アンダンテに・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS サプライズ ウェディング パーティー(本編)

<<   作成日時 : 2017/08/02 00:05   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

サプライズ ウェディング パーティー」は、会場であるスタジオの入り口で、バタバタと受付をしている間に、私がビデオカメラをセッティングし、会場内チームは椅子を並べ、ピアノの蓋に 「Just Married」の飾り付けをする。

会場の外チームは、花嫁にベールを付けさせ、新郎には真っ赤でキラキラ光る大きな蝶ネクタイを芸人風につけ、小さなブーケを花嫁の手にもたせて準備を進め、、、

いよいよパーティーの始まりだ。


ドアがオープンすると、ピアノと金管による メンデルスゾーン「結婚行進曲」の演奏。


えー!? とか言いながら、満面の笑みで2人腕組んで入室。参列者の拍手。


新郎新婦を座らせてからは、金管トリオの演奏(新郎も含む)やら、新婦のリコーダー演奏などなど続く。

新郎のホルンと新婦のピアノによる モーツァルトの「ホルンコンチェルト」は、さすが息が合っていて本格的なクラシックコンサートの様相を見せる。

新郎新婦によるピアノ連弾は、ラヴェルの曲で、眠れぬ森の美女を題材にした優美な曲だ。新郎は調律師であるが、ピアノが弾けるわけではないので、新婦からやいのやいのの指導入りで弾いている。

そして、曲終わりに、
「ここでチュー」
と、新婦が命じると、新郎が新婦にキスをした。


一瞬、会場はドキっとし、盛大な拍手と、何それ〜〜 の、悲鳴にも似たヤジのようなざわつき。

司会をしていたリーダーも、えーーえーーー、、、と、言葉に詰まる。

何しろ、そんなことを人前でするようなタイプの人ではない新郎だから、私たちの計画では、最後の最後に私のピアノ伴奏で「てんとう虫のサンバ」を弾いて、みんなで歌って
「口づけせよと囃し立て〜〜」
で、キスをさせる予定だったんだもの。

まんまとやられた!

これぞ、まさに逆サプライズか!?


彼らは、私たちが最後に仕掛けていることを知らないのだから、私たちは動揺を隠しつつプログラムを進めていく。

プロミュージシャンの大内こうじさんの演奏は、みんなで笑いながら楽しく聴く

この人、最高に面白いブルースを歌う。私はCDを貰って深センで聴いていたのだが、やっぱり生が最高。

この人のお父さんの実話を元に生まれたブルースを歌っているのだが、これが、抱腹絶倒のネタを提供してくれる、どーしよーもない父ちゃんなのだ。しかも、大分弁で歌うので、それがまた面白さを増している。

ひとつかいつまんで紹介すると、ギャンブル好きでしょっちゅうお金をすってしまう とーちゃんが、またギャンブルばしよっとが、その金は俺の金ばい!
ある日、俺の通帳のなかけん、探しよっと。とーちゃん、俺の通帳知らんね? って、言うても知らんと言いよる。そいで一緒に探してくれよるが、その時、とーちゃんのシャツのポケットに、銀行の通帳の透けて見えっとよ!


って、、、これ文字にしても、ちっとも伝わらないと思うので、どうぞ、気になる方はCD買ってくださいね。これが結婚を祝う歌としてふさわしいかどうか?と問われると、返答に困るものの、楽しいからめでたいってことで。


で、次にはフラダンス。ハワイの愛情表現は、実に色っぽい。フラダンスの最後に、新郎新婦を前に導き


いよいよ

「ナンチャッテ結婚式」を執り行う。

2人に こちらで用意した誓いの言葉を読ませ、みんなで拍手。

ケーキカットの代わりに用意された風船を、2人で抱き合うようにして割らせるという仕掛けに、新婦はゲタゲタ大笑い、新郎は、なんとか風船を割ろうと必死になる。

パーン!と割れたところで、私がすかさず

ジャンジャジャン、ジャンジャジャン、ジャンジャジャン、

と、てんとう虫のサンバの前奏を弾く。みんなで歌ってくれて、お決まりのところでのチューなんだけど、

さっき、自主的にやってくれちゃったよねー。

と言いつつも、こういう定番曲というのは、嫌でも場を盛り上げてくれる。

和やかに、盛況に、笑いに包まれたパーティーは 無事に終わった



本人たちは、全くこのサプライズ計画に気付いてもいなかったそうで、

「こんな短い期間に、よく色々な準備をしてくれて、、、ホントに驚かされた」
と、感動してくれたけど

「あのねー、まさか自らチューすると思わないから、焦ったわよ〜〜。」
と、これまた楽しい思い出話として語り継がれるに違いない。


二次会では、飲み放題で飲んだ締めに、「鯛めし」が登場し、それはそれは、美味しかった。

画像



私の心配は ただひとつ。

2台もビデオカメラを抱えていったのに、撮れてなかったらどーしましょー という1点だけだった。


家に帰ってすぐに確認。


画像



画像



大丈夫! 2台のカメラ共に、ちゃんと撮れていた。

どんなもんだい!

と、夫に報告するため、カメラの再生画面をスマホで写真撮ったら。。。

私の脚まで写ってる。(笑)


それにしても、ベーゼンドルファーのインペリアルという最高級のピアノで「てんとう虫のサンバ」弾いたのは、私くらいだろうな〜〜、と、そこにある意味感動だわ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
楽し〜♪
凝ってる〜♪
観客として端から見たかった(*^^*)
tomtom
2017/08/02 21:23
tomtomさま
すごい企画力で、皆さんが音楽を披露する実力もすごいし、観客として見るだけでも
楽しかったですよ〜〜。
yu_mama
2017/08/03 00:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
サプライズ ウェディング パーティー(本編) アンダンテに・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる