すてきな週末の過ごし方

 土日休みのサラリーマンの方々は、金曜日の夜に心が解放されることだろう。
 そういうサラリーマンの妻は、毎日が日曜日とも言えるが、365日休みなく家事に追われるとも言える。

 家族がいることが嫌なわけではないが、週末になると時間の都合は家人に合わせることが多くなり、知らず知らずのうちに肩に力が入っているようだ。

 月曜日の朝に心の解放を感じる。家族が出払うとほっとする。う~~~ん!出てった!と、軽くのびをする。

 そんな朝、家事をほっぽってコーヒーを片手に、しばし休息の時間を楽しむ。と言っても、洗たく機が回っている間の時間だったり、煮物を火にかけながらのわずかな時間だったりするのだが、家族がいると、そのわずかな隙間時間の「自分時間」すら持てないことが多い。

 そういえば、むかしむかし・・・・私が大学生のころ、父が
 「裁判官とだけは結婚しない方がいいぞ」
と言ったことがあるのを思い出した。理由は
 「膨大な資料を読まねばならず、家に持ち帰ってずーっと読んでいる。静かにしていないと集中できないから
 家の中で妻たるものはひっそりして暮らさねばならない。しかも守秘義務があるから、何も語らない。頭の中は
 裁判のことでいっぱいなので、いきおい会話のない夫婦になる。」
と、まあ、かなりの偏見に満ちた父の勝手な思い込みではあったが、素直な私は
 「なるほど。それはかなわない」
と思ったものだった。もちろん、そんな相手がいたわけでもないし、裁判官に憧れていたわけでもないのでどうでもいい話ではあったが。

 今の時代、家に書類を持ち帰って・・・などということはないのだと思うが、裁判に関して他言できないことは、裁判員制度の説明でも言われているようなので、そうなのだろう。

 話はどんどん逸れてしまう。元に戻そう。

 この週末は、なかなか良い「自分時間」を持てた。

 金曜日は、OB合唱団の発声指導をしてくださっている先生の 「ソプラノ・ソロ・リサイタル」だった。久しぶりに横浜「みなとみらいホール」まで出かけた。昨年の12月に旧友と会ったのが横浜みなとみらいだったので、それ以来のことではあったが、ホールに行くのは何年ぶりかのことだった。

 あのホールは開始ベルの代わりに銅鑼が鳴る。雰囲気のあるよいコンサートホールなので、私は好きだ。

 先生のリサイタルは初めて聴くが、難曲が並べられたプログラム内容は、見ているだけで大変そうだった。もちろん素晴らしい響きを聴かせてくださり、20名ほどの私たちの仲間がみんな感動で興奮した。良い音楽を聴き、心も温まる時間だった。

 その余韻残るまま、土曜日は練習があった。前日の疲れを引きずったまま、先生は指導にいらしてくださった。私たちが聴く分には、どこにも破たんがなかったと思われる素晴らしい歌唱でも、先生ご本人には反省材料がたくさんおありだったようで、
 「ホントにねえ。もっと晴れ晴れとしてここに来たかったんだけど、やれやれ終わったという感じなのよ~。
 悔しくて眠れなくってねえ。2時間くらいしか寝てないの。」
と、幾分眼の落ち込みが深くなったようだった。プロでも、ひとりでリサイタルをすることは大変なのだろう。2時間、17曲を歌うのだから、そりゃあ大変だ。

 レッスン後、恒例の飲み会に参加した。家人がゴルフに行っているので、私が遊んでも文句はあるまい。一応、食事の支度はある程度してあったので、メールで
「飲み会に参加しまーす」
と送信しておいた。どうせゴルフの最中は、メールも見ないことはわかっていたので返事も待たずに決めた。こういう時、携帯メールは便利だとつくづく思う。直接話せば相手の返事を聞いて都合を合わせてしまうかもしれないが、メールは一方的に伝言できる。たいした発明だ。

 飲み会では、ビールから日本酒へと移行。そのうちに、
「yu_mama、こんなお猪口じゃまだるっこしい。こっちで飲め」
と、大きな水割り用のカップに日本酒を注がれてしまう。ドボドボっと。

 ま、いいっか! で飲んでいると、首席指揮者がとっくりを持って近づいてきて、私に酌をしてくれる。大きなカップを差し出すと、
「お前~!なんでこんなデカイので飲んでるんだー。俺はコレだぞ」
と、自分の小さなお猪口を見せる。

