ さま
ラジオ体操は高齢者の体操というイメージは、いつ頃から定着したのでしょうかね。
私の友人(後期高齢者の方)も、家から駅までのウォーキングとラジオ体操だけは、毎日がんばっているとおっしゃり、とても若々しくいらっしゃいます。
だから、人によるのでしょうが、「やってはいけない」という衝撃的な言葉で紹介しているテレビを観て、私は心底納得しました。
自分の身体と相談しながら、自分に合ったことをする!ということかしらね。
ウォーキングは良いのでしょうが、私のように足に爆弾を抱えて(靭帯が伸びていて足首が弱く、外反母趾があって、モートン病もあるという・・・)いますと、長時間のウォーキングも無理なんです。ということでグータラ決め込んでおります。
yu_mama
2017年02月17日 21:50
あきさん
この手の「やってはいけない」というのは、本当のところ正しいのかどうか、、、よくわかりません。ただ、私には合点がいきました。きっと人によるのだと思います。あきさんの奥方が、調子よろしくて肌ツヤも良くなっていらっしゃるのは何よりです。合っていらっしゃるのですね。

結局、何を信じ、何を取り入れていくか!?自己責任の部分が大きいかもしれません。
少なくとも、私は最近のベストセラーになっている「開脚ができるようになる」(正確なタイトルは忘れましたが)の著者がテレビで指導をしていた方法を続けていて、3週目あたりで、必ずギックリ腰をするので、私には合わないのだろうと思っています。

ラジオ体操の話に戻りますが、あの後半にある体操はきちんとやろうと思うと、かなりハードです。腰を中心に手を大きく外に伸ばした状態で円を描くわけですから、真剣にやれば、この体操だけで汗が吹き出ます。
また、上体反らしは、首を後ろにぐ~んと傾けてはいけないと最近では言われています。顔は自分のおへそを見るようにして上半身を反らしていくのです。これも、かなりハードです。
膝を伸ばした状態で、上半身を曲げて足首のあたりまで手を下げたところから一気に上体を起こして反らしていく体操などは、頭がグラングランしてきます。
これを80歳以上の方が、しっかりなさっているというのは、脅威です。私には絶対に無理です。目が回り、腰がピキピキ痛み、首が取れそうになるに違いありません。

この記事へのトラックバック