アンダンテに・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 我が家の食卓

<<   作成日時 : 2016/09/02 14:53   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

 深センでの暮らしの中で、私が一番面倒で一番時間がかかると思いながら、これしかやっていないんだから!と、自分を奮い立たせて取り組んでいるのが料理だ。

 洗濯は洗濯機がするので夫でもできる。掃除は掃除機を動かすだけなので夫でもできる。私が不在の間、夫は実際にひとりでやっているのだから、私がいてもいなくても関係ない。

 となると、私にしかできないことと言ったら料理くらいのもので、それも夫はたまには作っていたようだから、夫と同じレベルでは申し訳ない。
というか、夫と同じレベルなら、私はいなくてもいいんじゃないの?と考えれば、この際、夫と同レベルにしておくべきか!? そうすれば、
「いてもいなくても変わらないから、いなくてもいい」
という理屈にはならないか!?

 などと考えながらも、まあ、これしか役割のない私は、日々の料理だけは続けている。

 
画像
これ、ブッチャーショップでステーキ肉を買った時の定番。リブアイの脂身近辺は細かくしてガーリックライスに使う。かなり美味なり。

画像
イオンで伊勢のたまごを購入した時には、ニラ玉。このあんかけを、中国米にのせて食べるのが、また美味なり。

 伊勢の卵というのは、日本のイセ食品が提供する卵のこと。香港九龍に現地法人を持っているので、比較的安価で安心の卵を販売している。中国人は卵を生で食すことはない。生卵や半熟卵を好む日本人にはサルモネラ菌などの不安があり、なかなか中国産鶏卵を買えない。買うには勇気を要する。伊勢の卵は、香港、深センのイオンなどで購入出来るため、私はわざわざ卵のためだけに電車で買いに行くことがある。あった。
それが、この記事を作成している最中に、たまたま近所のスーパーで伊勢の卵の取り扱いを始めたことがわかり、大変うれしく思っている。

 日本にいる方からは想像もできないと思うが、卵が冷蔵庫の中で残り少なくなると、こちらの日本人主婦の多くが、ドキドキする。少なくとも私は、ああ、卵がなくなっちゃうという気持ちに押しつぶされそうになる。また電車で買いに行かなきゃ。卵のためだけに出掛けなきゃ。日本に住んでいる日本人の方々には、なかなかこの気持ちは理解できないだろうと思うけど、結構切実なのだ。

 それが、近所で買えるようになった!!!こんな素晴らしいビッグニュースは、深セン暮らしのハッピーできごとベストワンの栄誉に輝くと言っても、過言ではない! 

 話が脱線したので、写真に戻そう。


画像
香港で日本の油揚げを購入した時には、「あぶたま」 油揚げを甘辛く煮て卵とじ。(左上の小鉢)これお弁当の定番でもあり、夫の好物。

画像
深センの食材しかない食卓は、大きなナスを使った「煮浸し」に、これまた大きなゴーヤを使った「ゴーヤスタミナご飯」このご飯レシピは、10年ほど前にブログ友から発信されたもので、もうすっかり我が家の定番。

画像
深センのスーパーに売っている黒豚のミンチは、なかなか美味しい。脂身が甘く、しっとり感を出してくれる。餃子の皮は厚手でしっかりしているので、食べ応えもある。これは、ビールしかない!

そして土曜日は、香港でランチをしてから買い物してくることが多い
画像
そのまま食べられるハムをメインに ワインつまみばっかり。ピーマンとしめじ(日本産)の炒め物は、crazy saltで味付けをした後、最後にbalsamicoを少々加えるのがミソ。味が引き締まって美味なItalia〜nになる。

 先週の土曜日は、中環(チュンワン=セントラル)の国際郵便局に用事があり、近辺でランチをした後、citysuperで買い物。ハムは大きな塊がいくつも並べられた冷蔵カウンターで選び、その場でスライスしてもらう。100gで40〜60HK$だろうか。我が家では、カナダのblack pepper smokeタイプが好きで、150g程度を買っている。日本円にして1000円くらいになる。

 上環(ションワン)フェリー乗り場近くから、深セン湾口岸に行くバスが出ているのだが、その建物内にMarks&Spencerというイギリスのスーパーがある。バスチケットを購入後の待ち時間に立ち寄り、めぼしいものがあれば買ってくる。で、今回はブルーベリーチーズとワインを購入。

 深センに住む日本人が香港で買い物をする場合、イオンか一田という日系スーパー派が多いと思うのだが、私はCitysuper派だ。商品陳列が洗練されていて、internationalな品揃えと優秀なqualityが満足感を与えてくれる。



 ふっと、ここまで書いて思う。

 どこにも面倒な調理もなければ、手の込んだものが見当たらない。

 これって、夫レベルじゃん!

