再起へ向けて

 なーんて、大げさなタイトルをつけてしまった。

 まずは、「クリニックで施術してもらったおかげか昨日と今日とでは、ずいぶんと違ってきたので、ここに記しておく。

 昨日の夜は、小豆の温もりに囲まれて早々に眠りに落ちた。いつもなら1時、1時半でもなかなか眠れないのが、12時半頃に寝落ちしたようだ。

 そしてもっと驚くのは、朝の5時半頃まで続けて眠れたことだ。 このところ痛みで眠れず、寝ても2時、3時に目が覚めてしまい、そのまま1、2時間くらいは痛みで寝られないことが多かった。夜中に何度も起きて、痛みでやり場のない腕を持て余し、もんどりうっていたのが当たり前だった。

 おかげで、朝からどんよりした気持ちになり、自分が奈落の底にいるのではないか?という鬱々とした気分だった。だるくてだるくて、辛くて辛くて、このまま私は泥のように形がなくなるのではないかと思う毎日だった。

 自分の存在がなんのためにここにあるのか? 活動の時間帯だけは、痛みを忘れて行動していたが、それ以外の時間は自力で呼吸をすることすら大儀だった。

 私はどうなってしまうのだろう? 

 肩を切り落とせば痛みから逃れられるんじゃないだろうか?

 そんなことをぼんやり思って、1ヶ月以上が経過していた。

 病院に行く決断も、自分ではできなかった。夫が勝手に電話をして予約を取ったことに、腹も立っていた。

 まだ一晩が過ぎただけなのでなんとも言えないが、とにかく久しぶりに連続して5時間ほど眠れたことは大きかった。朝から、朝食を作る元気があり、夫を送り出した後に 「今日は何をしようか?」という前向きな思考が戻って来た。

 左肩の痛みは、薬の効果が切れた朝には手の甲までに及んでいる。だから、痛みから解放されたわけではないのだが、睡眠力というのか、寝ることの大事さを感じた。

 腰の痛みは、昨日の鍼を刺した点を押すと痛いが、歩行、座った時の痛みは軽減されている。

 朝食後に薬を飲み、消炎鎮痛剤の効果が出て来たところで、肩のためのストレッチを行った。

 昨日の施術の最後に、通訳の方が入室し薬を持って来てくださった。

 そのタイミングで、整体師のお兄さんが肩のストレッチ5種を次々とやり始め、これを毎日やってくださいと言う。

 私が試しにやってみる間もなく、どんどん進めるので、通訳さんは心配して
「覚えられますか?」
と、私に話しかけた。

 こういう言い方に私は、ムキっと反骨精神が湧き上がる。(ああ、こういうところ、あのジジイ=私の父 と同じだ!)

 「大丈夫です」
と、キッパリ言う。

 記憶力はいいんだから。その場で瞬間に覚えなきゃならないとなると、私の集中力は全力を出す。

 ただし、その記憶力が持続するとは限らないので、家に帰ってすぐに復習してみた。

 その5種の中のひとつ、壁に体を寄せて手を挙げるというのがある。

 


こんなにも差がある(計測してみると19cm)


 ポストイットを貼り付けて (右手の位置は、自分で覚えておいてサンダルを履いてから貼っています)今後も貼っていこうと思う。

 これをfacebookにアップしたら、北京駐在経験のある男性が「同じことやったよ~」と、コメントをくださり、また、日本でも「同じ同じ」という人がちらほらいた。

 どうやら世界共通らしい。(って、日本と中国だけしか、わからんけど)

 毎日、少しずつでもストレッチ5種を続けるように言われたので、ギシギシ鳴っている肩をいたわりつつ、無理せずにやっていこうと思っている。

 これらのストレッチは予防にもなるというので、お若いそこの皆さま!! なさってみてくださいね~。


 (追記)
肩ストレッチ

その1  肩を中心に大きく、外側から回したり、内側から回す
その2  手で髪の毛をかき上げるような仕草で、頭の上で腕を回す
その3  忠誠を誓う時のポーズのように、肘を曲げて指先が反対の肩に届くように胸の前に置く。
その4  手を体の後ろに組むようにし、右手で左手首をつかんで少し引っ張るようにする。
その5  壁に体を寄せて手を挙げる

 以上 私の記憶が正しければ、、、です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2017年01月14日 11:44
前ブログの内容の施術の様子は、中国らしいというか、日本の病院の対応とは違うような気がしました~
鎮痛剤で、痛みが和らいで良かったですね~
改善に少しでも向かっているようで、ひとまず安心なのでしょうか~
私の通う病院では、Dr.が肩を触って「硬いですね~」と言っても、ストレッチをしろとはまだ言われた事がないんですよ~
診療科が違う(リウマチ膠原病科と整形外科などの)からかしら~
私の場合は検査結果から関節の腫れや痛みを治療する方向でお薬が出てるのですが、yu-mamaさんの痛みの原因の診断は、何なんでしょうか~

yu_mama
2017年01月14日 17:36
たぁくんママ さま
中国ならでは!でしょうね。クリニックに整体師が常駐していて、すぐにマッサージから始めてくれるのは助かります。日本だったら、マッサージは接骨院とか、整体に行かなければなりませんものね。
ストレッチは、ある程度の痛さを我慢しながらやらねばなりませんが、朝の薬を飲んだ後、夜の薬を飲んだ後にやっています。でもね、痛み止めは、やはり弱いんだかなんだか、昨日は夜中に目覚めてしまいました。そうそう簡単には治らないと覚悟しています。今日も施術してもらいましたが、超音波を肩にあてて、ピリピリビリビリと痛かったです。

