医者と主婦

 日曜日から、ほとんど寝ているだけなのに、熱が下がらない。解熱剤を使って1度は下げたものの、すぐに上がってしまう熱のことが気になり始めた。

 日曜日の朝には、多少喉が痛くて
「ああ、風邪か~。土曜日に美容院で頭を濡らした状態で長時間いたからかなあ」
などと思っていたのだが、それがいつまで経っても次の症状が出ないまま、熱だけ不安定に上がり下がりを繰り返している。

 これは、何かヘンだ。風邪なら、それらしい症状が出るだろう。鼻水もセキもなく、喉の痛みも消えたというのに、熱に悩まされている状態が3日も続いている。嫌な夢も見るし、家の中がほったらかしなのもそろそろ気になってくる。第一、寝すぎで腰が痛い。

 それでも、少しだけセキが出始めた午後。ああ、やっぱり風邪だったのね、と安心した。というのも、友たちが意味不明の微熱に17日間も悩まされ、病院に行っても一向に埒が明かない状況が続いているからだ。電話で少し話をした時、
「このまま自分はどうなるんだろうって不安でしょうがなかったわ。病名が決まれば治療もできるのに、なんだかわからないのって一番不安なものよ」
と言っていたことを思い出す。

 まさか私までそんなことになろうとは。って、まだたったの3日だけど。それでも、6日には合唱団で老人ホーム慰問演奏があるから、指揮者として抜けるわけにはいかない。ドタキャンクイーンの名前は、キッパリと返上したはずなので戻ってきてもらっては困る。

 火曜日の今日、医者に行くべきと判断した。このまま寝ていても、不安になるばかりでちっともよくならないだろうと踏んだからだった。

 威勢のいい魚屋のおっちゃんみたいなドクターのところへは、久しぶりに行った。近所の医者が、どうもヤブぞろいなので、少し遠いが魚屋まで来ている。ただ、このおっちゃんは、すぐに点滴をしたがるので、それもいかがなものかと躊躇はある。悪化させてしまったものには点滴が効果的なのだが、なんでもかんでも(中耳炎でちょっと耳を覗いただけでも)
「よし点滴だ」
と判断するところに、私は疑問を感じている。

 今回は、6日の演奏のことを考えると時間的余裕は無い。ここは魚屋に頼るしか道はない。

 診療所の受付で、問診表に記入して順番を待つ。待つまでも無く、誰一人として患者のいないことは入ってすぐにわかっていた。むしろ私が問診表を書き終えるのを待たれているという状況だった。出すと、すぐに名前を呼ばれた。

 診察室に、あの魚屋のおっちゃんはいた。相変わらず、テカテカした顔でメタボ体型を隠しもせず、ぎょろっとした目で私の書いた問診表を見ながら
「気管支炎だね」
と即診断。

え?まさか。大体、診察もせず、人の顔も見ないで何を言うの?という不信感が湧き、思わず
「違うと思います。」
と、医者の診断を即否定した失礼な私。さすがに失礼だったかと慌てて
「セキもほとんど出ていないし、出始めたのもさっきですし」
と付け加えたが。
医学博士相手にただの主婦が、診断ダメだしをするなんて聞いたことないわ。わからなくて不安だったから、医者に来たはずなのに・・・。
つい出てしまった言葉を拾い集めようと、手を宙に出してもがいたところで言葉の回収はできない。さぞや医者はムッときたことと思うが、そんな言葉聞いてないぞといわんばかりに、冷静に
「レントゲンしよう」
とおっしゃる。

はいはい。そこでどうせ何も出ないでしょうよ。と思いながら、これで白黒つけられると安心してレントゲン室に行った。

レントゲンが終わると、すぐに診察室でパソコン画面に取り込み、ドクターは真剣なまなざしで見つめた。拡大しながら、必要な箇所を何度もクリックしてみている。

私は、母を病院に連れて行っていつもレントゲンを見ていた。肺の病気だった母のレントゲンは、いつも半分以上が真っ白だった。だから、自分の今のレントゲン結果を見て、そこに白い病巣があるのがわかった。

なぬ?