 私はいなくてもいいパターンじゃないの(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
あぁ、夕飯なにを出そうかとボンヤリ考えておりましたら
コチラに美味しそうな食卓模様が広がってました。
旦那様の健康に留意された献立でもありましょうか。お野菜とお肉のコンビネーションに感心しておりました。日本とは違い、いろいろご不便がある中でのこととは思えないほどでございます。
私がよく作るのは、馴染みの「茄子の煮浸し」くらいです。餃子は、ラーメンチェーン店の冷凍餃子を購入し、家で焼いてますから、料理とはいえません。
いつもこちらの食卓を拝見するたびに、自分は料理してないなぁーと感じてしまいます。

さて、そろそろドンさんの夕飯をださなければ・・・困ったな。
カラス
2016/09/02 16:43
カラスさま
ここ深センでは、どうしても食材に偏りがあり、献立は同じようなものが繰り返されてしまいます。どこにも魚が見当たりませんでしょ? 魚を食べることが、なかなか難しいので、香港でランチの時に魚を食べて帳尻を合わせています。
野菜を洗うことに時間も体力も使いますので、野菜料理をしただけで精根尽き果てます。で、仕上がりは、日本で作る時より美味しくないのはなんなんでしょう、と思ってがっかりすることが多いです。写真では見えない部分です。

日本は美味しいものがたくさんありますし、食材も豊富で、半完成品も充実していますから、日本にいる時は料理が好きだったんですけどねー。こちらでは、料理が嫌いになっています。
日本の薬味ってすごいな!と、つくづく思います。大葉、みょうが、ゆず、生姜、ネギ・・・こちらでは、なかなか入手できなかったり、生姜は「加熱用」と書いてあるので、うっかり生では使えません。ネギも、私は火を通しますので、ソーメンは薬味なしで食すという悲しい現実です。ああ、みょうが食べたーい。
yu_mama
2016/09/03 01:30
すばらしい料理だと思います〜
難しい横文字名の手の込んだ料理より、お酒と共に楽しめるこんな料理が私には理想です〜
品数も多いのがいいですね〜
日本での女優の息子の事件ですが、私、この女優さん大好きだったんですよ〜
数年前(まだ息子が俳優デビューしたての頃)、TBSの「ぴったんこカンカン」というテレビ番組で、安住アナと親子の様子が放映されてましたが、見ててもこの息子、「美しい女性が好き〜」って感じで、きっと将来「女」で問題起こしそうな子だと思ってました。
思ってはいたけど、ホントにこんなに愚かとはね〜
母親の女優さんが気の毒でたまりません〜
たぁくんママ
2016/09/03 07:41
たぁくんママ さま
ありがとうございます
品数多いですか?? なかなか3品作るのが大変という面倒くさがりなのと、味噌汁があまり好きではないものですから、出番が少ないもので、どうなのかな〜?って思っていました。よそ様も食卓は、どんなかな?と思いつつ。

女優さん、私も好きな方です。ドラマでインパクトのある役をこなす実力派だと思いますし、サバサバとした性格(と想像するだけですが)も好印象です。安住アナとの親子共演、私も観ました。あの時に、ママさんは、そういう印象を持っていらしたのですか。すごい。
この頃のテレビでの扱いを見ていると、被害者が置き去りにされている感が強く、なんだかな〜と思ってしまいます。
yu_mama
2016/09/03 13:43
他人ちのごはんって、美味しそう〜♪

深せんで これだけの材料を調達して、バランスのよい食卓をプロデゥースする
youmamaさんは 素晴らしいよ〜

どりばる
2016/09/05 16:44
どりばるさま
いやいや、もうね、面倒になってきましてね。同じような材料で、新しいメニューを考えつかずに、そうなると作るのも嫌になってしまいます。

ゴーヤご飯は、困った時のお助けメニューです。とりあえず、ご飯だけでも十分だから(笑)
yu_mama
2016/09/06 00:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
我が家の食卓 アンダンテに・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる