「やっちまったなー」第2弾

前記事でご紹介した通り 右上腕部骨折をした父」は、幸いなことにズレていない軽い骨折だったため、三角巾と腰痛ベルトのようなマジックテープで留めるバンド状のもので固定するだけで処置は終わった。

 そのまま家に連れ帰ってから、私は手早く社会福祉協議会へ連絡したり、地域包括支援センターに連絡して、介護認定の申請手続きを急いだ。

 以前から、いつ何が起こるかわからないのだから介護認定を受けておいた方が良いという話をしていたのだが、父は頑に拒否していた。

 「あんなものは、娘が親の面倒をみたくないからできた制度だ」
と、言って怒るだけだった。

 だからこういう時に困るんです!!

 連絡をするとすぐに、地域包括支援センターから社会福祉士が訪問してきてくださった。事の顛末を説明し、早急に介護認定を申請したい旨を伝えた。とりあえず、緊急の状況ということで、予測で認定の度合いを判断し前倒しで暫定ケアプランを立ててくださるという。せいぜい要支援がつく程度なので、週2回、45分間だけヘルパーを頼めるという。認定が出るには、1ヶ月以上がかかる。

 父は、「そんなにかかるんじゃ、いざという時に間に合わん!」
と文句を言う。

 だから前から言ってたのに・・・ぶつぶつ。



 それまでひとりで食事を作っていた父だが、右手が使えないとなると何もできなくなる。まず困るのが夕食だ。朝食は、私が着替えを手伝った後に作れば済むが、毎日の夕食ともなるとなかなか難しい。

 その日の午後に、社協からお弁当についての説明に来てくれるというアポを取ったところで、私は時間切れ。ピアノの本番に向かわねばならない。手術ということにでもなればピアノは諦めるつもりだったが、一応、すべてのことをやったのだし、その日の夕食については前日の深夜2時に作って用意してきていたので問題はない。

 「私、これから虎ノ門にピアノを弾きに行ってくるから。帰り、また寄るから。」
と言い残し、車を飛ばして自宅に戻った。大急ぎでステージ用のワンピースに着替えると、車で実家に便利な駅まで走り、デパートの駐車場に停め、そこからは電車で都内を目指した。

 「グリーグの会」は、午後1時からのリハーサルが予定されていたが、私が到着したのは4時過ぎ。リハの順番を変更して、残る時間はすべて私のために空けていてくれた。

 しかし、そんなに簡単に気持ちが切り替えられるものでもないんじゃない? 朝から病院やら、介護認定の手続きやら・・・ダッシュで会場に来て、北欧の音楽の世界に自分のテンションを持って行けるか。とまあ、言い訳には事欠かないので、リハもそこそこに席についた。

 本番は4時半から始まった。私の出演順は最後だ。

 皆さんの演奏を聴くうちに、ようやくグリーグの世界に入り込んでいく。

 5曲のうち最初の曲は、オクターブ和音が連続で転調していくあたりが面倒で難しい。それでもなんとかごまかし、ごまかし進める。ようやく最後の曲にたどり着き、この曲はさほど難しくないので少々ほっとした。落ち着いたテンポで、しかし2対3のリズムをうまくはめ込みながら、メロディーラインを小指で出すあたりに神経を注ぐ。

 最後のページまできて、ああ、終われると思った瞬間。

 アタマ真っ白。

 左手がAの和音をアルペジオで弾いているのに、右手があろうことかAsを鳴らした。 その瞬間に、自分が間違えたとは思わなかった私。

 「このピアノ、壊れた! おかしい音がおかしい!」
とパニックになった。左手の音を確認しながら、右手の音がおかしいのはピアノが壊れたと思い込んだ。

 ピアノから手を離し、「あれ?」と声が出た私。

 なんかわからないまま、楽譜の1段4小節をすっ飛ばして終わった。

 「やっちまったなー」


 

この記事へのコメント

パック
2013年12月21日 20:48
お父さんのこともあったのに良くここまでやりましたね。^_^
私だったら💮つけてあげたいな。
あめめ
2013年12月22日 00:43
発表会そのものだけでなく、本当にお疲れ様でした。
yu_mamaさんの演奏聴いていて、発見もありとても楽しかったですよ。本当にあの状況でよく調整なさったと思います。兎に角来て下さって良かった。全員揃ってできて良かったです。
yu_mama
2013年12月22日 16:20
パックさま
こういうことが重なるというのは、私の運命なのかしら?って笑ってしまいました。早めに介護認定だけでも受けてみてって言っていたんですけど、抵抗があるようでしてね。結局、緊急事態になってからの後手後手で手続きしました。ピアノの本番という緊急事態もありましたから、そりゃー私は迅速にテキパキと致しましたよ。出られるかどうかがかかっていたものですから。
yu_mama
2013年12月22日 16:23
あめめさま
色々とご迷惑をおかけしました。予定通りにいかないものですね。
え?どんな発見ですか~? ホントは、そういうことも伺いたかったんですけど、あの打ち上げは、完全に夫に持っていかれました~ 飲み放題でウーロン茶のみっていう経験も初めてですし、二次会にも行けなかった悔しさ。7時半なんて「これから」の時間ですものね。
でもホント出られて良かったです。少ない人数ですから全員揃ってこそですものね。
2013年12月24日 23:57
本番お疲れ様でした。
グリーグの抒情小曲集は学生時代に数曲触って
なんか病んでるわ、この人。
って思った曲しか与えられなかった記憶があるのです。
自分で弾かなきゃ素敵なのになぁ、って思ったのを思い出しました。
yu_mamaさまは何を弾かれたのでしょう?
頭が真っ白になる恐怖、いまだに悪夢としてみます。
お疲れ様でした。
それ以外は納得のいく演奏だったようですね。いつか聞いてみたにです、歌もピアノも。
yu_mama
2013年12月25日 00:24
ミルテさま
好き嫌いは分かれると思いますが、実は私も弾きたくないな~っていうスタート地点から始まったのです。ところが、弾いているうちに好きになっていきました。
「過ぎ去った日々」「ガーデ」「幻想」「ちょうちょう」「夜想曲」の5曲です。この順番でプログラムを組んでみたのですが、まあ、夜想曲の最後、簡単な場所での錯乱(笑)何が起こったのか、自分でも夢の中にいるような感覚でした。
納得というか、ブランクの長いオバさんが弾いているわけですから、こんなものだろう!という納得です。

この記事へのトラックバック