「そりゃー、私ばっかり仕事してますモン」

そう、相変わらず、11月の演奏会が終わってからは、今のところ私がひとりで指揮をしている。開店休業中の男性指揮者は、頭の中は働いているようだが、実際の指揮はしていない。そろそろ出番。


 このごろは二次会もなく、そのまま帰ることが多かったが、駅に向かって歩く途中で誰からともなく
「カラオケ行くか」
という話が出た。

 「それーーー行くぞーーー歌うぞーーー」
って、私だけが言ったわけではあるまいが、男性5人、女性3人で駅近くからUターン。久しぶりのカラオケに行った。まだ9時前だし。

 おじちゃんたちが 「次郎長」だ、小林旭だとやっている傍で、私はチャッチャと選曲入力。おじちゃんたちの歌の合間に、wakaちゃん(私の娘と言われている一歳下の後輩)と私で、キャンディーズ、ピンクレディー。踊りながら歌って、時にはハモって。。。

 気がつけば11時。

「キャー電車がなくなる~」

日付が変わる頃、降車駅でふっと眼を覚まし、電車から飛び降りた私。ギリギリで、寝過ごしは免れた。
家に帰れば、ゴルフ疲れでテレビの前でうたた寝していたらしい家人が、
「ああ、お帰り」
と振りむく。

「あ~、その~、もう少し早く帰るつもりだったのに、なんだかカラオケにつきあわされちゃって」
なんて別に言い訳をしなくてもいいのに・・・。
むしろ積極的に行ったのにうそっぽいことを言ったりして。
これがサラリーマンの妻よねえと、ふっとため息をついたりして。

 日曜日は、前日の日本酒のことは忘れて、やっぱり朝からキッチンに立つ私。
遅く起きてきた家人に

「おはようー」

あれ!声がしゃがれてる。

ヤバッ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2009年01月26日 10:48
いいですねぇ。カラオケ。
年齢が近い人と行くとたくさん歌えますよね。
歌いすぎて枯れた声・・・ちょっと艶っぽい声って憧れません?
ウチも土曜の夜は家族と義妹と甥っ子で、3時間!!
娘たちの歌にはついていけませんが、オジサンオバサンで3分の1は歌いました。なんとウルトラマンタロウが共通盛り上がり曲でしたよ。
ウルトラの父がいる~ウルトラの母がいる~
※文字までかすれている様な・・・。
海っ子
2009年01月26日 11:32
yu mamaさん始めまして。
のっけから謝らなくてはなりません。
アンダーバーをどうやって記すのか判らなくって。
ごめんなさいね。
いやぁ、楽しい文章ですなぁ。
家族が家に居るとなんとなく圧迫感を感じることから
始まって、レッスンの様子、そして居酒屋での酒豪ぶり。
ご主人への僅かな?気兼ねなど、引き込まれましたよ。
うまいなー!
ヤバッで締めくくってるのもサイコーです。

追伸*こっちのブログを読んでくださっているとのこと。
   好きですねんって嬉しいお言葉を頂戴し、
   アタシ、感涙にむせんでいます。
   ありがとう!
2009年01月26日 17:37
↑の方の感想に同じくです♪
yu_mamaさんのお話、楽しいです。
(たとえそれが、苦痛を表したいシーンでも^^)
開始ベルの代わりに銅鑼が鳴る、とか
大きな水割り用のカップに日本酒を…ドボドボっ
とか、音も楽しい~
もちろん、キャンディーズとピンクレディーも♪
その時々のyu_mamaさんの笑顔がフツフツと。。
『すてきな週末の過ごし方』がバッチリ見えました。
2009年01月26日 18:34
「みなとみらいホール」はインターコンチの中でした?
久し振りのブログは、活発な主婦の生き生きとした生活が、
家人に対する様々な想いと、周囲の仲間達とのやり取りを、
洒脱な筆致で軽快に描いていて楽しめましたよ(^-^)v


