息子の夏休み

 社会人になって3年目の息子は、お盆休みに 私の実家の父の様子を見に行ってくれた。

 4人いる孫の中で唯一の男の子である我が息子は、時々単独で呼び出されている。

 父いわく

 「親の育て方が悪いから、オレが教育してやる」
のだそうだ。

 ありがた迷惑な話だ。私だったら逃げたいところだが、心優しい息子は上手につきあってくれている。

 その息子が、お盆休みに引き続きの夏休みをとって旅行を計画したらしい。

 8月8日に いきなり 家族でグループを作るLineに書き込んだ。

 「この夏、17~22 カンボジアにボランティア兼観光旅行に行ってきます」

と!  このLine、娘夫婦と私たち夫婦と息子の5人で繋がっているが、息子からの発信は初めてだ。しかも、いつも私たちがLineで会話をしていても、読むだけで話に入ってこない息子が、自分からの発信!

 それが カンボジアだと!?

 しかもボランティア??

 え? もうすぐ出発じゃん!!

息子の発信に、一斉にツッコミが始まった。

 婿どのは、「気をつけてね」のひとことにまとめたが、

 母と姉である娘は、黙っていられない。

 病気に気をつけろだの、蚊にさされるなだの、胃腸薬、風邪薬、虫除け、日焼け止め、、あれ持ってけ、これ持ってけだの、水に気をつけろなどなど。。。

 ネガティブなことが 私を筆頭に、娘からも発せられる。

 あまりに、発言が悲壮感漂い、あ、これはちょっとかわいそうかな~と思い、

 「でも、きっと良い体験になるよね。感じるもの得るものありそうだね」
と、娘がフォロー、私も安心材料を送ってやらねばと慌てる。

 しばらく黙っていた夫からは、カンボジアの情勢、日本政府が出している危険地域マップ情報などのURLが書き込まれる。

 何を思ったのか、そういうことは昔から何も言わない息子だ。

 いつもひとりで決めてひとりで行動する。

 会社勤めをしているので、長い旅行には出られない。1年目も2年目も、9月に試験があったために夏休みも勉強に没頭していたが、今年は試験の心配は終わったらしい。やっと旅行に出られる休みが得られたというのに、なんでボランティアなのか? しかもカンボジア? 両親のいる中国を飛び越えて、カンボジア?

 私は、カンボジアに行ったことはないのだが、何か危険そうなイメージがある。アンコールワットを見てみたい気もするが、治安も心配なら衛生面も気になる。

 息子の話では、カンボジアの孤児と遊ぶボランティアだという。

 すぐに夫が「かものはしプロジェクト」のホームページを発見した。 子供を売られることのない世界を作るという目的で活動するプロジェクトだ。

 あれこれと心配をし、マイナス発言ばかりを投げかけた私だが、息子の意思を尊重し、短い期間でも意義のある旅行であって欲しいと願った。

 出発前日、息子は姉夫婦とマイケルの住む実家に行き、3人でお好み焼きを食べたようだ。婿どのは、チョコレートパンケーキを焼いてくれたらしい。 私たちを安心させるかのように、娘がそれらの写真を送ってくれた。



 そして・・・・

 帰国してすぐに 

 「無事に戻りました。めっちゃ楽しかった~」
とLineに書いてきた。


 カンボジアの子供との楽しそうなツーショット写真が添付されていた。

 ああ、こんな生き生きした顔の息子

 嬉しそうに息子に寄りかかるかわいい男の子

 それ以上の感想はまだ何も聞いていないが、この写真1枚を見ただけで、私の子育ては間違っていなかったと密かに思った私だ。


 この気持ち、私の父にはわかるまい。
 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

雨音
2014年09月02日 21:38
お久しぶりです。

カンボジア、私も今夏観光旅行ですが ツァーで行ってきましたよ。
アンコールワットはやはりすごかった・・・。あちこち補修工事が行われていて、そこで働く人たちがまだ幼い子供たちを連れてきて、空き地で遊ばせているのですが、これだけ観光客の多いところで、誘拐などの心配はないのだろうかと思ってしまいました。子供たちは上半身裸で、裸足です。カメラを向けると恥ずかしそうに笑っていました。
孤児院にも寄って、数十人の子が遊んだり 作業したりしてるところを見ました。
そこの影絵工房で セイラちゃんという10歳くらいの女の子の作品を1ドルで買いました。これは彼女のお小遣いになるのだそうです。それを知っていたら、ほかの子の作品も買えるだけ買ったら良かったと後悔しました。