魚屋ドクターは、
「健康体の人のレントゲンがコレです。肺炎のひどい人のレントゲンがこっちです。で、あなたのは、上はきれいに黒いですが、下の方が白いですよね。気管支炎ですね。はい点滴」
と、キビキビ言った。

私は、自分でも驚いていた。こんなに簡単に気管支炎になっていたとは。。。私の中では、気管支炎というのは、風邪をこじらせて長々とセキが止まらない状態の延長上にあるとイメージしている。それを見事に覆された結果に驚いた。
素人の単なるイメージで、専門家の診断を即却下したことを申し訳なく思いながら、こんなにも簡単に気管支炎になってしまう自分の身体を恐ろしいと感じた。

母の体質を受け継いでしまったのかな~。
これからは、ちょっとした体調不良でも気管支炎をすぐに疑わねばならないかもしれないな~。
アルツになるのが早いか、気管支やられて母のように慢性になるのが早いか。

そんなことを考えながら、点滴の落ちてくるしずくを眺めていた。

      

3日で治してやるよ!とドクターは言い切った。
点滴のおかげか、家に帰ればすっきりと熱が下がり、食欲も湧いてきた。
オダギリ特製カレーを、おいしくいただきました~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年04月02日 00:27
熱がなかなか下がらないと読んで「遅めの知恵熱では・・」と思っていたら気管支炎でしたか・・。気をつけてくださいね。
オダギリ特製カレーの写真が見たかったな~。。。
1番になりたいのでこれにてクリック!
さとし君
2008年04月02日 03:27
この際は合唱第二、回復第一で、アンダンテにお願いしますよん。
自転車ももっと温かくなってからね~。わかってよ~~。(笑)
2008年04月02日 12:43
気管支炎でしたか・・・。私も気管支炎は咳がひどい、という先入観を持っていたので意外です。風邪の症状はないとおっしゃていたから、疲れが出たのかと思っていたのですが。でも、この魚屋先生、名医ですね、レントゲン撮る前にわかったのでしょう?患者さんがいないのが不思議です。早く良くなりますように。
2008年04月02日 20:37
今ERを毎日見てるので様子がパッと目の前に見えるようでした(笑)
笑い事ではありませんねゴメンなさい
ご自分の体を一番知ってあげなくはいけないのはご自分ですね
魚屋さんがいらっしゃってよかったですこれからはお大事に
6日の日にはスッキリしてますように(-人-)
inemuri
2008年04月02日 22:13
ご無沙汰しています
かなりの体調不良が続いているようですね。 
自分の体はその辺の藪医者より自分が一番わかっているつもりでは有りますが、ある域を超えると余計に不安がつのります。微熱はとくにね・・・
しかし、mamaさんの判断は正解!だったのか、魚屋先生に3日で治してもらえるかも?どうか、先生のおっしゃるとおり?安静とお薬で6日の大成功を祈ります!
お大事に~☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
yu_mama
2008年04月03日 10:05
☆リサさま☆
一番乗り、ありがと~~~\(^o^)/ おめでとうと言うべき?(*^^)v
知恵熱ね、中学生の頃、定期試験前になると必ず出てたわ。-_-#滅多にしない勉強を集中してやるものだから。。。
オダギリカレーは、ごく普通のルーを使った「家庭のカレー」ですの。写真撮る余裕無く、食べちゃいました。何しろ、ずっと梅干ばっかりだったもので。おいしかったですよ~ん。

☆さとし君☆
このさい、女声コーラスを休みリハビリもキャンセルして、おとな~しく寝ていましたら、なんとか6日には間に合いました。喋る声は普通に出ますが、まだ歌っていません。歌は無理かも。とほほ。指揮の役目だけは果たしますけど、歌い手としては戦力外ですわ。
yu_mama
2008年04月03日 10:11
☆あるこあるこさま☆
気管支炎は、もう何度も経験しているんですけど、こんなに症状の無いまま進行していたとはショックでした。いつも、ひどいセキで寝られないほどにもんどりうつんですけどね。コホンとひとつ出た程度ですのよ。母も同じでした。気管支炎を繰り返しているうちに、風邪を引くといきなり気管支まで菌が飛び込んでしまうっていう。。。悪いところが似るものですねー。
私が点滴を受けている間に、4人ほど患者が来ましてね。全員でベッドに横たわって点滴を受けましたわ。(ーー;)