yu_mama
2009年01月26日 23:05
Pochiさま
お宅もでしたか~。ご親族が集まってのカラオケなんて、いいですねえ。やったことないけど、今度何かの機会にやってみたいですぅ。
ウルトラの父がいる~♪なーるほど。共通の曲は、ウルトラマンタロウでしたか。われら合唱団メンバーだと、「さとうきび畑」「この野原いっぱい」「大きな古時計」あたりが共通の曲かなあ。
かすれ声で、本日夜はアンサンブルの練習に参加してきました。明日は、女声合唱団があるし・・・。お喉ガラガラしなくっちゃ。
yu_mama
2009年01月26日 23:25
soraさま
まあ、お誉めいただきありがとうございます。文章が長くなってしまうのは、あれもこれも思いつきで書いていくからなのでしょうねえ。話は逸れるし、枝葉が広がり過ぎてまとまりの悪いボサボサの木ですね。(笑)それでも、楽しいと言っていただけると嬉しいです。
久々のカラオケで、お酒の力もあって、ガンガン歌いすぎました。かなり音程も悪かったに違いありません。思いっきり大きな声で歌ったので、傍迷惑だったに違いありません。そんなこと知ったこっちゃない。
挙句の果てが、しゃがれ声ですものね。マイッタマイッタ 明日のコーラスで、高音が出るかしら~。
yu_mama
2009年01月26日 23:31
達さま
インターコンチよりも先になります。クイーンズスクエアの端っこに位置します。最近は、みなとみらい線ができたので、とっても便利になりましたね。以前は桜木町からだらだら~っと動く歩道なんかを歩いて、てくてく行かねばなりませんでしたが、今ではクイーンズスクエアまで電車が行っちゃってるのです。
帰りは、ホール近くの(クイーンズスクエア内)レストランに入りましたが、目の前に観覧車が見えました。
なかなかブログをしている時間がなくって・・・。と言いつつ、こんなふうに遊んでいるわけでして。 楽しんでいただけで良かったです。^^
yu_mama
2009年01月27日 00:18
海っ子さま
キャーキャー。あの海っ子さんがいらしてくださったのですねえ。ありがとうございます。あしあとさんに教えていただき、「すごいブログ見つけちゃった。面白くてハマりますよ」っていうので、コソコソお邪魔していました。本当に、素敵なブログでした。文章が上手で、まとめ方もすっきりですし、着眼点もはっとさせられます。潔い感じというのか、サバサバっとしていて。気持がスカッとします。憧れの海っ子さんに、私の長ったらしい文章を読んでいただき、おほめの言葉まで頂戴して、素直にうれしいです。私は、もう少しまとめ力を身につけたいですわ。
yu_mamaのアンダンバーは、shiftを押しながら、ひらがなの「ろ」のところを叩けば出ます。ややこしいハンドルネームですみません。なんでもいいんですけどね。

ps:返コメの順序がおかしなことになって、すみません。ちょっと書きなおしたものですから。すみません。
kaako
2009年01月27日 13:04
こんにちは~(*^。^*)
まさに ケータイは 使いようで ほんと主婦の味方!大した発明です!
よかったね~素敵な仲間と楽しい飲み会~主婦にとって 自分だけの時間は至福の時!家族に縛られてるからこそ 味わえる自由!ですよね。
たまの息抜きは 男も女も必要ですからね

裁判官とは結婚するな!これは 奄美大島で撮影された NHKの裁判官のドラマで どれほど裁判官が私生活を犠牲にせざるをえないかわかりました。
yu_mama
2009年01月28日 07:53
kaakoさま
おはよう~。
ケータイの上手な利用法^^ 携帯依存の若者の気持ちも、少しはわかったりして・・・。
久々に時間も忘れて、のびのび~~~っとしてまいりましたわ。独身時代には、当たり前と思っていた(とはいえ、門限が厳しかったですけど)少なくとも、家族への後ろめたさはなかったですけど、主婦は何かと・・・ねえ。
そうそ!男も女も息抜きは必要ですね。

あの裁判官ドラマ、ご覧になっていましたか。奄美大島の美しい景色、私もほれぼれ~っと観ておりました。
2009年01月29日 15:40
夫がリタイアして半年になります。
ず~っと家にいます。
一人の時間が欲しかったりします(笑)
納戸を片付けて、自分の部屋を作ろうかと思ってます。
思ってるだけですけど…。
yu_mama
2009年01月29日 20:51
風民さま
いっくら仲良しでも、やっぱりたま~には「ひとり時間」が必要なのでしょうね。風民ちゃんご夫妻は、ホントに羨ましいほどの仲良しだから「思うだけ」でしょうけど。(笑) でもね、これから長いですよ~。老後も長いですよ~~~。なんて脅かしたりして。アハハ

この記事へのトラックバック