レントゲンも血液検査も何もやっていなくて、「五十肩」で済まされているようです。ギックリ腰も、とりあえず痛みがかなり減少し、歩くこともできているので、このままマッサージだけで終わるようです。

日本のように、専門の科に分かれていなくて検査もせず、以前インフルエンザの疑いでお世話になった内科(と思われる)女医先生が、問診と私の腕を動かしてみただけで診断しています。いわゆる、昔の町医者みたいな感じです。そのドクターと顔を合わせたのは初診だけで、今日はいきなりの整体で、終わったらそのまま帰されました。
ねずみのお宿
2017年01月14日 21:23
肩は心配ですね
女医さんは整形外科の医師ではないし、普段はレントゲン技師がいないので、大学病院でレントゲンや検査をしてもらったほうがいいかもしれませんよ
マッサージは、クリニックの方が綺麗なので、そちらで受けた方がいいでしょうが。
先日TVで、痛みを我慢してたら、意外な大変な病気だったという番組を見ました
2017年01月15日 19:23
さすが中国ですね・・・って、中国はほら、針とか施術とか、そんなものの専門がありますよね・・?うろ覚えなので、ごめんなさい。
私の友人のご主人が、中医療にとても関心があって、いつも私に色々と言っていらしたのを思い出しました。
もう、その友人も亡くなりましたが。

でも、肩がいくらか良くなってよかったですね。
左右の腕に、こんなに差があるなんて、すごいですね・・・。

眠るということの大切さは、よく分かります。
私も夫を亡くしてから、まったく眠れなくなり、今は睡眠薬のお世話になっています。
yu_mamaさん、よく寝て下さいね(#^.^#)
yu_mama
2017年01月16日 01:22
ねずみのお宿さま
ご心配をおかけしております。
女医さんは、専門医ではないですものね。私もそのあたり心配には思っております。

肩の痛みで調べていると、確かに恐ろしい病気もヒットしますね。私は頚椎と関連しているような気がしてなりません。首もギシギシ鳴っています。大学病院での検査も考えてみます。
ありがとうございます。
yu_mama
2017年01月16日 01:30
お啓さま
中国は、東洋医学の先輩ですものね。医食同源という言葉もあり、漢方薬もあり、民間医療も発達は日本の比ではないかもしれません。たぶん、保険制度などとの関連もあるのかもしれないですけどね。(韓国では、医療費が高く保険整備ができていないので、街には薬局が多くありました。病院に行けない庶民は薬で治すということのようでした)
お友達にお詳しい方がいらしたのですね。

週3回ほど、整体に通うことになっていますので、これで1ヶ月ほどで改善されればいいな~と思っておりますけど・・・専門医に診てもらった方がいいのかな~とも思っています。

睡眠は大事ですね。痛みで寝られないなんて初めてです。だいたい、眠れないという経験がなかったもので(むしろすぐに寝ちゃう)自分でコントロール不能に陥りそうです。
整体をやってもらった日は、5時間ほど続けて寝られるようで、昨日の土曜日も整体をして来たからか、朝5時ごろまで寝られました。
ご心配をいただき、ありがとうございます。
2017年01月17日 09:45
くじけるな yuさん!
2017年01月17日 16:10
食料調達をはじめ、日本人にとっては、何かと不自由な中国で、奮闘されてる姿に励まされています。今回は、体の痛みにも苦しまれているご様子に涙が出ます。
私もこの間、乳ガンの手術をしたあと、肩や背中の筋肉や筋が突っ張った感じで、違和感がありましたので、yu-mamaさんの体操を一日に数回、実践しています。お陰さまで、だいぶ、伸ばせるようになりました(^o^)。でも、元来、体が硬いので、右手で、左手首をつかむことができないでいます(*_*)。少しでも近づけるようにがんばります(^o^)。
yu_mama
2017年01月18日 15:07
seizi05さま
オジさん、ありがと~~~
オジさんからのエールで、元気復活
yu_mama
2017年01月18日 15:11
わらびさま
そうでしたか。ストレッチとして、五十肩予防にもなるようですし、コリほぐしにも適しているように思います。なさっていらっしゃるのですね。共に続けましょうね。

クリニックの近くに大きな日系スーパーがあり、帰りにヨーグルトと豚肉のスライスを買えるので、それを励みに(笑)頑張って週3回、通っております。家の近所のスーパーでは、甘くないヨーグルトも、豚のスライス肉もないのです。それが調達できるありがた~い位置にクリニックがあります。

この記事へのトラックバック