アンダンテに・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS シンメトリー

<<   作成日時 : 2017/08/10 22:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

赤ちゃんの顔が、なぜ可愛くて誰からも愛されるのか!
それは左右対称だから。

美人は左右対称の顔に近い。
吉永小百合が、左右対称に近い。


ってなことを聞いたことがある。

しかし、人間は成長とともに左右非対称になっていく。それは生活習慣から右手を使う作業、利き手の問題もあるし、どうしても行動のクセというものがあり、左右均等に使わなくなるから仕方ないのかもしれない。顔つきも変わってきてしまう。


先日開いた女子会で、スマホの文字入力を右手でするか、左手でするか?という話になった。

ガラケーの時には片手打ちができるので、左右どちらでも片手で打っていたが、スマホになってからは片手で持てなくなり、私は右手で本体を持って左手で文字を入れる。これは、たぶん左利きの名残りで自然にそうなったと思う。

他の人たちは、左手で持って右手で文字を入れると言っていた。

それではトランプを切るときは? 右手でトランプを持ち、左手を動かすのが左利きの私流。右利きの人は
左手で持って右で切る。

楽譜を持って歌う時、私は右手で持って左手でページをめくる。何度も注意されるが、左利きの私には右手でページをめくることなどできない。普通に読書する時にも、右手で本を持ち、左手でページをめくっている。

食器を洗う時、右手で食器を持ち、左手にスポンジを持つ。

このような感じで、人は何かをする時、自分のやりやすい方ばかりを使っている。

電話を取るとき、必ず左手で取ってそのまま左耳で相手の話を聞く。

すると、電話のオペレーターをしている彼女が
「私は、左耳ばかりを使うと劣化するような気がして、あえてやりにくくても両耳を均等に使う」
と、言った。


なるほど!!!


身体も同じことで、例えば、脚を組むクセが抜けない私は、とくに左を上にすることが多く、とうとう背骨が曲がってしまった。

いや、それが原因かどうかはわからないが、遠因くらいにはなっていると思われる。

ある日、香港を歩いていて急に左の尻から太ももにかけて痛みが走り、一瞬歩けなくなったことがある。

痛みはその時だけだったが、それを今回、整形外科で言ったら、すぐにレントゲン、MRIと検査が進み、椎間板ヘルニア2歩手前という微妙な診断が出たが、炎症が起こった時には、神経を圧迫し痛みが走ることがあるという。いわゆる坐骨神経痛というババアがかかる病だ。

ああ、昔々、町内のばーちゃんたちが
「神経痛が痛くてさ〜〜」
「雨だと痛むよね〜〜」
なんて、言ってなかったっけ?

その痛みが、このところ何日か続いている。台風、低気圧、そんなものが影響しているかもしれないと言われた。これ、ひどくなると全く歩けないだけでなく、椅子から立ち上がるのも、お風呂の浴槽をまたぐのも、とにかく痛くて動けずシンドイったらない。自ら動きたくないと言って涅槃像をし続けた2年ほどを恨むほど、今は普通に動きた〜い。

人間とは勝手なものよ。(え?お前だけだ!って!? そか)

そんな話をしていたら、婿さんが、テニスボールを当てる「手当て」を教えてくれたり、ボクが行ったことのある整体に行ってみたら?とアドバイスしてくれた。
中国の夫からも、マッサージに行け!と指令が飛び、

そんなに言うなら、、、と、行ってきた。


婿さんの紹介による整体師は、神がかったオーラがあり、頼れそうな人だった。

問診の後、身体を確認し、歪み、どこが痛むのかなどを瞬時に判断したようだ。

60分の全身ケアを受け、「痛気持ちいい」整体を受け、
「ああ、コリコリだねー。腰とか、脚だけじゃないよ。背中も首も、、、頭痛ないの?」

「頭痛はないんですよ」

「そりゃ、ない方がいいけど、あっちもこっちもすごいよ。体のバランスを色々なところで支えているね」
と、言われる。


「あの〜〜、筋力がないっていうことですよね」

「そうね。なんか運動は?」

「運動嫌いです。中国に行って2年ほどは涅槃像スタイルで家に引きこもっていました」
と言ったら、呆れられ笑われた。

「何すればいいですか?婿さんがテニスボールをツボに当てると良いって言ってましたけど」

「それ、いいね〜〜。あとは、ラジオ体操を毎日しなさいよ。中国で太極拳なんかやらないの?」


「。。。。」


やはりね。年齢的なものもあるだろうけれど、中国に行ってから私の生活が一変したのが大きな原因だろうと思う。いくら運動嫌いでも、日本にいる時にはそれなりに動き、毎週末の合唱練習で立ちっぱなしだし、運動もするし、姿勢を保つだけでも背筋は伸びるっていうものだ。

ところが中国に行ってからというもの、合唱はない。外に出たくない。人と会いたくない。最初の2年は、朝から晩までソファに横たわり涅槃像になっていた。たまに動くのは、最低限の家事労働と、パソコン前で文字打ち、ピアノを弾く、くらいのもので、それら全てが前かがみの姿勢。

夫からも「ストレッチ、ストレッチ」と言われて、一念発起して開脚をやればぎっくり腰になるし。。。

歌う習慣がなくなったことは大きい。自分でも、この3年半で体が前傾してしまったのを感じるし、久しぶりに日本に戻って合唱練習に出ると、立ち時間の長さを感じるほど疲れ、それまでいくらでも立って歌っていた状態と明らかに違って、衰えを感じていた。


何もかも、中国行きが良くなかった!! と、まあ、そこに理由を見つけることで言い訳をしているだけなんだけど、、、とうとう、寝たきり老人になってしまうかとビクビクしていたが、整体を受けたら、帰りはスタスタ歩けたので、まだ見込みありというものか。

今回ばかりは、目の前のスーパーに行くにも脚を引きずるようにして行かねばならず、さすがにこれはマズいと感じたので、ここから立て直しを計らねば!