いい息子さんに育っていらっしゃいますね。yu-mamaさんの子育て、大成功ですね。
ちょっと羨ましいデス。
あめめ
2014年09月03日 12:57
あら、うちのパートナーも8月末に行っておりました、カンボジア。
行く前の週に一緒に大使館へ出来上がったVISAを取りに行ったら、絶え間なくVISAを受け取る人が出入りしていました。噂には聞いていましたが人気なんだなと感じました。でもやはり割りと良いホテルをスポンサーが手配してくれていたようですが、水回りなどは大変だったようです。ただそういう所へ行くだけでも、日本の標準的な生活環境が心底ありがたく感じられるようになったりと経験になりますよね。その上にご本人が「楽しかった」とおっしゃるというのは素晴らしい。立派な大人になっていらっしゃるじゃないですか。親御さんの教育が良かったからでしょ、そうでしょ。うん。
2014年09月03日 20:03
素敵な息子さんですね。
わたしもカンボジアで孤児の子供たちと遊びたい!
と、今ネットで情報収集中です。
でもなぁ一人で行くって言ったらそれこそ母が発狂しそうだわw
こんなときやっぱり男に生まれたかったと思うのです。
このボランティアと観光のたび、後日談あったらぜひぜひ乗せてくださいね。
やっぱりyu-mamaさまがちゃんと育てた成果ですよ。どんと威張ってくださいなw
2014年09月03日 23:15
こんばんは~♪( ´▽`)
娘さんの言う通り♪ 息子さんはきっと大きなものを得たと思います♥ 「無言実行」なとこや行動力はyu-mamaさんのDNAでは?? 息子さん、自慢してOKですよ~♥ ウチの息子にチョコっと爪の垢ください・・・
yu_mama
2014年09月04日 22:23
雨音さま
まあ、雨音さんもいらしたのですかー。しかもこの夏。きっと同じようなところを息子も回っていたのでしょうね。私は行ったことがないのですが、息子がどういう経緯でカンボジアに行こうと思ったのか、今度会ったら聞いてみたいです。やはりアンコールワットは1度は見ておきたいです私も。カンボジアに限らないかもしれませんが、日本人として観光だけでなくできることをする旅行というのは、意味がありそうですね。

息子は小さい頃に川崎病にかかり、大動脈瘤までできて命の危険と隣り合わせで育ちました。だから、ちょっと甘やかしすぎたところもあり、そのあたりを父からいつも言われています。「お前は、息子に甘過ぎるぞ!」ってね。
病気がよくなってからは、むしろ放りっぱなしだったのですが、それまた父に言わせるとダメなんだそうで、もっと干渉しなければいけないんだそうで。。。
子育て失敗じゃないって言って頂くと嬉しいです。
yu_mama
2014年09月04日 22:28
あめめさま
まあ、パートナーさまもカンボジアにいらしたのですか~~~。すごい!!ここだけで3人いるー なんか、かものはしの代表の方がテレビにも出たみたいで、今話題で人気があるのかしら。。。
息子は、高校時代にイギリスに3週間だったか1ヶ月だったかホームステイをして、その時にも楽しかったようですが、それとはまた別の楽しさだったみたいです。自分のお金を使って行くのは初めてなので、選びに選んだのでしょうね。
親の教育が良かった!と褒めて頂くと、木に登っちゃう。(笑)
yu_mama
2014年09月04日 22:35
ミルテさま
興味ありますか~? 私もカンボジア行ってみたいですけど、ひとりっていうのは考えちゃいます。 やはりそのあたり、男子と女子の違いありますね。私も娘がひとりでカンボジア・・・って言ったら、心配で心配でやめてって言うかもしれないです。息子でも、病気などの心配はあるものの、女の子の場合とは違う感覚で、気をつけた上での渡航に背中を押すかもしれないです。
後日談、あるかな~~~。無口な子でして(笑)
親業を褒めて頂くと、嬉しいです。
yu_mama
2014年09月04日 22:40
ゆきえママさま
そうですね。短い旅行でも、良い経験をしてきたと思います。親に相談しない子でしてねー。なんでも事後報告ですわ。
息子さんも、もう少し大きくなったら、きっと世界に目を向けて出て行くかもですよ~。サッカー留学とか!!これからこれから。夢いっぱいでいいですね。
2014年09月06日 12:32
古人曰く 可愛い子には 旅に出せ 
どりばる♪
2014年09月09日 09:46
>この写真1枚を見ただけで、私の子育ては間違っていなかったと密かに思った私だ。

いい文ですよ~ここ
素晴らしい青年に成長しましたね さすが yumamaの息子さん!

それにしても yumamaの文章は いつも スマートなオチがついていて 読み手を 引き込んでしまうテクには感心します
yu_mama
2014年09月09日 17:46
seizi05さま
そーゆーことですね。28歳の子が、可愛い子と呼べるかどうかは別として
yu_mama
2014年09月09日 17:50
どりばる♪さま
ありがとうございま~す。
文章を褒めて頂きまして、嬉しいです。

息子ねえ、28歳でやっと社会人3年目。色々とありましたし、これからもまだ心配な子ではありますが、自分で何やら考えているのでしょうね。

うふふ、関西人じゃないけど、オチをついつい考えちゃいます。

ところで・・・どりばるさんのところが、この国では開けないんですよ。
どうなっちゃっているんでしょ。すみません。訪問できず・・・。

この記事へのトラックバック