☆べじまきさま☆
ERみたいにカッコよくないですぅ~。魚屋のオッちゃんなんですから、ホント。今回のことで、自分の身体が母にそっくりになってしまったことを感じました。体質って似るんですね。気管支炎になりやすいのも同じだったんだわ。母のようにはならないよう、気をつけねばと思いました。今後は、ちょっとの風邪でも気管支炎を疑うことにします。
おかげさまで6日はスッキリ参加できそうです。歌えるかどうかは別ですが。
yu_mama
2008年04月03日 10:16
☆inemuriさま☆
仕事を辞めてから、しばらく張り切りすぎちゃったかもしれません。テヘへ
微熱だけしかないっていうのが、ちょっと気になりましたね。風邪の症状があれば仕方ないって思うけど、熱だけでだるいだるい状態だものね。それでも、気管支炎のワケが無いって自分では思ったんですけど、医者に負けました。
何をするにも身体が資本ね。つくづく思います。無理しちゃアカン。^_^;
6日は大丈夫そうです。がんばるからね~。\(^o^)/
2008年04月03日 14:11
 わ~~~、17日間も熱が出たお友達の話!大変そうだ~~~。
 yu_mamaさん気管支炎って…。意外とデリケートだったのね。<失礼(^^ゞ>
 お医者さんに『違う!』ッて言っちゃうyu_mamaさん!好き!あはは~。
 だけど、これからはもうちょっと体に気をつけてね。
yu_mama
2008年04月03日 18:24
☆キョンさま☆
そう、17日間も熱が続いて、しかも調べても異常が見つからないって不安でしょうね。検査もあれこれとやって、今結果待ちのようです。熱が出るっていうのは、どこかに菌があって身体が戦っているということだと思うから、それがどこなのか、なんなのかっていう不安がありますよね。
私、意外とデリケートだったんです。今までは喉が真っ赤になって扁桃腺が腫れて防御してくれていたのに、今回はダイレクトに気管支までつっこんでっちゃったみたいです。扁桃腺が働かなくなったってこと。(ーー;)
医者を信用していないもんで、、、ただの主婦、根拠も無いけど診断を否定しておきましたわ。
2008年04月03日 20:13
ご無沙汰しました。大変でしたね。
お熱も下がって、食事も美味しくいただけてよかったです。
6日の為にしっかり養生して、体力をつけて下さいませ。
体質ってどうも悪い所を受け継ぐようですね。
お互いに注意いたしましょう。
yu_mama
2008年04月03日 22:05
☆つくしさま☆
ご無沙汰してます。(*^_^*)
おかげさまで、順調な回復です。やはり熱が続いて意味もわからないと不安になってきますね。たった3日でも。医者を信頼せねばいけませんわね。^^
親から悪いところを受け継いじゃった自分がいけないんですけど、気をつけねばと思いました。
6日は、大丈夫そうです。東京はお天気もなんとかなりそうですので、がんばりますわ。
2008年04月03日 23:54
yu_mamaさん♪
お熱はどうですか?春は体調を崩しやすいみたい。
花粉症かと思えば風邪だったり。風邪かと思えば花粉症だったり。
私は春は頭がぼ~としてる。今週末が桜が満開とか・・・。♪
yu_mama
2008年04月04日 10:11
☆ソナチネさま☆
おかげさまで、点滴を受けて以来、熱は上がらずに安定しています。点滴って、やっぱりスゴイわ~。
ソナチネさんは、花粉症?歌う人にとって、花粉症は困りモノでしょう。普通の生活でも大変でしょうが、歌はとくにねえ。私は幸い、花粉症になっていないから助かりますわ。
そちらの桜は、今週末が見ごろなのかな~?(こっちは、ハラハラと散り始めています)
2008年04月04日 21:18
仕事を辞めてからのyu_mamaの張り切りように、少なからず心配をしてましたよ~ん。もう、若くないんですからぁ~^^取りあえず診察受けて点滴して、食欲が出てきたらオッケーですね。
6日頑張って下さい。未来は明日だけじゃないですから~(^_-)-☆
kaako
2008年04月05日 10:46
熱が続くって ほんとしんどいよね。
いろいろ がんばりすぎて 体が悲鳴を上げていたのかも。。
そういうタイプの気管支炎って あるんですね。
わたしも 去年の今頃 咳がずっと続いて もう 先が長くないのではと ホンキで思いましたわ。。原因と対策がわかれば 安心です。
体を労わってあげてね。
yu_mama
2008年04月05日 12:00
☆クリンさま☆
仕事を辞めてデレ~ンとなってしまうのが怖かったというか、ズルズルっと日々を送ることのないように!と申しましょうか。そんなことで張り切りましたら、オーバーヒート。ニッパチ仲間のクリンさんに「若くない」と言われちゃ、そうなのでしょうと認めざるを得ませんが。^_^;
昨日で薬がなくなり、ようやく身体から薬物が抜けたという本日でございます。明日は、ドーピングなしで歌ってきます。(^^♪

☆kaakoさま☆
はい。意味不明の熱(と自分では思うわけでして)に、このまま治ることがないと思ってしまいますね。風邪の症状が何もないのに、いきなり気管支炎ってビックリでした。若い頃とは判断基準も違ってくることを学習いたしました。今後は、微熱にも素早い対応をしようと思います。
2008年04月05日 14:17
知恵熱じゃないの? 心配させるんじゃないの!
yu_mama
2008年04月05日 15:19
☆seizi05さま☆
はい。知恵がありすぎるもんで。(^^♪ 心配してくれたの?ウレチイ(*^^)v

この記事へのトラックバック