とりあえず、明日からラジオ体操!!!

やるべー。

身体をシンメトリーに近づけようっと。

顔もシンメトリーになって、美しくなるのかな〜〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
食べ物を左右どちらの歯で咬んでいることが多いかによって顔の輪郭が変わって(歪んで)しまうことは知ってましたが、手足のクセでも影響することがあることは知りませんでした。(私は右側の歯だけ使うので顎関節症になり、歪んでいます)
カラダ全体のバランスなんでしょうねぇ。
整体で、体の歪みを矯正してくれるところがあるそうですが、チョット怖い気がします。
ラジオ体操はいかがでしょうか。普段しない人が真面目にキッチリすると、筋肉痛になりますが、その山を越えると良いのかもしれませんね。

カラス
2017/08/11 15:39
ご存知のように私も、痛みどめ薬でどうにか過ごしていますが、今月から左尻の奥(骨かなぁ〜)が痛くなってきました。
じ〜としてたら痛くないのですが、寝返りや、咳、くしゃみで響いて痛みが走ります。
痛みの発症、辛いですよね〜
私たちの身体、いったいどうなってるんでしょうね〜

たぁくんママ
2017/08/12 07:46
yu-mamaさんは 良い整体師さんに出会われたのですね。
うらやましいです^^;
痛みやコリって、ホントつらいですよね。
私も このお盆休み期間、何度 こぶた1号に肩を揉んでもらったことか。
良いマッサージか整体を、マジで探さなければ。。。
キーブー
2017/08/14 23:32
カラスさま
日本滞在の終盤で怒涛の忙しさがあり、ドタバタで深センに戻りまして、、、お返事遅くなりました。

食べ物を噛む行為の偏りで、顔の左右差が出るというのは確かにそうですね。人間のくせというのは、案外頑固なもので、いつも気がつけば同じ肩に重い荷物を掛けていたり、左右で違う箇所を酷使しているようです。
背骨、頚椎が曲がっている私は、かなりの偏った習慣があるようです。思えば、いつでも右下にして寝ています。左を下にすると心臓が圧迫されて苦しいという理由があり、真上を向いて寝れば腰が痛くなるという理由から、常に右下です。そして寝返りを滅多に打たない!!これで、長年生きてきたものですから、かなりの歪みがあるようです。それをストレッチで少しでも改善しなければならないようですが、、、深センに来てからの2年間、涅槃像で同じ姿勢を昼間も続けていたわけですから、なかなか戻らないですね。
ラジオ体操も、できるところだけ、半分くらいをすれば良いと言われていて、これって単なる気休めなのかな〜とも思っています。

昨日は、深センに戻るのに日本の家から14時間半!! クタクタになり、夜は10時前に寝てしまいましたが、明け方に足が攣って、何度もあちこちの向きに攣って、辛かったです。
左側が痛いので、それをかばっていたせいでしょうか、右足ばかりを攣りました。
人間って、二足歩行になり無理をしているのでしょうね〜。
yu_mama
2017/08/16 10:28
たぁくんママさま
身体の痛みは辛いですよね。お尻の奥の方が痛いって、まさに今の私の状態です。そこから太ももにかけて、ちょっと動くだけでビンビンと痛くて泣けてくるほどです。飛行機に長時間座っていると、痛みで座っていられなくなるし、立ち上がることも大変な痛さでした。足がパンパンにむくんで、昨日の深セン戻りほど辛いものはありませんでした。
坐骨神経痛って、案外若い方にもあるようで、整体に行った時、お若い方がマッサージを受けていました。
マッサージをして、その時にはとても楽になり、痛みを感じずに歩けるようになりますが、昨日のような同じ姿勢で乗り物にジッとしていなければならない状況は悪化させるようです。
お互いに、ストレッチなどして痛みの緩和を考えてまいりましょう。
yu_mama
2017/08/16 10:33
キーブーさま
身体のコリコリは、放っておくとあまり感じなくなるみたいですが、その分どこかでカバーしているらしく、最終的には全身に痛みが広がるようです。で、痛いところだけが気になるわけですが、痛くないと思っていたところがかなり硬くなっていると言われて、心もボロボロです。
自分の体を支えきれていないのは、体重もありますが、筋力だな〜と自覚しています。深センに来てから、涅槃像になり、まったく体を動かしていなかったツケは大きいです。(涙)
良い整体師さんに出会えると良いですね。気持ちいいですもん。
yu_mama
2017/08/16 10:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
シンメトリー アンダンテに・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる